トマトの褐色の葉2017年08月05日 17時51分

[トマト] ブログ村キーワード

*********** トマトの褐色の葉 ***********
 トマトの葉に黄褐色の斑点が目立つようになってきました。畝の端のミニトマトから始まり、反対側の端のルネッサンスも黄褐色の斑点が目立ってきました。
画像1(トマトの葉)

 葉が黄色くなり、次第に褐色に変化し、葉全体が枯れてしまいます。イエローアイコは葉がほとんど枯れて無くなってしまいました。
 トマトの畝の中央付近は、まだ、健在ですが、反対側のルネッサンスに現れてきていたので、斑点がある葉を全部取り除いてしまいました。
画像2(トマトの葉)

 ネットで調べると、茎や果実にも発生するそうですが、主に葉だけが褐色になるのは”褐色輪紋病”というそうです。
 原因は糸状菌(カビ)です。感染した葉を切り取って捨てて感染を広げないのが防ぐ対策のようです。
画像3(トマトの茶色くなった葉を刈り取った後)

*********** ピーマン ***********
 大きくなったピーマンの果皮に穴が開いていました。トマト同様タバコガの食害かと思います。
 小さな実には被害がありませんが、収穫出来るサイズになった実に穴が開いています。
画像4(ピーマン)

 今日はトマト、ゴーヤ、茄子、シシトウ、ピーマンなどの収穫をしました。
 長ナスの葉が枯れているので、実が大きく育っていません。畝の端の一株だけ、枝を切り詰めて更新剪定をしました。しばらく休ませて、9月に入った頃に再び収穫出来るようになればと思っています。
画像5(収穫した野菜)

*********** ウマオイ ***********
 トマトの雨よけに使っていたビニールーシートを洗って庭に広げて干しておきました。シートが乾いたので片付けようとしたら、シートの上にウマオイが1匹いました。畑にはイナゴに似たバッタ類をよく見かけます。夏の終わりにはショウリョウバッタやコオロギなども見かけます。コオロギは植え付けた白菜などの根を切ってしまうので困りますが、ウマオイは肉食性でアブラムシなどの小昆虫を食べます。
画像6(ウマオイ)

*********** 朝日新聞「悩みのるつぼ」 ***********
 土曜日の朝日新聞「悩みのるつぼ」-アリんこがかわいそうで-(60代女性)の相談です。
 バカバカしくなるような相談で、上野千鶴子さんも、こんな相談によく答えるなと思います。
 10代の子供の相談なら分かりますが。60にもなって、恥ずかしげもなく投稿出来る神経が分かりません。こういう人は、自分のやっていることは絶対正しいと思い込んでいる、始末に終えない人ですね。
 以前、私の実父母が住んでいた東京の日野の家へ、幼い子供を連れて何度も行きました。日野の実家の近くの小さなスーパーへ4,5歳になった長男を連れて買い物に行ったことがあります。買い物をしながら、長男に”気に入った菓子があれば買ってやるから、選んできなさい”と言って、長男は私から離れて、別の棚で選んでいました。長男がお菓子を手に取った瞬間、横にいた若いお母さんが、「この子、お菓子を盗んだ」と、大声で叫びました。私は慌てて、子供のところへ行き、「私が選んでくるように子供に言ったのであって盗んだわけではない」と、言いましたが、「棚から取っていたので盗んだのだ」と、騒いでいました。店の方は私が子供と一緒にいて買い物をしているのを見ていたので、事なきを得ましたが、この女性は納得行かないような態度をいつまでもしていました。
 この若いお母さんは子供がいるのでしょうか。もし子供がいるのなら、こんな態度で普段子供に接している、と思うと子供が人間不信に陥ってしまうのではないかと心配になります。
 私が住んでいる町では、当時、大型スーパーがなく、個人経営の小さなスーパーが近くにあり、子供を連れて買い物に行っていました。日野のスーパーと店舗の規模は同じくらいです。私の子供達は、自分からものをねだるようなことはしませんが、私や家内が、”好きなものを一つだけ選んでイイよ”、と言うと、お菓子の棚のあるところへ行って自分で選んで戻ってきて、私や家内が下げているスーパーの籠に入れました。都会と田舎の違いなのかもしれません。
画像7(悩みのるつぼ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ