カボチャ・ユウガオの撤収2017年08月18日 17時13分

[カボチャ] ブログ村キーワード


*********** アサガオ ***********
 お盆の頃からアサガオが咲き始めました。
 俳句ではアサガオは秋の季語です。早朝咲いて、日中にはしぼむアサガオは秋の訪れを感じさせる花です。
画像1(アサガオ)

画像2(アサガオ)

*********** ニンジンの間引き ***********
 ニンジンの本葉が出て、伸びてきました。雨上がりで、土が水を含んでいるので草取りには好条件です。畝の周りの草取りをしながら間引きをしました。
画像3(ニンジン)

 間引きをした後、周りの土を少し耕してかたまった土を軟らかくし、追肥をしました。
画像4(ニンジンの間引きと追肥)

 化成肥料を土と混ぜながら土寄せをしました。
画像4(間引き後のニンジン)

画像5(間引き後のニンジン)

*********** カボチャ・ユウガオの撤収 ***********
 カボチャとユウガオの葉が枯れてきました。雨が降り続いていたので、うどんこ病に罹ったり、コナジラミがついたりしています。
画像6(カボチャとユウガオの畑)

 葉が枯れているところは日陰ができないので、晴れると日焼けを起こしてしまいます。
画像7(カボチャとユウガオの畑)

 秋冬野菜の準備があるので、カボチャとユウガオを片付けてしまいました。
画像8(カボチャとユウガオの撤収跡)

画像9(カボチャとユウガオ)

*********** 高校野球 ***********
 現在、甲子園球場で全国高校野球大会が開催されています。
 子供の頃はテレビで試合の様子を見るのが楽しみでした。いつ頃からか、興味が薄れ見なくなっています。
 新聞に載っていた試合の組み合わせを眺めていて、興味が薄れるのも無理からぬことだと納得しました。  全国大会出場校49校のうち、公立学校はわずか9校です。そのうち3回戦までに敗退した学校が6校です。圧倒的に私立の高校が多いです。
画像11(高校野球3回戦組み合わせ)

 今朝の朝日新聞「朝日川柳」に載っていた川柳です。
 ”県内の選手ばかりと慰める”
 県立学校の選手は地元の選手が多く、地元の人々は試合がある時間は町内が応援一色になり、テレビの前にかじりついて一喜一憂して見ています。私が子供の頃に経験したのは、このような光景でした。
 私立学校では、全国から優秀な選手を集め、入学した部員は寮に入り、3年間、野球漬けの生活を強いられているのではないかと思います。
 日刊ゲンダイ DIGITALの記事で、こういうことを臆面も無く堂々と言う人が監督になっているのを知ると、更に高校野球への興味が薄れてきます。
画像12(朝日川柳)

*********** 朝日新聞「折々のことば」 ***********

画像13(折々のことば)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

キジバトの雛がいない!!2017年08月16日 16時35分

[キジバト] ブログ村キーワード

*********** 2回目播種のインゲン ***********
 インゲンの蔓が伸びてきました。
 気温が低いので成長が遅いです。
 蔓が伸びて花を付けるまで数週間かかりそうです。
画像1(インゲン)

 雨が小降りになった合間にトマトなどの収穫をしました。
 ミニトマトは裂果が多く、収穫出来ません。
画像2(収穫した野菜)

*********** キジバトの雛がいない!! ***********
 今朝、雨戸を開けながらキジバトの巣を見ました。いつもいるはずの親鳥が巣にいません。慌てて2階へ上がり、窓から巣をのぞき込むと、巣の中にはひな鳥もいませんでした。
 暫くして親鳥が一羽だけ隣の家の電柱に止まっていました。辺りをうかがい、すぐにハナミズキの巣の処へやって来て、巣の中にひな鳥がいないことを確認すると、再び飛び去って行きました。
画像3(キジバトの巣)

 1時間ほど経った頃、電柱に2羽止まっていました。
 最初に1羽だけやって来たのは、多分、交代するために戻ってきたオスだと思います。夜の間、メスがひな鳥を守っていたはずですが、カラスに襲われて逃げ出したのだと思います。
 明け方、雛が餌を欲しくて鳴いたため、カラスに見つかってしまったのではないかと思います。
 巣作りから2週間、交代で卵を抱き続け、雛が孵って3日後です。人間から見れば不条理な出来事ですが、自然の中で生きる動物にとっては、日常的な出来事なのでしょうね。
画像4(キジバト)

 雨が降る中、2羽のキジバトはグルーミングを繰り返していました。

*********** コクワガタ ***********
 部屋の中にコクワガタがいました。
 昨夜、羽音がしていたので、夜に入ってきたのだろうと思います。
 窓は全て網戸にしてありますが、チョットした隙間から入ってくるようです。
画像5(コクワガタ)

画像6(コクワガタ)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

インゲンの撤収2017年08月12日 17時34分

[インゲン] ブログ村キーワード


*********** アサガオ ***********
 今年はアサガオを栽培しないつもりだったので、昨年の種を家の裏の土手に捨てました。土手にアサガオが咲けば、それでも良いだろうと思っていましたが、芽が出てツルが伸び始めた頃、家内が土手から堀あげてきたので、鉢に2株だけ移植しました。
 数日前からアサガオの花が咲き始めています。
画像1(アサガオ)

画像2(アサガオ)

*********** キアゲハとランタナ ***********
 今朝は靄がかかっていて小雨が降っていました。昼前になって空が明るくなり、青空が雲間から見えてきました。
 天気が回復すると、畑や庭にキアゲハ、クロアゲハがやって来ます。
 庭の東側から飛来したキアゲハは、ブーゲンビリア、ルコウ草、ハイビスカスと渡り継ぎ、最後にランタナのところへやって来ました。羽を忙しく羽ばたかせながら、花から花へ移っていました。
画像3(ランタナとキアゲハ)

画像4(ランタナとキアゲハ)

画像5(ランタナとキアゲハ)

*********** インゲンの撤収 ***********
 1回目播種のインゲンを片付けることにしました。蔓の中に虫が入り、所々膨らんでいます。鞘も最初の頃のような真っ直ぐな鞘でなく、曲がったり、途中が細くなったりしています。蔓はネットの棚の上まで伸び、棚の下が日陰になっています。2番手のインゲンが発芽しているので、日当たりを良くするために片付けました。
画像6(インゲンの棚)

 インゲンを片付けると、棚の中が明るくなりました。
画像7(片付け終わったインゲンの棚)

 下の画像の左側に2番手のインゲンがあります。
画像8(片付け終わったインゲンの棚)

 インゲンの蔓を片付けながら、食べられそうな鞘を収穫しました。
 インゲンのすぐ横のキュウリも2株片付けてしまいました。1回目のキュウリは2株だけ残してあります。
画像9(収穫したインゲンとキュウリ)

 2回目播種のインゲンです。日陰になっていたため、少し徒長気味です。周りの小さな苗は、ルッコラのこぼれ種から発芽したものです。インゲンの蔓が、ルッコラより先に伸びてくれば、どちらにも陽が当たります。逆だとインゲンが伸びにくくなるので、ルッコラを片付けてしまいます。
画像10(2回目播種のインゲン)

*********** 日航機墜落事故から32年 ***********
 昨日の朝日新聞声欄に池田知加恵さん(84歳)の「御巣鷹山に石碑 夫の冥福を祈る」の投稿が載っていました。
 この投稿記事が気になり、昨日接写して画像にしていました。
画像11(朝日新聞声欄「御巣鷹山日航機事故」)

 今朝の新聞に、「開けられぬ箱 夫が生きた証し」、「32年前 最後の買い物」の記事を読みました。昨日の声欄に池田知加恵さんの記事でした。
 御巣鷹山日航機墜落事故から32年経っても、遺族の方にとっては納得できない理不尽な事故です。東京への日帰り出張で、夫の隆美さん(当時53歳)が帰らぬ人となっています。遺族は、毎年、事故のあった12日の前後に御巣鷹山に登っておられます。
 この日航機墜落事故は、私にとっても忘れられないです。
 1985年8月12日午後6時過ぎ、子供を連れて幼稚園の盆踊り大会へ出かけるところでした。当時住んでいた職員住宅から歩いて10分足らずのところに幼稚園があります。あたりは薄暗くなりかけていましたが、空は未だ明るかったと思います。歩きながら何気なく空を見上げると、北の方角に向かって旅客機が飛んでいました。かなり低空でありながら音がしなかったので不思議な気がしました。旅客機が北の方角へ、しかも低空で飛んでいることは、これまでに見たことがありません。音もなく、静かに飛んでいて、普段と違う光景でなんとなく不安を感じたのを覚えています。
 このとき、既に旅客機は操縦不能になっていたのだと、墜落事故のニュースをテレビで見て知りました。
画像12(朝日新聞声欄「御巣鷹山日航機事故」)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ぐずついた天気が続いています2017年08月11日 22時36分

[オクラ] ブログ村キーワード


*********** 今日の空 ***********
 今朝の気温は20℃、涼しい朝でした。
 日中も気温は上がらず、霧雨が時折降っていました。一気に秋が来た感じです。
画像6(今日の空)

*********** ランタナとデュランタ ***********

 夏の終わりから秋にかけて元気になるランタナです。色の変化が楽しめる花です。
画像1(ランタナ)

 黄色のランタナは、色変わりをしません。
画像2(ランタナ)

 デュランタもランタナと同じ時期に花が咲きます。晩秋になっても花が咲き続けています。
画像3(デュランタ)

*********** ハイビスカス ***********
 オレンジのハイビスカスが咲きました。
 我が家には、赤、黄、ピンク、オレンジの4色のハイビスカスがあります。
画像4(ハイビスカス)

画像5(ハイビスカス)

*********** ニンジン ***********
 時なし五寸ニンジンが密集状態です。ニンジンは種が小さく、丸みがないので、適当に筋状になるように蒔いています。そのため発芽した後は密集しているところと疎らなところが出てきます。
画像7(ニンジン)

 ベータリッチの種は一粒一粒コーティングされているので、等間隔に蒔くのが楽です。疎らに芽が出ているので発芽が悪いように見えるのは、1センチ間隔で発芽しているためです。
画像8(ニンジン)

*********** オクラ ***********
 野菜の花の中でも、オクラの花は大きい部類に属します。同じ大きな花でもカボチャやユウガオよりも可憐で清楚な感じがします。
画像9(オクラの花)

 オクラを収穫したときに、鞘があったところから下の葉を取ってしまいます。根からの養分を上の花や葉に行くようにするためです。
画像10(オクラ)

画像11(本日の収穫)

*********** プレゼントのヘアブラシ ***********
 午前中畑で収穫した後、家に戻った直後に、坊さんがやって来ました。例年昼前後に棚経に来ていましたが、今年は2時間ほど早いです。タイミング良く、畑から戻ったところだったので、慌てずにすみました。
 お経を上げて、10分後には帰って行かれました。毎年、いつ来るかと気を揉みながら待っていましたが、今年はあっけなく終わってしまいました。
 今朝の新聞を広げ読み始めた頃に、宅配便が届きました。差出人は末娘です。中身はヘアブラシと金平糖でした。変な組み合わせと思われるでしょうが、これはまさしく私へのプレゼントです。ヘアブラシは、髪の毛が薄くなったのを気にして父の日のプレゼントに育毛剤を送ってくれました。その関係のヘアブラシです。金平糖は、私がパソコンに向かうとき、コーヒーを飲みながら金平糖をかじっていたのを知っての品です。
 イギリス、ロンドンのMASON PEASONのヘアブラシでした。娘が使っていて良さそうだったので、私の分も買ってくれたようです。パッケージのサイドには、”メイソンピアソン チャイルドブリッスル 軟質猪 毛100%”と記載されていました。
画像12(ヘアブラシ)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ