ブログ「毎日が日曜日」内の検索

茄子台木「茄の命」発芽2024年02月27日 18時05分


1 *********** シンビジウム ***********
 今日はCTスキャン検査日でした。MRIと一緒に明日行う予定でしたが予約が取れず、CTだけ今日になってしまいました。

 斑入りのシンビジウムが咲き始めました。
 空き地に住んでいるヒヨドリがハナミズキの枝にとまっています。
画像1(今朝の空)

画像2(シンビジウム)

画像3(ヒヨドリ)

2 *********** フキノトウ ***********
 フキノトウが次々と出てきました。
 昨日も採りましたが、今日も食べ頃サイズのフキノトウが採れました。
画像4(フキノトウ)

画像5(フキノトウ)

画像6(フキノトウ)

画像7(フキノトウ)

画像8(フキノトウ)

3 ***** 茄子台木「茄の命」発芽 *****
 茄子台木「茄の命」が発芽しました。各ポットに1粒ずつ種を蒔き、20ポット全てが発芽しています。

 今日はトマトの台木「Bバリア」を15ポット蒔きました。トマトの場合は穂木よりも3、4日早く種を蒔きます。
画像9(台木苗)

画像10(育苗器)

画像11(育苗器)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

茄子の台木2024年02月20日 17時34分


1 *********** 豊後梅のつぼみ ***********
 2月の気温としては異常な上昇です。夏日になっているところもあるようです。
 空き地や線路向こうの畑の白梅が咲いています。
 我が家の畑の豊後梅もつぼみが膨らんできました。
 豊後梅は梅とアンズの交雑種で、寒さに強く、青森などでも栽培されています。
画像1(豊後梅)

画像2(豊後梅)

画像3(豊後梅)

2 *********** 茄子の台木 ***********
 今年も茄子とトマトは接ぎ木苗を育てます。
 今日は茄子の台木「茄の命」の種を蒔きました。穂木の茄子の種まきよりも7~10日早く蒔きます。
 茄子の接ぎ木は「挿し接ぎ」と云って、台木の茎に穂木の茎を挿します。ほぼ100%成功する接ぎ方です。台木の方を早く蒔くのは台木の茎を穂木の茎より太くするためです。
 種を20個のポットに蒔きました。
画像6(茄子の台木)

画像7(種袋「茄の命」)

画像8(温室内)
iv>

ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

土壌の殺菌・殺虫2024年02月19日 17時29分


1 *********** 白梅 ***********
 空き地の白梅が咲きました。
 先日の重たい雪で太い枝が1本折れて垂れ下がっています。蕾が沢山ついていて、折れた枝にも花が咲いています。
画像2(白梅)

画像1(白梅)

画像3(福寿草)

2 *********** 土壌の殺菌・殺虫 ***********
 畑に石灰窒素を撒きました。
 石灰窒素はシアナミド(農薬の成分)及びアルカリ分を含みます。シアナミドが土壌の中で、尿素、アンモニアに変化するまでの期間は春・秋では7~10日間、夏で3~5日です。
 シアナミドは地中の水分と反応して変化するため、雨が降り出しそうだった午前中に散布しました。
画像5(石灰窒素)

画像4(石灰窒素)

画像6(石灰窒素)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

ニンニクの追肥2024年02月16日 17時24分


1 *********** 明日葉 ***********
 昨日ほどの暖かさはありませんが、日中は過ごしやすい天気になっています。
 鉢植えの明日葉は、昨年の葉や茎は枯れてしまい、代わりに新しい葉が出てきました。
 温暖な地域に栽培される明日葉ですが、土が凍らなければ大丈夫なようです。今年は地植えにしてみたいと思っています。
画像1(今朝の空)

画像2(福寿草)

画像3(明日葉)

2 *********** ニンニクの追肥 ***********
 ニンニクは12月と2月に追肥をしています。2月半ばになったので2回目の追肥をしました。

 2月8日に種を蒔いたピーマン類がようやく発芽を始めました。
 昨日あたりから”とうがらし「伏見甘長」”が発芽し、今日はパプリカ「フルティーレッド」と「フルーティーイエロー」が発芽し始めています。緑のピーマン「カリフォルニアワンダー」、「シシトウ」、「鷹の爪」は、まだ発芽していません。発芽器内の温度は25~26℃で湿度が60%以上あります。サーモスタットで温度調節を行っているため、夜間でも器内の温度が下がることはありません。

画像5(発芽)

画像6(発芽器)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村