< div class="fb-quote">

中の茶屋のフジザクラ2017年04月28日 15時53分

[桜] ブログ村キーワード

*********** ジャガイモの芽欠き ***********
 ジャガイモの芽が出そろったので、芽を3本残して、他の芽を引き抜きました。これから芽が出てくるかもしれませんが、出てくれば引き抜いて行きます。
画像1(ジャガイモの芽欠き)

 メークインは早く芽が出たので、北あかりやシンシアに比べると大きくなっています。今後はニジュウヤホシテントウ(別名テントウムシダマシ)がやって来て葉に卵を産み付けるので、早めに退治して行く予定です。ふ化した幼虫が増えると、隣の畝に植え付ける茄子の葉に成虫となってやって来て、葉をボロボロにされてしまいます。
画像2(ジャガイモの芽欠き)

*********** ナミテントウ ***********
 背中の羽に光沢があるナミテントウが、スグリの葉にいました。ナミテントウはナナホシテントウと同じくアブラムシを食べてくれます。ただ、一日に食べる量がアブラムシの数に比べれば少ないので、ほとんど役に立っていません。
画像3(ナミテントウ)

画像4(ナミテントウ)

*********** 中の茶屋のフジザクラ ***********
 2日前の朝日新聞山梨県版に中の茶屋付近のフジザクラの記事が載っていました。今年は花が咲くのが遅く、今週末から連休にかけて見頃を迎えると、書いてありました。
画像5(新聞記事)

 明日からゴールデンウィークに入り、観光地は混雑するので、急遽、中の茶屋のフジザクラを見に出かけました。
 我が家から富士山登山道・中の茶屋までは、約15キロ、車で30分もあれば行けます。平日で、連休前だったので、駐車場の車の台数が少なく、訪れている人もチラホラ見かける程度でした。
画像6(中の茶屋の看板)

 奥に見える建物が中の茶屋です。その奥に登山道が五合目まで続いています。
 手前を右側へ入るとフジザクラの群生が見られます。
 フジザクラは富士山から流れ出た溶岩の上に自生しています。自然の厳しい場所なので木は大きくならず、枝が曲がりくねっています。
画像7(中の茶屋)

 中の茶屋から林の中を2キロほど歩くと、広い道路に出ます。木の間から富士山の裾野が見えました。昼前だったので、雲がわき上がり、山頂は見えませんでした。
画像8(中の茶屋付近のフジザクラ)

 ゆっくり歩きながら周りの景色を眺め、1キロほど進んだところから引き返してきました。
 今日のフジザクラは、まだ、7分から8分咲きです。明日、明後日頃が満開かと思います。
画像9(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像10(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像11(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像12(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像13(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像14(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像15(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像16(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像17(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像18(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像19(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像20(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像21(中の茶屋付近のフジザクラ)

 1時間ほど歩き回り、中の茶屋から忍野へ向かいました。フジザクラの開花状態を見て、忍野村の桜が満開だろうということになり、忍野八海へ向かいました。
画像22(中の茶屋付近のフジザクラ)

*********** 忍野村忍草・忍野八海の桜 ***********
 中の茶屋から忍野八海までは約8キロ、車で15分です。
 中の茶屋と違って、忍野八海は観光地なので大型バスが団体客を運んできます。中国をはじめ海外からの観光客が多いです。
 忍野八海に車で来たときには、忍野八海前にある製麺所の駐車場に駐めることにしています。無断で駐めても苦情を言われたことはありませんが、ここに駐めたときは、大体、蕎麦やうどんを買っています。暮れには子供のところや親戚、近所に蕎麦を配るため、多量に買っているので、いわばお得意さんです。
 今日も製麺所の駐車場に車を駐め、まず、店に入って蕎麦とうどんを買いました。この製麺所では試食をさせてくれるので、昼頃になると多くの客が入ってカウンターで蕎麦を食べてきます。試食といっても一人前以上の量があるので、ここで昼食を済ませる観光客もあるようです。
 買った蕎麦を店に預け、帰りに寄って貰ってきました。帰りに立ち寄ったときに、店の方が「試食をされますか?」と聞かれたのですが、他に予定があったので、「食べない」と応えたら、「それでは、試食の蕎麦を2玉入れておきますネ」と云われました。

 忍野八海の涌池付近は観光客で混雑しています。自撮りをしたり、大声で騒いだりしている脇を抜けて、早々に、この場所から離れました。少し川沿いに歩いて行くと、途端に人が少なくなります。涌池付近の川沿いの桜も見応えがありますが、人が少ない、離れた場所にも懐かしい風景が広がっています。
画像23(忍草・忍野八海)

画像24(忍草・忍野八海)

画像25(忍草・忍野八海)

画像26(忍草・忍野八海)

 正面奥に富士山の裾野が見えます。
画像27(忍草・忍野八海)

画像28(忍草・忍野八海)

画像29(忍草・忍野八海)

画像30(忍草・忍野八海)

画像31(忍草・忍野八海)

画像3(忍草・忍野八海)

画像33(忍草・忍野八海)

画像34(忍草・忍野八海)

画像35(忍草・忍野八海)

画像36(忍草・忍野八海)

 正午を少し回っていたので、忍野村で昼食を取ることにしました。ここから数分のところにある和食処「車や」へ行きました。
画像37(忍草・忍野八海)

*********** 忍野村忍草・和食処「車や」 ***********
 地元の方が、よく利用する店です。家内の親戚が忍野にあり、法事に呼ばれたときには、ここで食事をすることが多いです。
 昨年秋に、自転車で一緒に走った学生時代の友人を案内したときにも、ここに来ました。
 この店の敷地はかなり広く、店の前の駐車場の奥には浅池という湧き水の池があります。

 私が住んでいるあたりは標高が550m位です。中の茶屋は1100m、忍野は940mあります。全て富士山の裾野で、大月(標高360m)から順に標高が高くなって行きます。そのため、桜は3月末頃から5月はじめ頃まで、順に富士山に向かって開花して行きます。大月までは10キロなので、どの場所も半径15キロ圏内にあります。わざわざ遠くまで出かけなくても、約1ヶ月間、車で30分以内の場所で桜見物ができます。
画像39(忍野村忍草・和食処「車や」)

画像40(忍野村忍草・和食処「車や」)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

夏野菜の植え付け準備「茄子」2017年04月27日 17時01分

[茄子] ブログ村キーワード


*********** 実生の花桃 ***********
 花桃は花が終わり、花殻が根元の花壇に落ちています。代わって葉が出てきました。この花桃は今から10年前、苗を庭に植えました。花桃と一緒にヒマラヤ桜の苗を買い、花桃は我が家に、ヒマラヤ桜は学校の庭に植えました。丁度30周年を迎えた年で、記念植樹のつもりで、苗木を寄付しました。植樹して1年後には苗が枯れ始めていたので、そのまま枯れてしまったのかと思っていましたが、数年経って嘗ての同僚に尋ねると、大きくなっていますとのことでした。我が家の花桃が大きく育ち、毎年花を咲かせているので、ヒマラヤ桜も秋になると花をつけているのかもしれません。
画像1(花桃)
 花桃の木の下に小さな見慣れない木が伸びていました。葉を見ると花桃と葉と同じです。移植ゴテで掘り出してみたら、根のあたりに小さな実がありました。
 花桃にも果物の桃と同じような小さな実が生ります。実が生っているのは知っていましたが、発芽したのをこれまで見たことがありません。毎年、実をつけているので、発芽するのが見られるはずですが、この10年の間、一度も見たことがありませんでした。
 苗木は2本ありましたが、1本は根元から折れてしまいました。地植えのままだと根が張って移植しにくくなるので、残った1本を掘り出して植木鉢に植てみました。
画像2(実生の花桃苗)

*********** 茄子の棚作り ***********
 昨日、支柱を立てたトマト棚の続きに、茄子の支柱を立てました。
 50センチ間隔で6箇所になります。茄子は枝を3本伸ばして行く(3本仕立て)ので、支柱は真ん中に1本立て、両サイドに斜めに、それぞれ支柱を立てました。
画像3(茄子の棚作り)

 横へ枝を伸ばして行くと、株間が50センチなので、隣同士の枝が重なり合ってしまいます。畝に対して直角に枝を伸ばせば隣の枝と重なることはありませんが、畝間が狭いので通り歩きが出来なくなってしまいます。毎年、枝を伸ばす方向で悩みます。
画像4(3本仕立ての茄子の支柱)

 茄子の棚は南北の方向に立っています。東と西から風を受けると倒れてしまうので、棚の端に棚を支える棒を挿して、棚が固定されるようにしてみました。
画像5(茄子の棚作り)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

夏野菜の植え付け準備「キュウリとトマト」2017年04月26日 17時09分

[キュウリ] ブログ村キーワード

*********** タイツリソウ ***********
 日中、薄日が射していましたが、午後からは風が吹きはじめ、本曇りになっています。今夜から明日にかけて雨の予報です。しばらく雨が降らなかったので地面が乾き埃っぽく、良いお湿りになりそうです。
 タイツリソウが元気です。花茎が多く伸び、花が咲いています。
画像1(タイツリソウ)

画像2(タイツリソウ)

*********** ハナニラとチューリップ ***********
 チューリップは花が終わりかけています。ハナニラとムスカリは花の期間が長く、新しい花も次々咲くので花壇がハナニラとムスカリで埋め尽くされてきました。
画像3(ハナニラとチューリップ)

*********** キュウリの一番花 ***********
 今朝、育苗中のキュウリに花が咲いていました。早く畑に植えた方が良さそうですが、明後日の最低気温が5℃近くなので、雨が上がり晴れてくる明後日の日中当たりに植え付けをしようかと考えています。
画像4(キュウリの一番花)

 花が咲いていたキュウリ苗は四葉キュウリの”味サンゴ”です。接ぎ木をしてありますが、接合部は不完全で支えがないと外れてしまいそうです。台木の子葉が黒ずんでいてカビが発生しているように見えます。台木の子葉なので取り除いてしまっても支障はないだろうと思います。
画像5(キュウリの接ぎ木跡)

*********** スナックエンドウ ***********
 スナップエンドウに花が咲きました。
 蔓が伸びていますが、ネットに絡まって行かないので、紐を張ってネットに蔓を沿わせるようにしました。
画像7(スナップエンドウ)

画像6(スナップエンドウ)

*********** アスパラガス ***********
 今日もスギナ取りです。アスパラガスのところにスギナや草が生えてきていたので、綺麗に取り除き、ついでに堆肥を入れておきました。
画像8(アスパラガス)

*********** ブルーベリー ***********
 アスパラガスの畝続きに、ブルーベリーがあります。ここにもスギナが出ていました。ブルーベリーの南隣にフキを植えていて、その地茎がブルーベリーの方まで伸びています。
 スギナや草と一緒に、フキの地茎も取り除きました。取ったフキは空き地の畑の際に植えておきました。
画像9(ブルーベリーのスギナ)

 ブルーベリーの木の周りにも堆肥を入れました。最後に籾殻を敷き詰めておきました。草が生えにくくなるだろうと思います。
画像10(ブルーベリーとアスパラガス)

 ブルーベリーの木は3本あります。一番大きな木が中央に、両サイドの2本は枯れてしまったかと思っていたら、新しい枝が出て葉を付けていました。
画像11(ブルーベリーの木)

画像12(ブルーベリーの木)

画像13(ブルーベリーの木)

 中央の大きな木に花が咲いています。実を大きくするためには、少し摘花をした方が良いのかもしれません。いくつは名を残したら良いのか、調べてから摘花してみます。
画像14(ブルーベリーの花)

*********** キュウリ棚のネット張り ***********
 昨年からそのまま立ててあるキュウリ棚は、ネットが邪魔になるので束ねて棚の支柱にくくりつけてあります。
 キュウリ苗を植え付けるため、ネットを下ろして準備をしました。
画像15(キュウリ棚)

 ネットを下まで下ろすだけなので、いつもの年よりも棚作りが楽です。昨年は棚の反対側のそら豆が植えてある場所にキュウリを植えていました。今年はインゲンを植えていた場所にキュウリを植え付けます。
画像16(キュウリ棚のネット張り)

*********** トマト棚の支柱立て ***********
 トマトの雨よけの棚は、支柱を立てただけになっていました。これにビニールシートをかければ、少しの風でも棚が壊れてしまいます。地面に挿した支柱を補強するため杭を打って紐で縛っておきました。
 トマトを植え付けるには誘引するための支柱が必要です。屋根にシートをかけてからでは支柱を立てにくいので、苗を植え付ける前に支柱を立てておきました。
 昨年まで誘引用の支柱は畝の両側から中央に向かって斜めに立て、支柱の先端を屋根のパイプに紐で縛って固定していました。誘引用の支柱が長すぎると屋根から飛び出てしまい、シートを張ることが出来ません。昨年は支柱の長さを、丁度屋根のパイプに届くようにするのに苦労しました。
 今年は誘引用の支柱を垂直に立てて屋根に届かないようにしました。しかし、これではトマトの蔓を1本の支柱で支えるだけなので、支柱が倒れてしまう可能性があります。支柱間を紐で結び、互いに引っ張られるようにして支柱が倒れないようにしてみました。
画像17(トマト棚の支柱)

 例年と違った立て方になっています。苗を何本植え付けるかは未定ですが、これで最大22本の苗を植え付けられます。
画像18(トマト棚の支柱)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

晴天が続いています。2017年04月25日 16時42分

[モッコウバラ] ブログ村キーワード

*********** スギナ取り ***********
 今月末から始まる連休中に里芋を植えるつもりです。昨年、収穫して地中に埋めておいた里芋を掘り出してみました。
 里芋は、大根やニンジン、ゴボウなどと同じ場所に穴を掘って埋めていました。大根、ニンジン、ゴボウは早めに掘り出して食べましたが、里芋だけが土の中に残っています。例年だと、里芋を一番上に埋めるのですが、大根やニンジンを先に掘り出すため、一番下に埋めていました。掘り出してみると、里芋は形がほとんど無くなるくらいに溶けていました。深いところだったので土が凍り、寒さで溶けてしまったようです。予定していた里芋がダメなので、種芋を買わなければなりません。

 今日もスギナ取りをしました。南側の空き地から伸びてくるスギナが、ジャーマンアイリスの植えてあるところに多く出ています。ジャーマンアイリスのすぐ横から畑になっていて、畑の中程までスギナが伸びています。ジャーマンアイリスの中のスギナを放置すれば、ドンドン畑に入ってくるので、ここのスギナを取らなければなりません。
 ジャーマンアイリスは芋が増えて広がって行きます。芋の表面が土から出るくらいに浅めに植えています。スギナを取るときにジャーマンアイリスの葉を一緒に引っ張ったりすると芋まで引き抜いてしまいます。スギナだけを取り除くのは、結構、大変です。午前中、昼過ぎまでかかってスギナを取り除きました。
画像1(ジャーマンアイリスのスギナ)

*********** 芝刈り ***********
 芝生の補修が終わったので、今日は今年初めて芝刈りをしました。
 芝はそれほど伸びていません。茶色かった芝生が緑色になってきています。高麗芝よりも西洋芝の方が早く葉が出ているので、西洋芝を短く刈って葉の長さをそろえます。
画像2(芝刈り)

 芝刈り機の刃は草刈り機の刃と同じものです芝刈り機は。刈り込む葉の長さを一定に出来るので、草刈り機よりも綺麗に仕上がります。
 芝を刈った後、化成肥料を撒いて水やりをしました。庭に芝を初めて敷いた時には、芝専用の肥料を使いましたが、最近は畑で使う化成肥料を、年に1,2回撒いています。
画像3(芝生に肥料と水まき)

*********** モッコウバラ ***********
 30年ほど前に土地を買って新築したとき、庭やフェンスなどは、全く手つかずでした。敷地の東側半分は畑と同じ一段低い土地で、造成して高くしてありました。そのため庭の土を少し掘ると瓦礫や大きな石が出てきました。知り合いの造園業の方にお願いして、山の土を入れて芝を張って貰いました。
 新築1、2年目頃に、家の裏側の土手との境にコンクリートで仕切りを作ったり、物置を建てたりしています。その後、隣に家が建ち、境界に塀を作りました。ここまでの庭などの外周りの作業は、私が仕事をしていたこともあり、全て業者に依頼しました。
 その後、退職するまでは庭などの外回りを良くしようとする気になれず、そのままになっていました。退職して、最初にレンガ敷の通路を家の周りに造り、道路からの入り口に簡単なフェンスを立ててモッコウバラを這わせたり、バラのアーチを作ったりしてきました。
 モッコウバラは蔓が暴れすぎるので、垣根の代わりにするのには向いていないかもしれません。一年で蔓が四方に伸びるので手っ取り早いですが...。
 昨年は隣との境のブロック塀にもモッコウバラを這わせるようにしました。道路側のモッコウバラは黄色ですが、ブロック塀には白色のモッコウバラを植えています。今年はツルが伸び、葉も多く出ているので目隠しになりそうです。
画像4(モッコウバラの垣根)

 モッコウバラのつぼみが見え始めました。例年、連休後半頃から咲き始めています。今年も5月に入れば花が咲くと思います。花の数が多く、道路から見られるので、近所の方が散歩がてら見に来てくれます。
画像5(モッコウバラのツボミ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ