< div class="fb-quote">

中の茶屋のフジザクラ2017年04月28日 15時53分

[桜] ブログ村キーワード

*********** ジャガイモの芽欠き ***********
 ジャガイモの芽が出そろったので、芽を3本残して、他の芽を引き抜きました。これから芽が出てくるかもしれませんが、出てくれば引き抜いて行きます。
画像1(ジャガイモの芽欠き)

 メークインは早く芽が出たので、北あかりやシンシアに比べると大きくなっています。今後はニジュウヤホシテントウ(別名テントウムシダマシ)がやって来て葉に卵を産み付けるので、早めに退治して行く予定です。ふ化した幼虫が増えると、隣の畝に植え付ける茄子の葉に成虫となってやって来て、葉をボロボロにされてしまいます。
画像2(ジャガイモの芽欠き)

*********** ナミテントウ ***********
 背中の羽に光沢があるナミテントウが、スグリの葉にいました。ナミテントウはナナホシテントウと同じくアブラムシを食べてくれます。ただ、一日に食べる量がアブラムシの数に比べれば少ないので、ほとんど役に立っていません。
画像3(ナミテントウ)

画像4(ナミテントウ)

*********** 中の茶屋のフジザクラ ***********
 2日前の朝日新聞山梨県版に中の茶屋付近のフジザクラの記事が載っていました。今年は花が咲くのが遅く、今週末から連休にかけて見頃を迎えると、書いてありました。
画像5(新聞記事)

 明日からゴールデンウィークに入り、観光地は混雑するので、急遽、中の茶屋のフジザクラを見に出かけました。
 我が家から富士山登山道・中の茶屋までは、約15キロ、車で30分もあれば行けます。平日で、連休前だったので、駐車場の車の台数が少なく、訪れている人もチラホラ見かける程度でした。
画像6(中の茶屋の看板)

 奥に見える建物が中の茶屋です。その奥に登山道が五合目まで続いています。
 手前を右側へ入るとフジザクラの群生が見られます。
 フジザクラは富士山から流れ出た溶岩の上に自生しています。自然の厳しい場所なので木は大きくならず、枝が曲がりくねっています。
画像7(中の茶屋)

 中の茶屋から林の中を2キロほど歩くと、広い道路に出ます。木の間から富士山の裾野が見えました。昼前だったので、雲がわき上がり、山頂は見えませんでした。
画像8(中の茶屋付近のフジザクラ)

 ゆっくり歩きながら周りの景色を眺め、1キロほど進んだところから引き返してきました。
 今日のフジザクラは、まだ、7分から8分咲きです。明日、明後日頃が満開かと思います。
画像9(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像10(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像11(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像12(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像13(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像14(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像15(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像16(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像17(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像18(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像19(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像20(中の茶屋付近のフジザクラ)

画像21(中の茶屋付近のフジザクラ)

 1時間ほど歩き回り、中の茶屋から忍野へ向かいました。フジザクラの開花状態を見て、忍野村の桜が満開だろうということになり、忍野八海へ向かいました。
画像22(中の茶屋付近のフジザクラ)

*********** 忍野村忍草・忍野八海の桜 ***********
 中の茶屋から忍野八海までは約8キロ、車で15分です。
 中の茶屋と違って、忍野八海は観光地なので大型バスが団体客を運んできます。中国をはじめ海外からの観光客が多いです。
 忍野八海に車で来たときには、忍野八海前にある製麺所の駐車場に駐めることにしています。無断で駐めても苦情を言われたことはありませんが、ここに駐めたときは、大体、蕎麦やうどんを買っています。暮れには子供のところや親戚、近所に蕎麦を配るため、多量に買っているので、いわばお得意さんです。
 今日も製麺所の駐車場に車を駐め、まず、店に入って蕎麦とうどんを買いました。この製麺所では試食をさせてくれるので、昼頃になると多くの客が入ってカウンターで蕎麦を食べてきます。試食といっても一人前以上の量があるので、ここで昼食を済ませる観光客もあるようです。
 買った蕎麦を店に預け、帰りに寄って貰ってきました。帰りに立ち寄ったときに、店の方が「試食をされますか?」と聞かれたのですが、他に予定があったので、「食べない」と応えたら、「それでは、試食の蕎麦を2玉入れておきますネ」と云われました。

 忍野八海の涌池付近は観光客で混雑しています。自撮りをしたり、大声で騒いだりしている脇を抜けて、早々に、この場所から離れました。少し川沿いに歩いて行くと、途端に人が少なくなります。涌池付近の川沿いの桜も見応えがありますが、人が少ない、離れた場所にも懐かしい風景が広がっています。
画像23(忍草・忍野八海)

画像24(忍草・忍野八海)

画像25(忍草・忍野八海)

画像26(忍草・忍野八海)

 正面奥に富士山の裾野が見えます。
画像27(忍草・忍野八海)

画像28(忍草・忍野八海)

画像29(忍草・忍野八海)

画像30(忍草・忍野八海)

画像31(忍草・忍野八海)

画像3(忍草・忍野八海)

画像33(忍草・忍野八海)

画像34(忍草・忍野八海)

画像35(忍草・忍野八海)

画像36(忍草・忍野八海)

 正午を少し回っていたので、忍野村で昼食を取ることにしました。ここから数分のところにある和食処「車や」へ行きました。
画像37(忍草・忍野八海)

*********** 忍野村忍草・和食処「車や」 ***********
 地元の方が、よく利用する店です。家内の親戚が忍野にあり、法事に呼ばれたときには、ここで食事をすることが多いです。
 昨年秋に、自転車で一緒に走った学生時代の友人を案内したときにも、ここに来ました。
 この店の敷地はかなり広く、店の前の駐車場の奥には浅池という湧き水の池があります。

 私が住んでいるあたりは標高が550m位です。中の茶屋は1100m、忍野は940mあります。全て富士山の裾野で、大月(標高360m)から順に標高が高くなって行きます。そのため、桜は3月末頃から5月はじめ頃まで、順に富士山に向かって開花して行きます。大月までは10キロなので、どの場所も半径15キロ圏内にあります。わざわざ遠くまで出かけなくても、約1ヶ月間、車で30分以内の場所で桜見物ができます。
画像39(忍野村忍草・和食処「車や」)

画像40(忍野村忍草・和食処「車や」)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

河口湖畔の桜見物2017年04月24日 17時00分

[桜] ブログ村キーワード

*********** 育苗中の夏野菜の苗 ***********
 今週末から来週にかけて、育苗中の夏野菜の苗を畑に定植する予定です。
 3月初め頃から種を蒔き、今月初めまでかかって接ぎ木をしたりして育ててきました。室内での栽培だったのをサンルームに移してからは葉の色が濃くなり、茎も太くなってきました。

 トマトの茎は紫色になり、歯に触れるとトマト独特の香りがします。昨年は大玉8,中玉4,ミニ5の計17本の苗を定植しました。今年は20本ほど苗があるので、丈夫そうな苗を選んで植え付けるつもりです。
画像1(トマト苗)

 キュウリは3本の接ぎ木苗と4本の接ぎ木していない苗があります。本葉が幾枚もあり、蔓も伸びています。ツボミもつき始めました。
画像2(キュウリ苗)

 茄子の苗は、生育良好な苗とそうでない苗がはっきりしています。差燻煙6本植えました。今年準備した苗は昨年よりも多くあるので、茄子も苗を選んで定植出来そうです。
画像3(茄子苗)

 ピーマン、パプリカ、シシトウ、唐辛子も大きくなりました。
画像4(ピーマン苗)

*********** 河口湖畔の桜 ***********
 朝のうち畑でスギナ取りやジャガイモの芽欠きをしました。11時前になって、家内と河口湖畔の桜を見に出かけました。行き先は、混雑する河口湖の北岸ではなく、南岸にある富士ビューホテルです。我が家から車で30分です。桜見物に来る車が多く、ホテル正面の駐車場は宿泊客専用になっていて、湖畔側の駐車場に車を駐めて、富士ビューの庭を散策しました。
画像5(富士ビューホテルの桜)

 富士ビューホテルの桜を見に来る方のほとんどが地元の方です。宿泊客は県外の方が多いです。
 桜は満開の時期を少し過ぎていて、風が吹くと花弁が降ってきます。
画像6(富士ビューホテルの桜)

 3万坪の庭園に300本以上の桜の木があるそうです。
画像7(富士ビューホテルの桜)

 40年以上山梨に住んでいますが、富士ビューホテルの桜を見に来たのは、最近になってからです。富士ビューホテルの近くに家内の叔母の嫁ぎ先があります。以前は富士ビューホテルのすぐ傍に家があり、ホテルへ続く道を入って叔父の家へ行きました。当時、叔父の父親が健在で、私が行くと山の話を色々としてくれました。叔父の父は若い頃、富士山の強力をやっていました。物資の荷揚げや海外からの登山者の案内などをしていたそうです。私が興味津々で話を聞くので嬉しそうでした。暫くして寝たきりになりました。釣ったヤマメを持って行ったことがありますが、ヤマメの塩焼きが美味しかったと、行く度に云っていました。
画像8(富士ビューホテルの桜)

 富士ビューホテルは湖畔沿いの道路を隔てた南側の少し高いところにあります。庭園の木々の間から湖面が見えます。
画像9(富士ビューホテルの桜)

画像10(富士ビューホテルの桜)

画像11(富士ビューホテルの桜)

画像12(富士ビューホテルの桜)

画像13(富士ビューホテルの桜)

画像14(富士ビューホテルの桜)

画像15(富士ビューホテルの桜)

画像16(富士ビューホテルの桜)

画像17(富士ビューホテルの桜)

画像18(富士ビューホテルの桜)

画像19(富士ビューホテルの桜)

画像20(富士ビューホテルの桜)

画像21(富士ビューホテルの桜)

 北側の庭園からホテルの表側へ出ました。ホテルのゴルフコース(ショートコース)の中へ入りました。プレイをしている人がいなかったので、ゴルフ場内を自由に歩くことが出来ます。ここにも芝生の周りに桜の木が何本もありました。
画像22(富士ビューホテルの桜)

 芝生の隅にフジザクラが咲いていました。
画像23(富士ビューホテルの桜)

画像24(富士ビューホテルの桜)

画像25(富士ビューホテルの桜)

 ホテルの正面です。北側の駐車場から庭園に入り、ホテルの周りを半と径方向に歩いてきました。
画像26(富士ビューホテルの桜)

画像27(富士ビューホテルの桜)

画像28(富士ビューホテルの桜)

画像29(富士ビューホテルの桜)

画像30(富士ビューホテルの桜)

 ホテルを一周して車を駐めているところかで戻り、湖畔に出ました。”うの島(鵜の島)”が近くに見えます。河口湖の水位が下がると、湖岸から歩いて渡ることが出来ます。
画像31(富士ビューホテルの桜)

画像32(富士ビューホテルの桜)

 対岸は大石公園です。6月にはラベンダーが咲き、ハーブフェスティバルが開催されます。
 少し高いところに鳩の巣箱のような物が並んでいます。リゾートホテルです。自然の風景の中に異様な建物があり、景観を損ねていると思うのは私だけでしょうか。
画像33(富士ビューホテルの桜)

画像34(富士ビューホテルの桜)

 1時間ほど富士ビューホテルの桜を見物し、近くの店で吉田のうどんを食べ、帰路、少し買い物をして帰ってきました。
画像35(富士ビューホテルの桜)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

30℃、真夏の暑さです!!2017年04月18日 16時55分

[富士山] ブログ村キーワード

*********** 三つ峠 ***********
 夜の間に前線が通り抜け、朝から気温がグングン上がっています。
 今朝の三つ峠は山頂に雲がかかっていました。
画像1(三つ峠 午前8時)

 午前10時頃には雲がスッカリなくなり真っ青な空です。
 昨日、桜巡りをして正解でした。夜間の春の嵐で桜の花が散っています。
画像2(三つ峠 午前10時)

*********** 富士山 ***********
 先週土曜日頃から左耳がおかしいです。
 年に数回、このようなことが起こり、その都度、かかりつけの耳鼻科で診てもらっています。
 耳だれが出て、最初は耳の奥に痛みがありますが、次第に痛みがなくなります。日中、耳だれが出ないので治ったかなと思っていると朝起きると耳だれが出てきます。
 私は両耳とも鼓膜がありません。左耳は中学の時に友達がふざけて左耳を平手で叩いたことが原因で急性中耳炎になり、その後、慢性中耳炎となって40歳半ばに、突然、聞こえ方が変だなと思っていたら鼓膜が無くなっていました。
 右耳の鼓膜は、50歳になる少し前に右側のあごの下にシコリ(耳下線種というそうです)が出来て、手術をして取りました。手術の翌日、傷口の消毒をしたときに、医者が間違って耳の中にまで消毒液を入れてしまい、その結果、消毒液で鼓膜が溶けてしまいました。退院後、しばらく通院して鼓膜の治療をしましたが、結局、元には戻りませんでした。
 左耳に続いて、右耳も鼓膜がなくなりましたが、聴覚神経は正常なので、骨振動などによって聞き取ることが出来ます。ただ、音域が限られているため、高音が聞き取りにくいです。外出して人と会うときには補聴器を付けていますが、普段は補聴器を付けないで生活しています。
 最近の補聴器は雑音を弱め、人の声を強くするようなこともできます。これまでに数回、補聴器を買い換えました。買うときは左右両方です。1個が20万円と高額です。昨年末、学生時代の仲間に会うため、東京へ出かけたことがあります。帰路、大月からの富士急線の最終電車が行ってしまい、大月駅で家内が車で迎えに来るのを待っていました。駅の外は寒く、襟元を立てて寒さを凌いでいました。家に帰り着き、補聴器を外そうとして、左耳の補聴器がないことに気づきました。多分、襟が補聴器に当たり、落としてしまったようです。数年前に買い換えたばかりだったので、大変ショックでした。
 最近になって、耳掛け式の安価な集音器をネットで見つけ購入しました。テレビを見るときだけ付けるようにしています。テレビの音量が3メモリくらい小さくても明瞭に聞こえます。耳穴式の小さな補聴器ばかり使っていましたが、耳掛け式の方が聞こえが良いのかもしれません。次回買う補聴器は耳掛け式にしようと思っています。
 前置きが長くなりましたが、今日、かかりつけの耳鼻科へ行ってきました。隣町の大月市猿橋にある耳鼻科医院です。治療は、耳の中の消毒と炎症を抑える点耳薬を入れて、薬補処方箋をいただくだけです。待ち時間も無く、診察10分で終わりです。
 病院からの帰り道、国土20号線のバイパスを通り、都留高校の裏側のT字路で信号待ちをしていました。正面に富士山が見えました。手前の建物や山が富士山をより大きく見せています。
画像3(大月から見た富士山)

画像4(大月から見た富士山)

*********** 空き地と畑の蕗 ***********
 病院から家に戻り、畑に出て蕗を取りました。
 畑の隅と空き地に蕗を植えて2年ほど経ちます。地茎が伸び、小さかった葉も地面を覆い尽くすほどになっています。
画像5(畑と空き地の蕗)

 フキノトウは、これまで何度か取ったことがありますが、蕗を取るのは今年が初めてです。一箇所から数本伸びているので、1,2本残して太そうな蕗だけを取りました。
画像6(摘み取った蕗)

*********** 夏野菜の苗 ***********
 トマトの苗は、少しずつ大きくなっています。
 接ぎ木苗は、下の画像の右側の17ポットあります。接ぎ木をしていない苗も5ポットあるので、予定通りです。
画像7(トマトの苗)

 キュウリは7ポット、そのうち接ぎ木苗は3ポットです。7本の苗を定植しますが、収穫を始めた頃に新たに直まきして第2弾の苗を育てます。6月半ばを過ぎると、長雨のため、うどんこ病などに罹りやすく、収量が落ちてきます。そのころに、直まきした苗が伸びて7月半ば頃から収穫が出来るようになるので、キュウリの収穫が途絶えることはありません。
画像8(キュウリの苗)

 茄子は10ポットほど接ぎ木苗があります。千両二号をメインにしたかったのですが、残り種だったため発芽が悪く、本長なすの方が多くなってしまいました。
画像9(茄子の苗)

 ピーマン、パプリカ、シシトウ、唐辛子の苗です。どれがいくつあるのか数えていないため、植え付けるまで苗が足りるのか足りないのか分かりません。植える場所の広さで植え付ける苗の本数を決めるつもりです。
画像10(ピーマン・パプリカ・シシトウ・唐辛子の苗)

 カボチャと落花生は、種を蒔くのが早すぎました。どちらも大きくなりすぎています。早めに植え付けをしようかと思っています。今後の気温の様子を見て、最低気温が10℃くらいなら定植をするつもりです。
画像11(カボチャ・落花生の苗)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

近場の桜巡り2017年04月17日 23時59分

[桜] ブログ村キーワード

*********** 畝作り ***********
 午前中、冬菜を移動させて空けてある畝に苦土石灰を入れて耕しました。
画像1(苦土石灰)

 一畝ですが、ここに畝を作っておけば、夏野菜だけでなく、ショウガや里芋などを植えることが出来ます。
画像2(耕耘)

 耕耘機を移動させるためにあらかじめ通路を作っておかなければなりません。耕耘機の幅に合わせて防草シートを敷いて通路を作っています。
画像3(畑の通路)

*********** 近場の桜巡り ***********
 午後になって空が曇ってきました。雨はまだ降りそうにもなかったので、近くの桜を見がてら、自転車で出かけました。
 昨年10月に走って以来で半年ぶりです。14インチの小径車で、近くにある鹿留発電所の桜を見て帰ってくるつもりでしたが、桜があちこちで満開になっていて、花に誘われて20キロばかり走ってしまいました。
画像30(走行マップ)

 家を出発して国道を横切ると、民家の庭先に芝桜が咲いていました。このお宅では、毎年、同じ場所に芝桜の花を咲かせています。
画像9(芝桜)

 我が家から1キロ行ったところに古渡(コワタ)という地名の場所があります。鹿留川沿いに桜があり、小さな橋が架かっています。川は狭いですが、水が豊富で流れが急です。
画像10(鹿留川・古渡地区の桜)

画像11(鹿留川・古渡地区の桜)

 鹿留川の上に水路が通っていて、この水は市内中心部の谷村(ヤムラ)にある水路発電所に流れています。
画像12(水路)

画像13(水鳥)

画像14(鹿留川・岩下橋)

 古渡地区から鹿留川沿いに溯り、最後の民家があるところまで行きました。この先はにキャンプ場・渓流釣り場があるだけです。ここにかかっている橋は岩下橋といって、数十年前までは川に大きな岩がいくつもありました。護岸工事をしたため昔の荒々しい自然が薄れていますが、ニジマスやイワナなどの釣りが出来るところです。
画像15(鹿留川・岩下橋)

 鹿留の岩下橋から川沿いに下って桂川まで来ました。ここには揚水発電所があります。
画像16(鹿留発電所の水路)

 この左側には鉄管の上端部まで小道があって、桜の咲く時期には地元の人たちがお花見をしています。
画像17(鹿留発電所の水路)

画像18(鹿留発電所付近の桜)

 発電所から桂川沿いに少し上ったところは境という地区になります。山際に神社があり、急な石段が上の方まで続いていました。
画像19(境地区の神社)

 山際の緩やかな道を更に上り、中央道沿いの側道を下暮地あたりまで走りました。桂川にかかる大池橋付近で富士山を眺めることが出来ます。
画像20(大池橋付近から見た富士山)

 曇り空だったので富士山の頂きは雲に隠れていました。
画像21(大池橋付近から見た富士山)

 大池橋から少し引き返して国道に出て、暮地(クレチ)の坂の下の信号を右折しました。
 富士急行線のガード下を通り抜け、線路沿いの道を下って行きます。ここからは家に着くまで下り道なので、ゆっくりを周りの景色を見ながら走ることが出来ます。
 西桂の駅の近くまで来ました。
 橋の上から下流の川岸に垂れ下がっている桜を撮っていたら、散歩で通りかかった地元のおばさんが”反対側の山の方が綺麗だよ”と云って通り過ぎました。山の方を見ていたら、話しかけたおばさんは、ドンドン山道を登っていました。中腹に何やら塔のような立っていました。公園になっているようです。
画像23(西桂区の桜)

画像24(西桂区の桜)

 西桂から更に下って、中央道の側道を行きます。途中、貯水タンクがあり小高い丘の上に桜が咲いていました。
画像22(東桂地区貯水タンク付近の桜)

 東桂の駅裏から再び国道に出て、桂川にかかる宮下橋までやって来ました。川の向こう側に鹿留の発電所が見えます。
画像25(桂川宮下橋付近)

画像26(桂川宮下橋付近から見た鹿留発電所の水路)

 宮下橋から桂川沿いに少し下って、小学校脇から国道に出ました。国道は車の往来が激しいので歩道を通って、無事、自宅に戻ってきました。
 家に着いて10分後に雨が降り出しました。風が強く、横殴りのにわか雨でした。
画像27(小学校の桜)

画像28(小学校の桜)

*********** 朝日新聞「政治断簡」 ***********

画像29(朝日新聞「政治の断簡」)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ