< div class="fb-quote">

キュウリ・トマトの接ぎ木作業2017年03月27日 16時31分

[接ぎ木苗] ブログ村キーワード

*********** 今朝も雪でした ***********
 昨日の雪は、その日のうちにほとんどが解けてしまいましたが、今朝、畑や周りの風景が白一色になっていました。明け方に雪が降ったようです。昨日よりも多い積雪です。
画像1(雪の朝)

 一日曇り空になるかと半分あきらめていましたが、午後になって次第に青空が見え始めました。陽が当たると雪が消えてしまいます。
画像2(午後の晴れ間)

*********** キュウリの呼び接ぎ ***********
 戸外での作業をあきらめ、家の中で接ぎ木苗を作ることにしました。
 キュウリの呼び接ぎです。(昨日までのブログで”寄せ接ぎ”と表示していましたが、正式名称は”呼び接ぎ”です)
 本来は台木の本葉が出始めた頃に行うようです。その方が台木と穂木の茎があまり違わないので接ぎ木しやすいです。
 台木「黒ダネ南瓜」の子葉を残して本葉は全部切り取ってしまいます。
画像3(キュウリの台木と穂木苗)

 台木の子葉の下の茎を、上から斜め下に切れ込みを入れます。切れ込みの深さは茎の太さの半分くらいまでです。
画像4(キュウリの台木の切れ込み)

 穂木の方も子葉に出来るだけ近くの下に切れ込みを入れます。台木の切れ込みと合わせるため、台木とは逆に下から斜め上に切れ込みを入れます。切れ込みの深さは茎の太さの半分くらいまでですが、穂木の茎が細いので何本か切断してしまいました。
画像5(キュウリの穂木の切れ込み)

 台木と穂木の切れ込みを合わせてクリップで押さえます。台木が大きくなりすぎたため、クリップでの押さえがしっかり出来ません。接ぎ木する時期が遅すぎました。
画像6(穂木と台木の合わせ)

 台木と穂木をポットに植えて、水やりをして完了です。
画像7(キュウリの呼び接ぎ)

 呼び接ぎをした苗は10本です。接ぎ木が失敗したときのことも考えて、接ぎ木をしていないキュウリ苗を数本残しておきました。
 1週間から10日後、接ぎ木の様子を見ながら、穂木の接合部の下を茎の太さの半分くらいまで切れ込みを入れ、穂木が萎れないようなら完全に切断して根から切り離します。
 毎年、キュウリの呼び接ぎは失敗が多いので、今年の場合も多分、30%~40%の成功率だろうと思っています。
 キュウリは接ぎ木が成功しても接合部の面積が小さいので(穂木の茎と台木の茎の太さが違うため)、台木から穂木へ十分に養分が行かず、果実に曲がり果などを生じることがあります。
画像8(キュウリの呼び接ぎ苗)

*********** トマトの接ぎ木 ***********
 キュウリに引き続き、トマトも接ぎ木をしました。トマトもキュウリ同様、呼び接ぎが出来るようですが、私はピーマンと同じ方法で接ぎ木をしています。
 台木「Bバリア」の子葉の上の茎を斜めに切断、穂木は子葉の下を斜めに切断して、切断面どうしを合わせています。
 台木を斜めに切断した後、チューブを挿します。切断した穂木をチューブの上から挿し込んで、台木の切断面に合わせて完了です。
 大玉の「麗夏」、「桃太郎ゴールド」、「ルネッサンス」
 中玉の「シンディースイート」、「レッドオーレ」
 ミニの「アイコ」、「イエローアイコ」
各2本、合計10苗の接ぎ木をしました。
 トマトも接ぎ木が失敗したときの用心のため、それぞれ1、2本、接ぎ木をしないで残しています。
画像9(トマトの接ぎ木苗)

 接ぎ木を始めるとポットの数が半減します。室内温室の中も余裕が出てきました。
 まだ、茄子の接ぎ木を行っていません。茄子の台木がもう少し大きくならないと接ぎ木が出来ません。
画像10(室内温室の中)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

淡雪2017年03月26日 15時44分

[雪景色] ブログ村キーワード

*********** 雪になりました ***********
 昨日の天気予報では山間部で雪になるということでしたが、我が家のあたりは多分雨だろうと思っていました。朝起きて外が真っ白になっていて、雨ではなく雪が降っていて驚きました。
 ロウバイに積もった雪は湿っぽく、重そうです。
画像1(ロウバイの雪)

 ユキヤナギの花は咲きかけていたところでの雪です。咲くのが少し遅れそうです。
画像2(ユキヤナギの雪)

画像3(単管パイプの雪)

 今朝の畑は一面真っ白になっていました。
画像4(畑の雪)

 玉ねぎは雪に埋まって葉先だけが見えています。
画像5(玉ねぎの雪)

 午前中、一時、牡丹雪が激しく降っていました。次第に霙に変わり、午後には雨になっています。
 真っ白だった畑も、午後には雪が溶け、地面が見えてきました。ジャガイモの植え付けなど、畑の作業があるので、今季最後の雪であって欲しいと思います。
画像6(畑の雪)

*********** 落花生 ***********
 落花生の発芽は見ていて面白いです。最初に根が伸び、根が実を押し上げて土から出てきます。その後、実が二つに割れ、中から葉が伸びてきます。根が太く、しっかりした葉です。他の野菜の発芽と違って、ダイナミックで、強い生命力を感じます。
画像7(落花生)

*********** ピーマンの接ぎ木 ***********
 昨日、接ぎ木の試行をしました。今日はピーマンの接ぎ木をしてみました。
 ピーマンの台木「ベルホープ」は2月中に種を蒔き、1ヶ月ほど経っています。(画像左)
 ピーマンは今月始めに種を蒔いた苗です。(画像右)
 台木の方が少し大きいです。
画像8(ピーマンの接ぎ木)

 昨日のトマトと同じ接ぎ方です。台木の茎が、昨日のトマトの台木よりも太いので、チューブの中で切断面がしっかりと合っています。
 今日は2株だけ接ぎ木をしました。今週から来週にかけて、次々と接ぎ木をして行きます。
画像9(ピーマンの接ぎ木)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

空き地の草取り2017年03月24日 15時03分

[落花生] ブログ村キーワード


*********** 白梅と水仙 ***********
 空き地の白梅が満開になっています。
画像1(空き地の白梅)

 近所の庭先の梅も満開です。
 家の近くを散策すると、庭先に梅の木を植えている家が多いのに気づきます。
画像2(白梅)

 紅梅の木だと思いますが、全体的には白色で、何本かの枝の花が紅色をしていました。
画像3(白梅の変わり枝)

 畑の東側の建物は現在無人状態です。庭先の水仙は主がいなくなっても健気に咲いていました。
画像10(水仙)

画像11(水仙)

*********** 田原の滝 ***********
 今日は私の車の車検です。車検の案内が昨年末に届き、年が明けてすぐに予約をしました。
 車で数分のところなので、車を預けて歩いて帰ってきました。
 途中、田原の滝を見るため寄り道をしました。
画像4(田原神社)

 田原の滝の傍に小型の水力発電の水車があります。いつもは回っていないのですが、今日は水を受けて勢いよく回っていました。すぐ近くで見ると、結構迫力があります。回るときの音も大きいです。
画像5(田原の小型水力発電の水車)

 富士山の近くの忍野付近から流れている桂川の水を水路に取り込んで、水車を回しています。
画像6(水路)

 田原の滝の水は、水路に流しているためか少ないです。
 4月上旬頃になると両岸に桜が咲き乱れます。
画像7(田原の滝)

 滝の最上部を富士急行の電車が通過するところでした。河口湖方面から下ってきた普通電車で、滝の手前に十日市場駅があるため、ゆっくりと滝上を通過して行きました。
画像8(田原の滝を通過する電車)

画像9(田原の滝を通過する電車)

 田原の滝から十日市場の駅前を通り、線路沿いの小道を歩いて、国道に出ました。国道を少し上ったところから、再び、小道に入り富士急千の踏切を渡りました。踏切で、再び、大月行きの電車が通過しました。電車はおおよそ30分おきに運転されています。田原の滝から、この踏切までは10分くらいで歩いてきたので、電車の間隔が短くなっています。
画像12(富士急行電車)

*********** 空き地の草取り ***********
 家に戻り、隣の空き地の草取りをしました。先日草を取ったばかりですが、少し草が伸びていたり、取り残しがありました。
 前回の草取りは畑から幅1m位の範囲でした。今回は草取りの幅をもう少し広げました。
画像13(空き地)

 空き地側の石垣の下の蕗です。数株植えただけですが、地茎が伸びて広がっています。
画像14(空き地の蕗)

*********** シロウリの植え替え ***********
 シロウリ「白はぐら」は1ポットに3粒ずつ種を蒔きました。どのポットからも発芽しています。
画像15(シロウリ)

 一般に、大きな苗を残して間引きしますが、発芽した苗を捨てないで、別のポットに植え直しをしました。一苗ずつ植え直しをすると全部で9ポットになります。シロウリの9苗は、我が家の畑では多すぎます。
画像16(植え直しをしたシロウリ)

*********** 落花生の発芽 ***********
 落花生の根が伸びているようです。実が土を押し上げています。
画像17(落花生)

画像18(落花生の発芽)




ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

スナックエンドウのネット棚作り2017年03月22日 16時59分

[ソラマメ] ブログ村キーワード

*********** 昨日の雪 ***********
 昨日の雨は、高いところでは雪になっていました。
 三つ峠や鹿留の山は雪が降ったようです。
画像1(三つ峠の雪)

 今日は朝から快晴です。風が冷たいですが、気温は15,6℃くらいまで上がっていました。
画像2(プリムラ)

*********** ゴボウの保温 ***********
 昨日種を蒔いたゴボウです。地温を上げるためビニールで覆いました。ゴボウは恒温では好光性を強く現し、変温ではそれほど顕著ではないそうです。
 一応、覆土は少なめにして種を蒔いています。
画像3(ゴボウの保温)

*********** カボチャの発芽 ***********
 カボチャは播種後1週間経ち、発芽しています。カボチャは嫌光性なので少し深めに種を蒔きます。普段、あまり気にかけずに種を蒔いていますが、知識として持っているだけでも発芽までの不安が少なくなります。
画像4(カボチャの発芽)

*********** ネギの発芽 ***********
 ネギの種を蒔いた上に新聞紙を載せていました。今日、その新聞紙を取り除きました。ビニールトンネルはそのままにして、もう暫く地温を上げておきます。
画像5(ネギの発芽)

*********** そら豆とスナックエンドウ ***********
 冬の間ビニールトンネルで育てていたそら豆とスナックエンドウです。彼岸を過ぎたのでビニールシートを外しました。
画像6(そら豆とスナックエンドウの畝)

 そら豆の草丈は低いですが、すでに花が咲いていました。脇茎が何本か出ています。
 まだ、アブラムシは付いていないようです。そら豆はアブラムシが付くので、不要になったCDを何枚もつり下げています。
画像7(そら豆の花)

 スナックエンドウの蔓が、暖かくなるにつれて伸びてきます。少し早いですがネットで棚を作りました。
画像8(スナックエンドウ)

画像9(スナックエンドウのネット棚)

*********** つまみ細工 ***********
 家内がやっているつまみ細工です。髪飾りや胸元に飾るものを作っていましたが、今回は額縁に黒い布を張ってその上に並べていました。慣れるため、練習でに様々な花を作っているので、統一性がありません。
画像10(つまみ細工)

画像11(つまみ細工)

*********** 天声人語 ***********
 昨日、犯罪を計画段階で罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ法改正案が閣議決定されました。今日の天声人後で、この法案の危険性について述べています。90年以上前に治安維持法が制定されたときと同じような答弁をAbeは繰り返しています。過去3度廃案になった法案を数の力で押し通そうとするAbeのやり方は民主主義を踏みにじる行為であると思います。
画像12(天声人語)

 WBC日本対アメリカの試合を、民放が朝8時から午後4時頃まで、実に8時間中継をしていました。決勝戦ではなく準決勝での試合です。WBCの試合に関心を持つ人がどれほどいるのか知りませんが、少なくとも日中8時間も中継するほどの関心があるものとは思えません。Abe一派の圧力がかかっていたのか、局が自主的に、ある意図を持って番組を組んでいるのか、定かではありませんが、この中継時間は異常です。Abeにとっては残念かもしれませんが1対2で日本は敗れました。明日の決勝戦を中継しても視聴者は試合を見ることはないだろうと思います。なぜなら、籠池氏の証人喚問の国会中継がNHKであるからです。
 当初、NHKは籠池氏の証人喚問の中継をするかしないか不明でした。23日に証人喚問があることは先週のうちに分かっていたことですが、NHKは中継の予定を組んでいませんでした。
 昨夜、Facebookの友達が、NHKに電話やメールで、国会中継を放送するように働きかけるよう、呼びかけ、内容を拡散するようにと伝えていました。私もその記事をシェアして拡散に協力しました。シェアして数時間後、NHKが証人喚問の中継を放送するとの連絡がありました。
 先週の証人喚問の話があって以来、NHKに中継するよう訴えている方が多く、昨日、Facebookで更にその件数が増えたため、NHKも中継せざるを得なくなったのではないかと思います。NHKの会長が代わったことも要因の一つではないでしょうか。
 明日はWBCの決勝戦です。どこが優勝しようと、我々の生活にはなんの関わりもありません。一方、明日の証人喚問は、国有財産である土地を常識を逸した格安で、特定の人に売ったこと、それにAbeやその取り巻きの人間が関わっている可能性が高いことなど、政府がひっくり返るほどの大きな問題を含んでいます。どんな証言が得られるか、また、新たな証言を引き出すことが出来るか、注視して行く必要があります。
画像13(野球中継)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ