< div class="fb-quote">

トマトの台木「Bバリア」の植え替え2017年03月20日 16時41分

[トマト] ブログ村キーワード

*********** トマトの台木「Bバリア」の植え替え ***********
 苗を陽に当てるようにしてから徒長しなくなってきました。それでも幾本かは茎が長く伸びています。
 茎の長さが目立つ苗をもう一度植え直ししました。頻繁に植え直しをすると根が張らず、結果的に苗が貧弱になってしまいます。根から子葉までの胚軸の長さが長く、ポットの中に真っ直ぐ入れたのでは土から出る茎が長くなってしまいます。ポットの中で円弧を描くように茎を入れて土から出る部分を少なくしました。
 これ以上植え直しをしていると、苗が大きくならないので、これから後は植え直しをしないで育てて行きます。
画像1(Bバリアの植え替え)

*********** キュウリ苗 ***********
 キュウリの台木「黒ダネ南瓜」も穂木のキュウリも本葉が出てきました。キュウリの本葉は、まだ小さく、本葉が3、4枚になるまで接ぎ木をしません。多分、接ぎ木をする頃には蔓が伸び始めているだろうと思います。
画像2(キュウリ苗)

 キュウリの植え直しをしたときに茎がポットとポットの間に挟まれ折れてしまいました。茎の外側の皮一枚でかろうじてつながっていました。苗を捨てるのはもったいないので、接ぎ木で使うクリップで折れた箇所を固定しました。固定してから数日経っていますが、葉が萎れることもなく、元気に育っています。
画像3(茎が折れたキュウリ苗)

*********** シロウリの発芽 ***********
 シロウリ「白はぐら」が発芽しました。同じ日に蒔いたキャベツ、レタスも発芽していますが、カボチャは、まだ発芽していません。南瓜の種は昨年の残り種だったので、保存期間が短くて発芽しにくいのかもしれません。
画像4(シロウリの発芽)

*********** JR電車の乗り入れ ***********
 今日もJRの電車が乗り入れていました。
 昼前に河口湖の叔父の家へ行く途中、河口湖駅前付近は外国からの観光客が大勢いました。富士山が世界文化遺産に登録されてから、富士五湖や富士山を訪れる観光客が増えています。
画像5(JR電車の乗り入れ)

*********** インドカレーのナン ***********
 河口湖の叔父の家へ行った帰り、インドカレーを食べました。カレーはライスかナンかどちらか選べます。
 家内も私もナンを注文しました。巨大なナンで、ようやく食べきりましたが、家内は食べきれず半分残しました。私たちのテーブルの後ろの席では、ナンを2度おかわりしている人がいました。私たちが食べ終えて店を出るときにも食べていたので、一人で3、4枚食べているのかと思います。この店ではナンはおかわり出来るので、若くて食欲旺盛な人には十分満足出来ます。
画像6(インドカレーのナン)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ジャガイモの植え付け準備2017年03月19日 16時54分

[ジャガイモ] ブログ村キーワード

*********** ユキヤナギ ***********
 天気予報通り、穏やかな春の陽気です。
 昨日あたりからユキヤナギのつぼみが開き始めました。今週末から月末にかけて、ユキヤナギの花が見られそうです。数年前までは4月始めに花が咲いていました。年々早くなっています。
画像1(ユキヤナギ)

*********** ジャガイモの植え付け準備 ***********
 ジャガイモの植え付け準備をしました。すでに苦土石灰、堆肥を入れ、畝が出来上がっています。今日は畝の中央を掘って溝を作りました。
画像2(ジャガイモの溝掘り)

 堆肥を入れて耕してありますが、更に溝に堆肥を入れます。最初漉き込んだ堆肥は野菜屑などの堆肥で畑全体に入れてあります。今回は溝施肥です。肥料の効き過ぎは良くないので、溝施肥は少し深く掘った溝に入れて行きます。
画像9(溝施肥に使った堆肥)

 堆肥の量は少なめで、全ての溝に入れた堆肥は約60リットルです。
画像3(ジャガイモの溝施肥)

画像4(ジャガイモの溝施肥)

 溝に堆肥を入れた後、上から土をかけておきます。
画像5(ジャガイモの溝施肥土をかける)

 隣の畑でKさんが使っていたレーキです。Kさんの手作りで、軽くて使いやすいです。溝の両側から土を寄せ、上からレーキで押して溝の底を平らにします。
画像6(ジャガイモの溝施肥土をかける)

画像7(土寄せのレーキ)

 画像奥と手前がジャガイモの畝です。畝の長さを少し伸ばして、種芋が30センチ間隔で全部植え付けられるようにしました。
 溝施肥をしたので、これで、いつでもてジャガイモの植え付けができます。昨年は3月27日に植え付けをしているので、今週末から来週初めあたりに植え付けるつもりです。
画像8(ジャガイモの溝施肥完了)

*********** 冬菜のトンネル ***********
 暖かくなってきたので、冬菜のビニールトンネルを外しました。
画像10(トンネルを外した冬菜)

 冬菜と同じ畝に植えているほうれん草のトンネルも外しました。
画像11(トンネルを外した冬菜とほうれん草)

*********** 夜桜見物「夜桜ビュー特急」 ***********
 3連休の中日で、天気も良いので、下りの電車に観光客の姿が目立ちます。
画像12(富士急行電車)

 今朝、新聞の折り込みに富士急行のチラシがありました。
 4月7日と4月14日に「夜桜ビュー特急」を運転するというお知らせです。  4月7日は大月発19:00~東桂~大月着20:23
 4月14日は河口湖発18:41~東桂~河口湖着20:25
 寿駅、東桂駅、田野倉駅が夜桜のビューポイントです。
 どちらも予約制で、「贅沢プラン」と「お手軽プラン」があります。ビールやワインを飲みながら夜桜を見物するという企画です。おつまみ(贅沢プラン:鯛桜の葉寿司など12品、お手軽プラン:フキノトウなどの天ぷら7品)も付いていて、春の宵にチョット贅沢な夜桜見物ができます。
 私はアルコールは一切ダメなので、このイベントには参加しませんが、東桂駅が家の近くなので、散歩がてら夜桜見物に行こうかと思っています。
画像13(富士急行の折り込みチラシ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ジャガイモの畝作り2017年03月11日 15時24分

[ジャガイモ] ブログ村キーワード

*********** ジャガイモの畝作り ***********
 今日はジャガイモの畝作りをしました。
 ジャガイモの植え付けには少し早いですが、植え付けるジャガイモ片の個数から畝の長さを決めなければなりません。畑の空いている場所で昨年ナス科の野菜を植えていない場所という条件を満たすのは、50坪の畑では難しいです。
 畑の東側(下の画像奥)と西側(下の画像手前)がジャガイモの畝になります。
画像1(ジャガイモの畝)

 東側の場所は地形が斜めになっているのと、山芋のタワーや冬菜の畝があるので、3本の畝の長さはそれぞれ変えました。畝幅70センチが理想ですが、畝を3本作るため、畝幅50センチ、畝間30センチにしました。
画像2(7.5m&5.8&3.7mmの畝)

 西側は長さは十分ですが幅がありません。そのため畝幅40センチ、畝間20センチです。過密状態ですが、土寄せをしない栽培方法なので、多分、大丈夫だろうと思います。
画像3(9.0m×2の畝)
 種芋の個数と植え付ける種芋の間隔から、総畝長は40m近く必要です。今日作った畝の総延長は35mなので、まだ少し足りません。これ以上畑をジャガイモの栽培に使うのは、夏野菜の植え付けに支障を来すので、東側の3本の畝を、幅40センチ、畝間20センチに作り直して39mになるようにするつもりです。
*********** 手作りのミニチュア機関車 ***********
 山梨県東部地域の情報紙”フジマリモ”は、毎週土曜日に発行されます。10ページ足らずの紙面ですが、県東部地域を中心に、その他の県内地域、西東京などの情報も掲載されています。
 1ページの”Zoom”は、地域活動などで活躍しているグループ、個人などが紹介され、興味のある内容になっています。今日は市内の”奥秋荘男さん”が紹介されていました。73歳の奥秋さんが、3年前から実物の16分の1のミニチュア蒸気機関車を製作されました。40年以上経営されていた金属の精密加工会社を廃業され、「技術を形として残したい」と、この製作を始められたのだそうです。
 鉄道のことは詳しくありませんが、精巧な蒸気機関車を0から作る、その意欲に驚かされます。
画像4(”フジマリモ”の記事)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

雪から雨に2017年02月09日 15時27分

[ロウバイ] ブログ村キーワード

*********** 雪から雨に ***********
 今朝雪が少し積もっていました。その後、気温が上がり積もっていた雪が解けてしまいました。
 昼近くになって、今度は湿った牡丹雪が激しく降り出しました。
 雪は暫く降っていましたが、夕方近くになってミゾレに変わっています。このまま降り続ければ夜には雪になるかもしれません。
画像1(ロウ梅)

画像2(葉ボタン)

*********** ブーゲンビリア ***********
 部屋に入れてあるブーゲンビリアの花を取り巻く葉(包葉)がピンク色になっています。冬場は休眠期ですが、部屋の中に置いているので花を付けています。
画像3(ブーゲンビリア)

画像4(ブーゲンビリア)

*********** ジョウビタキ? ***********
 最近、家の周りに鳥が一羽やって来ています。最初、ジョウビタキかと思った野ですが、ジョウビタキよりも若干大きく、胸元や背羽の模様が違うようです。
画像5(ジョウビタキ)

 畑の枯れてしまった京水菜を盛んにくちばしでひっくり返していました。
画像6(ジョウビタキ)

*********** 富士急行線の駅名 ***********
 「みんなの漢字3月号(朝日新聞社刊)」に富士急行線の駅名が載っていました。
 富士急行線は大月駅から河口湖駅まで約30km足らずの間に18駅あります。
 (1)大月、(2)上大月、(3)田野倉、(4)禾生、(5)赤坂、(6)都留市、(7)谷村町、(8)都留文科大学前、(9)十日市場、(10)東桂、(11)三つ峠、(12)寿、(13)葭池温泉前、(14)下吉田、(15)月江寺、(16)富士山、(17)富士急ハイランド、(18)河口湖の各駅です。
 田野倉(たのくら)や禾生(かせい)は、良田が多かったことから地名がついたのだろうと思います。
 寿(ことぶき)、富士山(ふじさん)の駅名は、元は暮地(くれち)、富士吉田(ふじよしだ)でしたが、「暮地」を墓地と誤読されるために改名され、「富士山」は世界文化遺産に登録されて改名したようです。
 富士急行線は大雪になってJRが運休でも運転を続けることが多いです。朝夕の乗車率は高いですが、日中や夜間は乗っている人が少ないです。乗車率を上げるため県外や海外からの観光客を呼び込む様々なイベントが企画されています。お花見電車や電車内コンサートなどもあります。
 電車は勾配の急なところやカーブの多いところなどを走るのでスピードを上げません。線路と並行して走っている道で車を走らせていると、駅の数が多いこともあって車の方が先に着くことがあります。
 私が富士吉田の学校に赴任することになって初めて富士急行線に乗りました。赴任の挨拶と打ち合わせで3月半ば頃に東京から大月を経て月江寺まで乗りました。この一週間ほど前に、暮地(現在の寿駅)付近で大きな脱線事故がありました。上り電車が踏切に侵入したトラックと衝突、その衝撃でブレーキ装置である空気溜めを破損させ制動不能状態になりました。月江寺、下吉田、暮地の各駅を制御不能のまま通過し、その先の右カーブの急勾配で脱線し、線路脇の木々をなぎ倒して沢に転落しました。
 富士急行線は単線なので、事故の生々しい風景を車窓から見ながら月江寺駅に着いたのを覚えています。
 Wikipediaによると”1971年(昭和46年)3月4日:富士急行列車脱線転覆事故。乗客約120名のうち17名が死亡、69名が負傷した。”となっています。
画像7(富士急行線の駅名)
本文、写真はわざとぼかしてあります。



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ