台風5号2017年08月08日 17時37分

[台風被害] ブログ村キーワード

*********** 台風5号 ***********
 昨日から今日にかけて、山梨県のニュースが全国に流れました。
 一つは台風5号による大雨で、避難勧告が出たとか、土砂崩れの報道です。私の住んでいる都留市でも数カ所の地域に避難勧告が出て避難所が開設されました。隣の大月市では岩殿山の斜面が崩れ落ちて、中央道大月JCT付近が一部通行止めになりました。岩殿山はJR大月駅のホームからも見ることが出来る標高634mの岩山です。中腹から山頂まで垂直に切り立った岩場になっています。その岩場の下が崩れました。岩殿山のすぐ横に中央道があります。
 二つ目のニュースは、山梨市市長の職員採用試験での得点を改ざんした容疑での逮捕です。市長の元妻も詐欺容疑で逮捕されています。山梨県民として恥ずかしい限りです。市長は山梨市の市民が選挙で選んだ人物です。こういう事件を見るにつけ、民度の低さを感じてしまいます。私が山梨県に来た50年近く前、山梨県のある地域では、選挙がある度に札束が飛び交うとか、、夜になると辻々に人を立てて、対抗馬の陣営へ市民が寝返らないか行動を監視しているなどということを聞いたことがあります。
画像1(雲)

 我が家の近くに”桂川”という川があります。富士北麓の忍野村あたりから流れる川で、大月で笹子川と合流し相模川となって、相模湾に流れ込んでいます。
 桂川は富士山の裾野を流れるため急流です。台風5号の大雨で水かさが増し、”田原の滝”は、囂々と音を立てて流れ落ちていました。
画像2(田原の滝)

画像3(田原の滝)

画像4(田原の滝)

 台風は大雨をもたらしましたが、幸い風が強くなかったので、キジバトの巣は無事でした。
 今朝一番に巣をのぞきました。巣の中のキジバトは近づいても全く動く気配がなかったので、雨に打たれて死んでしまったのかと心配になりました。ハナミズキの木をコンコンと小さく叩くとキジバトが頭をもたげて、あたりを警戒しはじめたので、チョット安心しました。
画像5(抱卵中のキジバト)

画像6(抱卵中のキジバト)

 地植えのバラのところに真っ白なキノコが生えていました。傘の大きさは直径10センチほどあります。キノコの名前を調べて見ようとしましたが、同じような色や形のキノコが多く、調べるのを断念しました。色鮮やかだったり、目立つキノコは、毒キノコだと思っているので、このキノコも食べられないだろうと思います。
画像7(白いキノコ)

*********** バラ ***********
 バラは大雨の中でも咲いていました。雨に打たれて花弁が痛んでいます。
 オレンジ色の小振りの花で”ベビーロマンチカ”と言います。
画像8(バラ ベビーロマンチカ)

 深紅のバラの”シュワルツマドンナ”です。
画像9(バラ シュワルツマドンナ)

 ”バレリーナ”は、真夏でも多くの花を付けています。若干色が白っぽくなっています。
画像10(バラ バレリーナ)

*********** 畑の野菜 ***********
 畑が水浸しになっていました。
 これだけ雨が降れば根からの水分吸収が多いです。トマトは裂果しやすくなりますが、オクラ、茄子、キュウリは水を含んで大きくなっていました。
画像11(オクラ)

画像12(キュウリ)

画像13(収穫した野菜)

*********** パソコンの廃棄 ***********
 パソコンを買い換えたりすると、古いパソコンの行き場所がなく、取りあえず、使ってない部屋に移動して、そのままになってしまいます。今日は、これらの不要品をリサイクル業者に引き取って貰うことにしました。
 市内にあるリサイクル業者のところへパソコン本体、ディスプレイ、DVDプレイヤー、キーボードなどを持ち込みました。買い取りもするようですが、パソコン類は買い取ってくれません。どれも古いものばかりですが、正常に稼動します。
画像14(廃棄したパソコン等)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

白菜の種まき2017年08月06日 18時05分

[白菜] ブログ村キーワード

*********** ブーゲンビリア ***********
 真夏の暑さが戻ってきました。
 朝から気温が上がり、昼を過ぎから雨雲が広がって、午後になると土砂降りのにわか雨に変わっています。雨は一時的で数十分で上がり、再び強い西日が射してきます。おかげで畑や庭に水やりをしなくて済んでします。
 ブーゲンビリアが元気を取り戻し、新芽が伸び赤いガクがいくつも見られるようになりました。
画像1(ブーゲンビリア)

*********** トンボ ***********
 トンボが畑にやって来ています。
 今日見かけたトンボは、羽の帯状の模様から”コフキトンボ”ではないかと思います。サツマイモの処に立てた竹の棒に止まっていたところを撮影しました。
画像2(トンボ)

画像3(トンボ)

*********** カボチャとユウガオ ***********
 カボチャとユウガオの蔓が広がっています。歯が白くなり、やがて枯れて行きます。うどんこ病に罹っています。ツルの先の方の新しい葉は緑色をしています。
画像4(南瓜の畑)

 山芋を植えてあるタワー状の桶の周りにまで蔓が伸び、山芋の蔓と上の方で絡まっています。
画像5(南瓜の畑)

 早くから実をつけていた雪化粧は、大きくなってヘタに繋がる軸が茶色くなっています。
画像6(南瓜「雪化粧」)

 収穫しても食べきれないですが、畑に放置するのももったいないので、カボチャ3個とユウガオ1個を収穫しました。
 カボチャは果皮が白い”雪化粧”と緑の”栗えびす”です。ユウガオは長さが50センチになっていました。
画像7(収穫したカボチャとユウガオ)

*********** 白菜の種まき ***********
 白菜の種まきをしました。今年は、85日型の「金将二号」と60日型の「耐病白菜(黄芯)」です。
画像8(白菜の種袋)

 毎年作りすぎて、捨ててしまうことがあったので、今年は「金将二号」「と「耐病白菜」をそれぞれ10苗作ることにしました。
 白菜は鍋の食材として使ったり、漬け物にしたりします。早生の白菜は早ければ11月上旬頃に収穫出来、例年、白菜漬けを作っています。白菜漬けは、最初の頃はよく食べますが、次第に飽きてくるので、年を越してから白菜を漬けることは少ないです。2月頃まで畑に残っていて、結局捨ててしまうことが多いです。
 下の画像の左側3列は葉ボタンの苗です。自家採種したものです。発芽は良かったのですが、間引き後に虫に食べられ、ひ弱な苗になってしまいました。
画像9(白菜の種を蒔いたポット)

*********** ニンジンの発芽 ***********
 今朝、ニンジンが発芽しているのに気がつきました。発芽していたのは時なし五寸ニンジンです。ベータリッチは種にコーティングが施されているためか、まだ、発芽していません。先月末の播種だったので、播種後6日目の発芽です。
画像10(ニンジンの発芽)

*********** 画像編集ソフト ***********
 昨日、ブログ更新で使っているソフトを紹介しました。その中の一つのソフトについて少し詳しく紹介したいと思います。
 新聞記事などをデジカメで撮影すると、四角形が台形のようになったりして、文字が読みづらくなります。カメラを固定して接写すれば良いのですが、手持ちで気軽に撮るため、ある程度画像がゆがむのは仕方がありません。
 このような画像の歪みを修整し、文字を読みやすくするソフトが「ピタッと四角2」(SOURCENEXTの製品)です。
 操作は簡単です。まず、ソフトを起動し、画像ファイルをドラッグ&ドロップします。歪みの修整するためのガイドラインが画像の上に表示されるとので、その四隅のマークを切り抜きたい位置までマウスでドラッグします。ガイドラインで切り抜きたい枠が決まれば、下の「切り抜く」と書かれたボタンをクリックします。歪んでいた画像が長方形の整った画像になります。この後、文字を鮮明にするため、画面の上にある「文字を見やすくする」と書かれたボタンをクリックします。最後に修正出来た画像を保存します。
画像11(画像編集ソフト「ピタリ四角2」)

*********** 朝日新聞「天声人語」 ***********

画像12(天声人語)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

畑の準備2017年07月27日 17時23分

[サツマイモ] ブログ村キーワード

*********** ハイビスカス ***********
 昨日の気温低下から一変、再び夏の暑さに戻りました。陽差しが強いですが、空気は少しひんやりしています。
 ハイビスカスの赤色とピンク色がそれぞれ2輪咲いています。
画像1(ハイビスカス)

画像2(ハイビスカス)

*********** フレンチ・マリーゴールド ***********
 ポット蒔きの苗のフレンチマリーゴールドです。畝の端に3苗植えました。現在は、脇枝が幾本も伸びて1株のように見えます。咲き終わった花殻は落花したり、小さくなっているので、いつも多くの花が咲いているように見えます。
画像3(フレンチマリーゴールド)

*********** 畑の準備 ***********
 苦土石灰を入れて耕してから一週間以上経ちました。昨日までの2日間、雨が降ったりしていたため、次の作業が出来ませんでした。
 今日は久し振りに晴れたので、堆肥を入れて畝作りをしました。
画像4(堆肥入れ)

画像5(耕耘)

 幅が狭いので、この場所に2畝作るのは諦めました。両側に何も植えていなければ2畝にしても作業が出来ますが、片側には里芋やサツマイモが植えてあり、反対側にはマリーゴールドがあるので、畝間をある程度取らなければ作業をしにくいです。
画像6(畝立て準備)

 1畝にしましたが、それでも隣との畝間が狭いので、畝が崩れないように単管を畝の周りに置きました。マリーゴールドのある側に、今後、畝を作る予定があるので、畝幅は若干狭く、50センチです。ここにニンジンを2条植えにするつもりです。
画像7(畝立て完了)

*********** サツマイモの蔓返し ***********
 新しく作った畝の西側にサツマイモが植えてあります。ツマイモの蔓が広がっていたので、蔓返しをして、周りに紐を張っておきました。蔓は、まだまだ伸び続けます。今後も蔓返しを行って、サツマイモの畝の上に蔓を重ねて行きます。
画像8(サツマイモの蔓返し)

*********** 梅の土用干し ***********
 先月末、梅を漬けてから1ヶ月が経ちました。梅を取り出し、天日に当てました。土用干しと言うそうです。梅干し作りは家内の担当なので、どのような手順で作っているのか、よく分かりません。梅の軸を取ったり、果皮に爪楊枝を突き刺して穴を空けたり、水にさらしたり、出来上がるまでには、結構手が掛かっているようです。
画像9(梅の土用干し)

*********** キジバトの営巣 ***********
 キジバトの夫婦がハナミズキの枝に巣を作っています。朝庭に出ると、巣の中に一羽だけとまっています。もう一羽は隣の家の電柱にいます。時々、巣の方へやって来て、暫く経つと飛び立って行きます。巣はまだ完全ではなく、小枝をくちばしに挟んで巣のところへ運んでいます。
画像10(キジバト)

 朝の10時頃までは巣のところにいますが、日中は2羽ともどこかへ行って、巣は空き家になっています。
画像11(キジバト)

*********** 新調したディスプレイ ***********
 一昨日、使っていたディスプレイの1台が電源が切れたり入ったりを繰り返すようになりました。以前から同じような症状があったのですが、騙し騙し使っていました。故障したディスプレイは17インチで20年以上前に買ったものです。(下の画像の下の段左側)
 一昨日夜、amazonで見つけたDELLの27インチディスプレイ(定価2万5千円)がタイムセールで安くなっていました。amazonの表示価格は数量限定タイムセールで1万7千円でしたが、注文ボタンをクリックしてカート内を見ると購入価格が1万5千円になっていました。これは買い時だと、早速、注文を確定しました。ちなみに現在の価格を見てみると2万円に戻っていました。
 この製品スペックは、
 :IPS高視野角パネル、フリッカーフリー搭載、27インチ大画面液晶
 画面サイズ/パネルタイプ:27インチ/IPS ノングレア
 解像度:1920×1080
 輝度:300cd/m2、コントラスト比:1,000~8,000,000:1
 応答速度:6ms (GtoG)
 入出力端子:HDMI1.4、VGA
 付属品:電源ケーブル,VGA
です。
 従来使っていた2台のディスプレイは、どちらも17インチでした。27インチのディスプレイが届き、右側に27インチ、左側に17インチを配置しました。左側の17インチにアイコンを並べ、右側の27インチにWINDOWを開いて作業をするようにしました。画面が広くなったため、文字が大きく表示されるので、視力が落ちてきた私には使いやすいです。
画像12(ディスプレイ)

*********** 朝日新聞「天声人語」 ***********
 歴代のアメリカ大統領と異なるトランプは、品位に欠け、民主主義を踏みにじる言動が多いです。このトランプに負けず劣らず、Abeも品位のない政治屋です。政治家の言葉は、非常に重みがあり、責任を伴うものですが、Abeをはじめ、各大臣や官僚の言葉は無責任で、軽るすぎます。
画像13(朝日新聞「天声人語」)

*********** 朝日新聞「折々のことば」 ***********

画像14(朝日新聞「折々のことば」)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

サトイモとショウガ2017年05月01日 15時20分

[ショウガ] ブログ村キーワード

*********** サトイモ ***********
 注文してあったサトイモが先日届きました。
 石川早生1kgです。種芋にしようと地中保存してあったサトイモが溶けてしまったので、急遽、注文したサトイモです。
画像1(サトイモ)

*********** 種ショウガ ***********
 ショウガは里芋と一緒に植えると土が乾かなくて良いそうです。
 昨年収穫したショウガを湿らせた新聞紙に包んで発泡スチロールの箱に入れて保存していました。1月頃に、一度開けて調べたときには、全く問題が無かったのですが、今日、開けて調べると、ショウガがスカスカで皮だけになっていました。種ショウガとして使うため、かなり多く保存していましたが、全滅でした。
 予定していた種ショウガが使えなくなったので、昨年と同じように、近くのスーパーへ行って買ってくるつもりです。
画像2(保存していた種ショウガ)

*********** 近所の葬式 ***********
 昨日から、隣組の葬儀の手伝いをしています。今日は告別式です。15世帯のうち、今日手伝いが出来るのは7名でした。連休の中日で、若い人たちが休みを取りにくいようです。80代、70代、60代の老人で帳場をやりました。
 通夜に比べると、弔問に訪れる人が極端に少ないです。帳場も比較的余裕があり、故人の生前の写真などを見たりていました。生前、カメラが趣味だったようで、古いカメラが展示されていました。
画像3(故人が愛用していたカメラ)

 一眼レフカメラ数台の他に、マミヤの2眼レフカメラも展示されていました。
画像4(MAMIYA C330)

 67判のカメラRZ67もありました。
 現在はデジタルカメラが主流で、フィルムのカメラを見かけることが少なくなっています。
画像5(MAMIYA RZ67)

 大事に保管してあったようで、ボディが綺麗です。親族の方の話によると、防湿のガラス箱に入れ、床の間に保管してあったそうです。
 私も20代の頃からカメラを趣味としています。ミノルタの一眼レフカメラを3台持っています。交換レンズも数本あります。押し入れに無造作に置いているので、レンズにカビが発生したり、ボディに埃が溜まっていたりして、使いものになりません。

 告別式は予定通りすすみ、帳場の仕事も無事終えて、午後2時過ぎに家に帰ってきました。
画像6(MAMIYA RZ67)

*********** 朝日新聞の記事 ***********
 昨日の朝日新聞に載っていた記事です。
 井上雅博氏は大学の後輩にあたります。面識はありませんが、彼の経歴を見ると、大学卒業後に株式会社ソード(後にソード電算機システムに社名変更)に入社しています。ソードはベンチャー企業の先駆けで、”当時OSの概念すらなかった8Bitパソコンにおいて、任意のコマンドの組み合わせにより、独自のOSを構築する機能を有していた。(wikipediaから引用)”
 1970年代から1980年代にかけて、山梨県の県立高校に校務処理用のコンピュータを導入する計画がありました。この計画は「ハイ・ユース・プラン」といい、まだ若かった孫正義氏などの知恵を借りて策定された計画です。まず、県立高校に1台導入し、その後、学習用のパソコンの導入や情報教育センターの設立、一校2名の情報教育指導者の育成など、長期にわたる情報教育推進のプランでした。
 1校1台のコンピュータの導入では、当時、NECのPC9800シリーズがパーソナルコンピュータとして多くの人が使っていましたが、選定をした私の先輩達が、ソードのコンピュータが多量データ処理には適しているとして決定しました。当時、学区制を敷いていた山梨県では、甲府地区5校の総合選抜試験の処理をコンピュータで行えるかどうかが、選定基準になっていました。汎用コンピュータが主流の時期にパソコンで処理しようということです。約2千人の入試処理になるので、NECの98シリーズでは全く不可能です。いろいろ調べた結果、設立したばかりのソードのコンピュータに処理能力があることが分かりました。
 山梨県の県立高校に5年計画でソードのコンピュータが順次導入されました。ソードも山梨県の動向に対応して、甲府に営業所を設けたり、改善されたOSが開発されると、真っ先に各校に提供したり、様々な面で協力して頂きました。
 ソードのコンピュータを導入することになった当時、何故、NECでなくてソードなのかと不満を言う教員が多くいました。しかし、ソードのコンピュータを使ってみると、プログラムを組む上で、メモリの容量や処理スピードが、他のメーカーのコンピュータよりも優れていました。
 このコンピュータを使って、校内の成績処理は勿論のこと、健康診断、生徒保護者名簿、入試処理等々、入学前から卒業までの生徒データを一元管理出来るシステム(学籍管理システム)を、学校を越えて集まった十数名の教員のボランティア集団が開発しました。私もそのメンバーの一人として開発に携わりました。
 昨日の新聞記事を読んで、交通事故死をした井上雅博氏がヤフーの創業者の一人であることもさることながら、ベンチャー企業のソードで活躍されていたことを知って、昔のことを思い出してしまいました。
画像7(ヤフー創業者の一人 井上雅博氏事故死の記事)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ