< div class="fb-quote">

夏野菜の苗の成長2017年04月09日 16時50分

[トマト] ブログ村キーワード

*********** ユキヤナギ ***********
 丸2日、家を空けている間に、草花や畑の野菜、夏野菜のポット苗など、一回り大きくなっています。毎日眺めていると気がつかないですが、花も野菜も、いつもと違って見えます。
 出かける前は、チラホラと咲いていたユキヤナギでしたが、今朝は多くの花が咲いていて、名前通りの雪のようです。
画像1(ユキヤナギ)

 現在咲いているのは南側に面したところだけで、北側は蕾の状態です。北側が咲くと電車からも眺めることが出来ます。
画像2(ユキヤナギ)

画像3(ユキヤナギ)

*********** ムスリカ ***********
 ムスカリも出かける前には咲いていませんでした。丈夫な草花で、どこにでも顔を出してきます。ムスカリとハナニラを同じ花壇に植えておくと、ムスカリの青紫とハナニラの白のコントラストがイイです。
画像14(ムスリカ)

*********** ポット苗の成長 ***********
 出かける前にたっぷり水やりをして、2階の室内温室の中に入れておきました。保温用の電気マットの電源は安全のためと土が乾きすぎないようにするため切っておきました。
 この2日間に、後から蒔いたキュウリ台木用の「黒だね南瓜」、「ユウガオ」が発芽していました。
 下の画像はカボチャと落花生のポット苗です。どちらも茎を伸ばし葉が大きくなっています。畑に定植出来るほどの大きな苗です。畑に出すには、まだ、外の気温が低いので無理です。もう少しポットの状態で世話をしなければなりません。
画像7(カボチャ・落花生)

 こちらはキュウリと茄子です。
 キュウリの呼び接ぎは4本残っていますが、まだ、不完全な状態です。穂木用の苗は何本かあるので、台木用の苗が出来上がれば、呼び接ぎの再挑戦をします。
 茄子の方は、挿し接ぎが上手くいっているようで、定植用の苗は十分確保出来ています。台木の本葉一枚を残して子葉の上で真横にカットして茎に穂木を差し込んだだけです。今日の段階では、穂木がしっかりと台木の茎に留まっていて、穂木に新しい葉が出てきています。同時に、台木の脇から新しい芽が伸びていたので切り落としておきました。、
画像8(キュウリ・茄子)

 トマトの接ぎ木も順調です。ただ、若干徒長気味なので、一回り大きなポットに植え替えをしておくつもりです。
画像9(トマト)

 今回の接ぎ木で最も成功率が高かったのがピーマンです。ピーマンだけでなくシシトウやパプリカも接ぎ木をしました。ピーマン類は接ぎ木をしなくても十分育つと聞いていますが、昨年、1株が青枯れ病に罹ってしまいました。細菌による病気で薬剤での根治が出来ないそうです。周りの株に広がらないようにするため根も一緒に取り除いてしまいます。接ぎ木をすることで苗自体が丈夫になり、病気に罹りにくくなるのではと思っています。
画像10(ピーマン・パプリカ・シシトウ)

 今年はハ-ブ類もポットで栽培しました。ルッコラ、コリアンダー、コーンサラダとマリーゴールドです。ハーブ類は低温でも育つと思うので、畑の隅に植え付けても良いのですが、夏野菜の植え付けが終わらなければ場所を決めることが出来ません。しばらくポットの状態で育て続けます。
画像11(ハーブ)

 朝一番の仕事は、育苗トレイを2階から1階のリビング前のサンルームに移動させることです。接ぎ木をしたので4往復で済みます。接ぎ木前は6往復でした。
 トレイを置いているすぐ隣で、我が家の老猫が寝ています。今日のような曇り空でも、部屋の中よりサンルームの中の方が暖かいです。老猫なのでポットの苗には興味を示しません。若い猫だとポット苗に悪戯すると思いますが、全く関心を示さないので、安心して置いています。
画像15(猫)

*********** 畑の野菜の成長 ***********
 畑の野菜も、この2日間で様変わりしていました。
 冬菜に蕾がつき始めています。寒さが続いた後、急激に気温が上がり、それが数日続いているのでトウ立ちを始めたようです。
画像5(冬菜)

 ツボミの付いた茎を収穫し、脇芽が出るようにしました。冬菜のトウ立ちが4月上旬に始まるのは珍しいです。
画像6(冬菜)

 玉ねぎの畝の端の空いていたところにニンニクを植えています。玉ねぎの植え付け後で時期が遅かったため葉が小さく高さもありません。我が家のあたりでは9月中旬から下旬頃にニンニクの植え付けをします。昨年は1ヶ月遅れの10月下旬に植え付けました。
画像12(ニンニク)

 今年になって種を蒔いた長ネギです。覆っていたビニールシートや新聞紙を外してあります。陽に当たるようになって苗が伸びてきました。
 ネギを種から収穫まで通して育てたことがないので、このあとどうすれば良いのか調べて見ます。
画像13(ネギ)

*********** ミニヒマワリ苗の移植 ***********
 ハーブの種を蒔いたときに、ミニヒマワリの種も蒔きました。早生のミニヒマワリと種袋に書いてありました。まだ子葉が出ているだけで本葉が見えませんが、ポットからプランターに移植しました。このまま戸外に置くのは心配なので、庭の温室の中に入れてました。もう少し暖かくなるのを待って、戸外に出します。
画像4(早生ミニヒマワリ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

サトイモの試し掘り2016年10月28日 16時06分

[サトイモ] ブログ村キーワード

*********** 菊 ***********
 午前中は曇り空、昼頃から雨雲空を覆い雨が降り出してきました。
 庭に地植えしてある菊が咲いています。この菊は鉢植えにして丸い球形に出来るはずなんですが、これまで一度も成功していません。冬至芽を鉢植えして、6月・7月に何度か剪定し花芽を増やしています。玉菊にならないのは、多分、脇から出てくる枝を残しているためではないかと思っています。
画像1(菊)

*********** メダカ ***********
 メダカを大きめのポリバケツで飼っています。
 本来の目的はメダカを飼うことではなく、大賀蓮をを栽培するためでした。大きめのポリバケツに、黒土や腐葉土、赤玉土などを混ぜた培養土を底に入れ、大賀蓮の種を蒔いて芽を出させました。小さな浮き葉がでるまでは育ったのですが、その後、葉が枯れて消えてしまいました。その時、蚊の発生を抑えるためメダカを入れたのが始まりです。
画像2(メダカ)

 メダカは一時期、40~50匹に増えましたが、現在は10匹ほどになっています。メダカを飼い始めて3年半になります。この間、ポリバケツは、一年中、戸外に置いています。真冬に水面が凍っていることもありますが、春になって暖かくなると、メダカは元気に泳いでいます。冬の間、底の方で冬眠状態になっているようです。
画像3(メダカ)

*********** サトイモの試し掘り ***********
 里芋の葉が少し茶色くなってきました。サトイモも、ショウガと同じく、暖かい地方の野菜なので、成長が止まる頃かと思います。
画像4(サトイモの畝)

 サトイモの畝の続きにブロッコリーを植えているので、ブロッコリーに陽が当たるようにするため、横のサトイモを一株掘り出すことにしました。
画像5(掘り出すため葉を刈り取ったサトイモ)

 葉を刈り取って、株の周りにスコップを入れて掘り出しました。子芋がたくさん付いています。収穫のこの瞬間が、野菜作りをしていて、一番楽しいです。
画像6(掘り出したサトイモ)

 子イモを親芋から外し、根を切り取りました。子イモが小さいので残念ですが数は多いです。
画像7(サトイモの親芋と子芋)

 一度に、全部は食べられないので、半分だけ土を落とし、水をかけながら、たわしで洗いました。今晩はサトイモの煮物が食卓に並ぶことになりそうです。時間をかけてコトコト煮た親芋は、子イモとはひと味違った美味さがあり、私の好物です。
 残りのサトイモは土がついた状態で、ショウガと同じように濡れた新聞紙に包んでおきました。ショウガは地中に埋めて保存しませんが、サトイモは地中保存を毎年しています。畑に里芋を全部掘り出したときに、地中保存をする予定です。
画像8(水で洗った里芋)

*********** ほうれん草の発芽 ***********
 2回目播種のほうれん草が発芽を始めました。
画像9(ほうれん草の畝)

画像10(発芽したほうれん草)

画像11(冬菜)

*********** 玉ねぎ ***********
 植え付けた玉ねぎの葉が切られています。ヨトウムシやネキリムシの仕業です。
画像12(玉ねぎ)

 根元から切られた玉ねぎ苗は、成長点が切られてしまっているので、これから先成長することはなく、植え替える必要があります。予備苗があるので植え替えをしますが、再び、切られてしまうこともあるので、薬剤を撒いた方が良さそうです。
画像13(玉ねぎ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

雨の一日2016年09月13日 15時55分

[ネコ] ブログ村キーワード

*********** 和ラン ***********
 朝から雨が降り続いています。午前中、一時、雨脚が強くなりました。午後になって小雨に変わっています。
 少し地味な色合いの和ランが咲きました。
 花茎が3本伸びて蕾がそれぞれについていましたが、戸外に出した途端、アメリカシロヒトリに1本食べられてしまいました。残った2本のうち1本も一部蕾が無くなっていました。

 この和ランは、数年前、笛吹市塩山のラン専門に栽培している方のところへ行った際にいただいてきました。ランは一般に育てにくいですが、このランは、冬場、室内に入れるだけで、ほとんど世話をしていません。
 名前が分からないので、我が家では”和ラン”と呼んでいます。
画像1(和ラン)

*********** 水滴 ***********
 一眼レフカメラを買ってから、カメラの操作に慣れるためにいろいろな場面で撮っています。カメラは絞り、シャッタースピードの組み合わせにより、幾通りもの撮影が出来ます。ほとんどのカメラが、ピント合わせを含め、センサーでこれらの値を読み取り自動で設定してくれるので、スナップ写真を撮るだけなら、カメラに任せれば失敗することはありません。
 一眼レフカメラを買ったので、マニュアルでの撮影をすることが多いです。フィルムカメラと違って、その場で画像を確かめることが出来き、失敗した画像は削除も出来るので、便利になった反面、写真の撮り方が安易になってしまいがちです。
画像2(水滴)

*********** ネコの顔を洗う ***********
 いつものように新聞を読んで、朝食を食べた後、洗面所で歯を磨いていました。そこへ家内がやって来て、”ミーちゃんの顔を洗う”と云いながら洗面器に湯をためていました。”ミーちゃん”とは、我が家の老猫の”みなみ”のことです。
 人間でいえば80歳を過ぎたネコです。最近、目の周りに目やにがついていて、特に、朝は目やにが乾いてカサカサになっています。ネコだけでなく、人間も年を取ると涙腺が緩むのか目やにが付きやすいです。
 家内は、テーブルの上にお湯を入れた洗面器を置いて、ネコをだっこしながら目の周りを洗ってやっています。ネコの方はなされるまま大人しくしています。顔洗いが終わると、手(前足)をお湯の中に入れて洗っていますが、肉球や爪の間などをゴシゴシ洗っていても、嫌がって暴れることがありません。家内との信頼関係が出来上がっているためで、私が同じことをしても、多分、大人しくやらせてはくれないと思います。極端に狭いことを”ネコの額”といいますが、少ない脳みそでも、自分の味方が誰なのか分かっているようです。
画像3(猫)

 昔から、”猫が顔を洗うと雨が降る”と云われています。これは迷信ではなく、根拠のあることだということを聞いたことがあります。ネコには長いヒゲがあり、このヒゲがセンサーの役目をして危険を察知したり、風の向きや湿度を感じ取ったりしています。雨が降る前は湿度が上がり、猫のヒゲが湿気で重くなり、センサーの感度が鈍るので、前足で顔、つまりヒゲについた湿気を落としているということだそうです。
画像4(猫)

*********** インゲン ***********
 2回目播種のインゲンです。1回目播種のインゲンはすでに片付けてしまい、現在、2回目播種のインゲンが収穫時期を迎えました。
 第3弾の、3回目播種のインゲンもツルが伸び花が咲き始めているので、これから先10月始め頃まで連続して収穫が出来そうです。
画像5(畑)

画像6(インゲンの棚)

画像7(インゲンとゴーヤ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

今年の最高気温?2016年08月09日 16時14分

[ネコ] ブログ村キーワード

*********** バラとアサガオ ***********
 バラの花が咲くと、しばらくしてコガネムシが花の中に入り込んでいます。そのため、折角咲いた花も花弁が落ちてしまったり、花の形が悪くなったりします。
画像1(バラ)

 アサガオの蔓が伸びすぎて支柱の上まで達しています。花は下の方から順に咲くので、次第に花の位置が上に移って行きます。
 朝のうちから気温が上がり、アサガオの葉は萎れていました。
画像2(アサガオ)

*********** 体温を超える気温 ***********
 今日は今年一番の暑さかもしれません。朝の気温が22℃くらいでしたが、正午頃には体温を超える37℃まで上昇していました。風が吹いても涼しくならず熱風です。
 この暑さのため畑での作業をしないで、家の中で過ごしています。
画像3(今日の気温)

*********** ネコ ***********
 我が家には老猫が一匹います。18年前に次男が道路わきに捨てられていた子猫を家に連れてきました。家に来た時には瀕死の状態で獣医に診せたところ明日まで命が持つかどうかだと言われました。推定で生後一か月くらいたっていた猫です。猫用のミルクを与えたりして、何とか命は助かりました。
 生き物を飼っても、やがて飼い主よりも先に死を迎えることが多いので、私としては賛成できませんでしたが、家内は猫好きであり、子供たちも飼いたいというので、しぶしぶ飼うことを許しました。
 飼い始めて18年経ち、人間の年齢でいえば88歳くらいです。最近は動き回ることが少なくなり、一日中寝ています。朝、エサを与えるときだけは最も活発です。家の中で飼っている猫ですが、朝だけは外に出たがります。外に出ても敷地の中を歩き回る程度で、5分も経てば家の中に戻ってきます。
画像4(みなみ)

 警戒心が強いです。外に出た時には、耳をピンと立てて頭を低くして歩いています。遠くで雷が鳴ると匍匐前進をしながら、戸棚の中などに逃げ込んでしまいます。
 老化のため目やにが出たり、肉付きが悪くなり食べても太りません。前足が外側に広がっていて、ジャンプして高いところへ上がることもできなくなりました。食欲も減退していて、エサを残すことが多くなりました。朝だけは食欲旺盛でガツガツ食べます。ただし、その後、吐いてしまうことが多いです。そのため朝は少しずつエサを与えて時間をかけて食べさせています。
画像5(みなみ)




ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ