白菜の種まき2017年08月06日 18時05分

[白菜] ブログ村キーワード

*********** ブーゲンビリア ***********
 真夏の暑さが戻ってきました。
 朝から気温が上がり、昼を過ぎから雨雲が広がって、午後になると土砂降りのにわか雨に変わっています。雨は一時的で数十分で上がり、再び強い西日が射してきます。おかげで畑や庭に水やりをしなくて済んでします。
 ブーゲンビリアが元気を取り戻し、新芽が伸び赤いガクがいくつも見られるようになりました。
画像1(ブーゲンビリア)

*********** トンボ ***********
 トンボが畑にやって来ています。
 今日見かけたトンボは、羽の帯状の模様から”コフキトンボ”ではないかと思います。サツマイモの処に立てた竹の棒に止まっていたところを撮影しました。
画像2(トンボ)

画像3(トンボ)

*********** カボチャとユウガオ ***********
 カボチャとユウガオの蔓が広がっています。歯が白くなり、やがて枯れて行きます。うどんこ病に罹っています。ツルの先の方の新しい葉は緑色をしています。
画像4(南瓜の畑)

 山芋を植えてあるタワー状の桶の周りにまで蔓が伸び、山芋の蔓と上の方で絡まっています。
画像5(南瓜の畑)

 早くから実をつけていた雪化粧は、大きくなってヘタに繋がる軸が茶色くなっています。
画像6(南瓜「雪化粧」)

 収穫しても食べきれないですが、畑に放置するのももったいないので、カボチャ3個とユウガオ1個を収穫しました。
 カボチャは果皮が白い”雪化粧”と緑の”栗えびす”です。ユウガオは長さが50センチになっていました。
画像7(収穫したカボチャとユウガオ)

*********** 白菜の種まき ***********
 白菜の種まきをしました。今年は、85日型の「金将二号」と60日型の「耐病白菜(黄芯)」です。
画像8(白菜の種袋)

 毎年作りすぎて、捨ててしまうことがあったので、今年は「金将二号」「と「耐病白菜」をそれぞれ10苗作ることにしました。
 白菜は鍋の食材として使ったり、漬け物にしたりします。早生の白菜は早ければ11月上旬頃に収穫出来、例年、白菜漬けを作っています。白菜漬けは、最初の頃はよく食べますが、次第に飽きてくるので、年を越してから白菜を漬けることは少ないです。2月頃まで畑に残っていて、結局捨ててしまうことが多いです。
 下の画像の左側3列は葉ボタンの苗です。自家採種したものです。発芽は良かったのですが、間引き後に虫に食べられ、ひ弱な苗になってしまいました。
画像9(白菜の種を蒔いたポット)

*********** ニンジンの発芽 ***********
 今朝、ニンジンが発芽しているのに気がつきました。発芽していたのは時なし五寸ニンジンです。ベータリッチは種にコーティングが施されているためか、まだ、発芽していません。先月末の播種だったので、播種後6日目の発芽です。
画像10(ニンジンの発芽)

*********** 画像編集ソフト ***********
 昨日、ブログ更新で使っているソフトを紹介しました。その中の一つのソフトについて少し詳しく紹介したいと思います。
 新聞記事などをデジカメで撮影すると、四角形が台形のようになったりして、文字が読みづらくなります。カメラを固定して接写すれば良いのですが、手持ちで気軽に撮るため、ある程度画像がゆがむのは仕方がありません。
 このような画像の歪みを修整し、文字を読みやすくするソフトが「ピタッと四角2」(SOURCENEXTの製品)です。
 操作は簡単です。まず、ソフトを起動し、画像ファイルをドラッグ&ドロップします。歪みの修整するためのガイドラインが画像の上に表示されるとので、その四隅のマークを切り抜きたい位置までマウスでドラッグします。ガイドラインで切り抜きたい枠が決まれば、下の「切り抜く」と書かれたボタンをクリックします。歪んでいた画像が長方形の整った画像になります。この後、文字を鮮明にするため、画面の上にある「文字を見やすくする」と書かれたボタンをクリックします。最後に修正出来た画像を保存します。
画像11(画像編集ソフト「ピタリ四角2」)

*********** 朝日新聞「天声人語」 ***********

画像12(天声人語)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ