< div class="fb-quote">

サボテンの植え替え2017年03月16日 17時29分

[サボテン] ブログ村キーワード

*********** サボテンの植え替え ***********
 サボテンは数年に一回、植え替えをしています。
 サボテン用の培養土がありますが、私は専用の培養土を使わず、自己流です。古い土に新しい土(今年は種まき用の培養土を使いました)を混ぜでいます。サボテンは水はけを良くするため赤玉土や鹿沼土を少し入れています。
画像1(サボテンの植え替え)

 鉢から取り出すと、根が鉢の内側までビッシリと伸びています。古い根を欠き取り、根に付いた土を全て落とします。根は元の半分以下になりますが、植え替えをすれば新しい根が再び伸びてきます。
画像2(サボテンの植え替え)

 サボテンに興味を持ち始めたのは小学校5年生くらいだったかと思います。当時、近所の庭先にあるサボテンを見つけて、家の方にお願いしてサボテンの子供を分けていただきました。住んでいた町内だけでなく、他の町まで行って、私が持っていないサボテンを見つけると、家の方に声をかけていただいていました。サボテンの子があれば、ほとんどのお宅で頂くことが出来ました。
 そのうち、珍しいサボテンが欲しくなり、サボテン専門の店のカタログを取り寄せました。子供の小遣いで買えるものばかりではなく、ただ、写真を眺めているだけでしたが、本屋さんで「サボテンの実生」という本を買ってきて、種から育てることを知りました。種なら採種も出来、また、安く買うことも出来ます。「サボテンの実生」に紹介されていた園芸店に手紙を書き、種を分けていただきました。
画像3(サボテンの植え替え)

 サボテンの実生には砂が欠かせません。中学2年の時臨海学校で、海の砂を持って帰りました。一人では少なすぎるので、友達にも訳を話して砂をバッグに入れて持ち帰ってもらいました。海の砂なので塩分を含んでいます。砂に真水を入れて何度も洗ったり、砂を入れた水を煮立たせたりして塩分を取り除きました。
画像4(サボテンの植え替え)

 砂を素焼きの小さな植木鉢に入れ、その上にサボテンの種を蒔き、ほんの少しだけ種の上から砂をかけます。植木鉢の上にはティッシュペーパー(当時はちり紙)を一枚載せて遮光し、植木鉢の下には鉢受けを置いて水を入れておきます。日向において、数日経つと小さなサボテンが出てきます。
画像5(サボテンの植え替え)

 サボテンを増やすため半分に切ったり、接ぎ木をしたり、花を咲かせたり、様々なことをやっていました。
 その後、サボテンの栽培を続けていますが、増やすとか新しくサボテンを購入するとかはしなくなりました。子供の頃、夢中になってやっていたのを懐かしく思い出しました。
画像6(サボテンの植え替え)

*********** 書箱の修理 ***********
 昨日、玄関ホールに置いてある書箱の扉が閉まらなくなったので調べて見ました。扉に付いている円形のマグネットが緩んでいるためだと分かりました。早速、マグネットの中心にある木ねじを締めて固定しました。しかし、これでも扉が閉まらず、自然に開いてしまいます。書箱の中には全集が入っていて、かなりの重さがあるため、書箱の上と下側で開きが出ていて、書箱側のマグネットと扉側のマグネットがぴったり合わなくなっているために締まらないようでした。
 扉を少し上側に上げるればマグネット同士が合うかと考え、扉に力を加えた途端、蝶番が壊れてしまいました。早速、購入するため蝶番を調べると、”ハイロジック アングル蝶番”であることが分かりました。”ハイロジック アングル蝶番”にもサイズがいくつかあり、同じサイズのものをAmazonで注文しました。
 今日の昼に注文した蝶番が届き、早速扉に取り付けました。
画像7(書箱の扉)

 扉の取り付けが出来たので、マグネットの位置を確かめて、元の穴に木ねじを入れ、マグネットを締め付けて固定しました。扉は少し緩めですがマグネットで閉まっています。
 扉が閉まらなかったのはマグネットの位置ではなく、蝶番を固定しているネジが緩んで、少しずれていたためかと思います。
画像8(書箱の扉)

 書箱の扉を取り付けるため、入っている書籍を取り出しました。40年近く前に買った写真集です。土門拳の写真集は3巻で1セット、当時のお金で6万8千円でした。こんな高価な本をよく買えたなと思います。
画像9(書箱)

 この書棚には新潮社の日本文学全集全64巻が入っています。毎月1巻発行されました。第1巻は大学1年か2年の頃ではなかったかと思います。それから5年4ヶ月、毎月買って、2,3日で読み切りました。明治から昭和までの作家の作品です。1作家、1巻なので64人の作家の作品を読んだことになります。
画像10(書箱)

 土門拳の写真は細部まで鮮明に映し出されていて迫力があります。私の好きな写真家の一人です。
 もう一つの写真集はLIFEに載った写真を集めたものです。”LIFE AT WAR”は目を背けたくなるような写真もありますが、戦争の残酷さをよく伝えています。”The Best of LIFE”は歴史の瞬間を切り取った貴重な写真が多く載っています。
画像11(土門拳自選写真集&LIFEアルバム集)

画像12(土門拳自選写真集初版本)

画像13(写真画像)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

草花の植え替え2017年03月13日 15時33分

[大文字草] ブログ村キーワード

*********** 水仙 ***********
 現在、庭にはクリスマスローズと水仙が咲いています。
 水仙は12月頃に咲くこともありました。今年は1月の雪で咲いていた水仙が折れてしまい、3月に入って、再び咲き始めました。別の場所にも水仙を植えています。そちらの方は芽が出てきているだけです。
画像1(水仙)

 昨日、近くの紅梅を見に行く途中、民家の庭先に咲いていた水仙です。この水仙は富士急行線の土手にたくさんあります。
画像2(水仙)

*********** オオイヌノフグリ ***********
 近所を散策していると、様々な花に出会います。雑草でもよく見ると可憐な花をつけています。
 オオイヌノフグリは淡いブルーの小さな花です。空き地に咲いていました。同じような名前のイヌノフグリは淡いピンク色の花です。牧野富太郎が命名しています。”フグリ”とは犬の陰嚢のことで、イヌノフグリの果実の形が似ているので、この名前が付いたそうです。ただ、オオイヌノフグリの方はハート型だそうです。
画像3(雑草オオイヌノフグリ)

画像4(雑草オオイヌノフグリ)

*********** 草花の植え替え ***********
 鉢植えの草花を一まわり大きな鉢に植え替えました。
画像5(植え替え)

 バラ「アイスバーグ」は挿し木したものです。蔓性のバラで、新しい蔓が次々と伸びてきます。秋の終わりに剪定をするだけでは十分でなく、途中、何度か蔓を切っています。新しく伸びた蔓を20センチほどの長さに切って土に挿しておくと発根します。
画像6(植え替えアイスバーグ)

 ローズマリーも植え替えをしました。ここ数年植え替えをしていないので、根が鉢の内側に張り付いていました。地植えにするか迷いましたが、大きくなりすぎても困るので、一まわり大きめの鉢に植えておきました。
画像7(植え替えローズマリー)

 山野草「大文字草」です。冬の間、休眠しているので、根鉢を崩さないようにして植え直しました。
画像8(植え替え大文字草)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ジャーマンアイリスの草取り2017年03月09日 16時03分

[ジャーマンアイリス] ブログ村キーワード

*********** クリスマスローズ ***********
 朝から快晴。風も弱く、穏やかな一日でした。
 日だまりのクリスマスローズが次々と咲いています。
 クリスマスローズは、交配させて違った色合いの花を作ることが出来ます。以前、濃い紫と白の花を交配させたことがあります。種が出来るところまでは良かったのですが採種が上手く行かず失敗しました。
画像1(クリスマスローズ)

画像2(クリスマスローズ)

画像3(クリスマスローズ)

*********** 北側石垣の補強と修復 ***********
 コンクリートを流し込んだ石垣の木枠を外しました。
 所々、空洞が出来ていたり、石垣の隙間が埋められていなかったりしているのでモルタルで埋めました。昨日まで使ったインスタントセメントは、砂利と砂が混じったものでした。今日は小さなすく間などを埋めるため、砂だけが入っているモルタルで、20kg使いました。石垣の上のコンクリートのひび割れしている箇所にもモルタルを入れて埋めておきました。
画像4(北側石垣の補強と修復)

 石垣の横には、昔、田んぼに馬を入れるための小道があります。人一人通ることが出来るくらいの狭い道です。
画像5(北側石垣の補強と修復)

*********** ジャーマンアイリスの草取り ***********
 午後から、畑の南側の草取りをしました。2日前に途中まで草取りをしたジャーマンアイリスを植えている場所です。
画像6(ジャーマンアイリスの草取り)

 2時間かけて畑の東側から西側までの草を取りました。
画像7(ジャーマンアイリスの草取り)

画像8(ジャーマンアイリスの草取り)

 西側には蕗を植えています。ジャーマンアイリスの間からフキノトウが出ていました。
画像9(フキノトウ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

石垣の補強と修復2017年03月08日 15時28分

[ピーマン] ブログ村キーワード

*********** ピーマンの再播種 ***********
 昨日の石垣修復作業をするため、午前中、近くのホームセンターへ行ってインスタントセメントを買ってきました。買い終えて種袋が並んでいる棚で”ピーマン”を見つけて、これも一緒に買ってきました。
 ピーマンの種を蒔いて2週間以上経っても芽が出てこないので、新たに蒔き直しをしました。

 キュウリの胚軸が伸びすぎていたので、一回り大きなポットに植え直しをしました。本葉が出てくるまでに、多分、もう一度くらい植え直しをしないと、しっかりした苗にならないだろうと思います。
 キュウリの台木用の種「黒だね南瓜」が発芽しません。5年前の種で古いためかと思います。昨年買った種も残っているので、もう一度種を蒔きました。
画像1(種袋ピーマン)

*********** 石垣の補強と修復 ***********
 今日は残りの石垣に生コンを流し込みました。全長3mで高さ40~50センチ、インスタントセメントは20kg×6袋で120kg使いました。昨日と合わせれば約300kgの生コンを入れたことになります。
画像2(石垣にコンクリート流し込み)

 明日は木枠を外して、石垣の上と下の隙間があるところを埋めて補修します。
画像3(石垣にコンクリート流し込み)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ