不要になったカメラ等をいただいた!!2017年12月14日 17時23分

[地デジチューナー] ブログ村キーワード

*********** 一眼レフカメラ ***********
 昨日、知人のIさんから使わなくなったカメラやビデオデッキなどをいただきました。
 一眼レフカメラのCanon EOS630です。Iさんが30年ほど前に山梨県高校野球連盟の役員をしていた時にカメラを買ったそうです。毎試合の記録を撮るのに必要だったと話していました。数年間使っただけで、その後はカメラバッグに入れて保管していたそうです。
 保存状態は良く、ボディーに傷もありません。長期間保管しているとレンズの中にカビが生えることがありますが、見た感じではカビもないようです。
 レンズはズームレンズEF35-105mm F3.5-4.5と同じくズームレンズEF100-300mm F5.6の2本です。望遠の交換レンズの方は野球の試合を撮影するために使ったようです。
 コンパクトカメラも1台ありました。富士フイルムのTERE CARDIAです。
 フィルムを使うカメラは、現在、デジタルが主流で全く使っていませんが、折角頂いたので動作確認だけでもしてみるためバッテリーを入れ替えて作動させてみました。AF(オートフォーカス)で焦点を合わせますが、若干レンズが焦点を合わせるため回転するときに、ぎこちない動きをしますが、何回か作動させていると次第にスムースに動くようになりました。
 私が持っているミノルタの一眼レフカメラ3台よりも新しく、保管しているだけではもったいないので、このカメラを使うかどうか考えたいと思っています。
画像1(貰ったカメラ)

画像2(一眼レフカメラ)

画像3(ズーム望遠レンズ)

画像4(富士フイルムTERE CARDIA)

*********** 地デジチューナー ***********
 カメラの他にビデオデッキと地デジチューナーもいただきました。
 アナログから地上デジタルに代わった頃に地デジチューナーを使っていたそうです。
 地デジチューナーはDXアンテナのDIR710という製品です。デジタルをアナログに変換して古いテレビに接続するための機器です。今はデジタルテレビなので不要ですが、何か使い道がないか検討しました。
 パソコンに接続して使えれば良いのですが、このまま接続することが出来ません。そこで、以前、ビデオテープをデジタル化するときに使っていたビデオキャプチャーをチューナーとパソコンの間に入れればパソコンでテレビを見ることが出来ることを思いつきました。早速、接続して試してみました。パソコンで表示するためのソフトはビデオキャプチャーに付属するLight Captureです。このソフトは、当然ですが録画も出来ます。
 デジタルチューナーでテレビを見ることが出来るようになり、ブログを書きながらテレビを見ています。
画像5(地デジチューナー)

画像6(ビデオキャプチャー)

画像7(パソコンとの接続図)

画像8(地デジ放送をパソコンに表示)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

大根の地中保存2017年12月12日 17時57分

[大根] ブログ村キーワード

*********** 北西の風 ***********
 朝から北西の風が吹いています。晴れていても気温が低いです。山陰、北陸、東北、北海道などでは吹雪になっているようですね。学生だった次男が十和田市に住んでいた頃、”雪が下から降ってくる”と言っていたのを思い出しました。


*********** 大根の地中保存 ***********
 スが入った大根が多いので、畑に植えてある大根の半分を収穫して、地中保存することにしました。
 大根の葉を全部落として、根首や一番外側の葉の中心に穴が空いていないか調べたりして、スが入っていないだろうと思われる大根を埋めることにしました。
 先日スナップエンドウやそら豆を移植した隣に穴を掘りました。30センチの深さまでは土が柔らかく掘るのが楽でしたが、その下は土が固く、大きな石もありました。このあたりの石はほとんどが溶岩です。
 深さ60~70センチまで掘り、大根を穴の中に並べ、土を半分ほどの深さまで埋め戻し、並べきれなかった聖護院大根2個を土の上に載せ、更に土をかけました。雨水が入り込まないように、周りよりも少し高くなるよう土を盛って、その上と周りに稲藁を掛けておきました。
画像1(大根の畝)

画像2(掘り出した大根)

画像3(大根を埋める穴掘り)

画像4(穴掘りで出てきた石)

画像5(穴掘り完了)

画像6(大根を配置)

画像7(半分埋める)

画像8(稲藁を掛ける)

画像9(畑に残った大根)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

大根に出来た空洞2017年12月11日 18時15分

[大根] ブログ村キーワード

*********** 大根に出来た空洞 ***********
 昨夜の風で大根を覆っていたシートがはがれていました。明日から寒気が流れ込んで来る予報なのでシートを直して、大根を収穫しました。
 先日採ったレタスは子どものところへ送ったので、レタスも収穫です。昼にサラダとして食べてみましたが、葉が少し固いです。
 知人のIさんに葉ボタンを届けるため、一緒に大根とニンジンも届けることにしました。
 これまで大根を何度か収穫しましたが、3本に1本ほどの割合で中に空洞が出来ていました。今日採った聖護院大根にも空洞が出来ていました。
 大根に空洞が出来きる原因は、
(1)収穫が遅れ、成長のピークを過ぎて大根が衰えて行く場合
(2)栽培の後半で高温の日が続き、蒸散量に対して吸水量が追い付かなかった場合
(3)株間を広く取り過ぎたり、肥料を多く与えすぎたり、土が柔らかすぎたりして、生育のスピードが速くなった場合
(4)収穫後、葉をつけたまま保存した場合(葉からの蒸散で水分が抜ける)
等々。
 大根の種を蒔いたとき、昨年まで2条、点蒔きにしていたのを、今年は1条で点蒔きにしました。株間も幾分広く取りました。大根にスが入った主な原因は、多分、原因の(1)と(3)ではないかと思います。畝に一筋にしたのは土寄せがしやすくするためでしたが、大根の成長を早めてしまったようです。
 大根にスが入っているかどうかを見分ける方法がネット上に載っていました。大根の一番外側の葉を、付け根から3センチほどのところを切って、切り口の中心部に穴が空いていたらスが入っている確率が高いそうです。スーパーなどで売られている大根も、葉が少し残った状態なら同じ方法でスが入っているかどうか確かめられます。
画像1(風ではがれたシート)

画像2(大根・ニンジン)

画像3(レタス)

画像4(空洞が出来た聖護院大根)

*********** 富士急行線を走る電車 ***********
 富士急行の電車はカラフルで種類が多いです。この他にも車体にイラストが書かれている電車なども走っています。
 上り電車の通勤時間帯にはJRの電車が乗り入れていて東京行きです。我が家の最寄り駅からだと2時間40分で東京駅に着きます。各駅停車なので時間がかかりますが、乗り換えなしで、座って行けます。
画像5(富士急行電車)

画像6(富士急行電車)

画像7(富士急行電車)

画像8(JR電車)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

庭の冬支度2017年12月10日 22時31分

[ユズ] ブログ村キーワード

*********** オンシジウム ***********
 11月はじめから室内に入れているオンシジウムが咲き始めました。
 室内に入れているラン科の花の中は、一番に花が咲き始めます。オンシジウムが咲き終わる頃になると、シンビジウムが咲き始め、冬の間、咲き続けてくれます。
画像1(オンシジウム)

*********** 庭の冬支度 ***********
 鉢植えのバラは、単管を組んだパイプの上に並べています。このパイプの下にはスノードロップなど、夏の間は地上に出てこない草花があります。
 鉢植えのバラを家の壁際に移し、単管を別の場所に移動させました。
 バラを置いていた場所がハナミズキの木の下だったので、枯れ葉が積もっています。
 庭に広がっていたメドーセージや菊を刈り取ってしまいました。ロウバイや花桃の木の下だったので落ち葉が多いです。
 枯れた山椒の木の周りの菊を刈り取っていたら、小さな山椒の木が幾本も伸びていました。今年、山椒の実を採り過ぎたためか枯れてしまいましたが、世代交代で、幼木が育っています。
 柚子が黄色くなってきました。
画像2(鉢植えのバラ)

画像3(壁際に移した鉢植えのバラ)

画像4(庭の落ち葉)

画像5(庭の落ち葉)

画像6(庭の落ち葉)

画像7(庭の落ち葉)

画像8(柚子)

*********** 朝日新聞「社説」 ***********
  自衛隊出身の佐藤正久外務副大臣(自民党)の就任にあたって決意表明
  「事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に努め、もって国民の負託に応える決意であります」
 自術隊員が人隊時に行う「服秘の宣誓」の一部を引用したもの

 憲法66条は「内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない」

画像9(社説)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ