< div class="fb-quote">

キュウリ・トマトの接ぎ木作業2017年03月27日 16時31分

[接ぎ木苗] ブログ村キーワード

*********** 今朝も雪でした ***********
 昨日の雪は、その日のうちにほとんどが解けてしまいましたが、今朝、畑や周りの風景が白一色になっていました。明け方に雪が降ったようです。昨日よりも多い積雪です。
画像1(雪の朝)

 一日曇り空になるかと半分あきらめていましたが、午後になって次第に青空が見え始めました。陽が当たると雪が消えてしまいます。
画像2(午後の晴れ間)

*********** キュウリの呼び接ぎ ***********
 戸外での作業をあきらめ、家の中で接ぎ木苗を作ることにしました。
 キュウリの呼び接ぎです。(昨日までのブログで”寄せ接ぎ”と表示していましたが、正式名称は”呼び接ぎ”です)
 本来は台木の本葉が出始めた頃に行うようです。その方が台木と穂木の茎があまり違わないので接ぎ木しやすいです。
 台木「黒ダネ南瓜」の子葉を残して本葉は全部切り取ってしまいます。
画像3(キュウリの台木と穂木苗)

 台木の子葉の下の茎を、上から斜め下に切れ込みを入れます。切れ込みの深さは茎の太さの半分くらいまでです。
画像4(キュウリの台木の切れ込み)

 穂木の方も子葉に出来るだけ近くの下に切れ込みを入れます。台木の切れ込みと合わせるため、台木とは逆に下から斜め上に切れ込みを入れます。切れ込みの深さは茎の太さの半分くらいまでですが、穂木の茎が細いので何本か切断してしまいました。
画像5(キュウリの穂木の切れ込み)

 台木と穂木の切れ込みを合わせてクリップで押さえます。台木が大きくなりすぎたため、クリップでの押さえがしっかり出来ません。接ぎ木する時期が遅すぎました。
画像6(穂木と台木の合わせ)

 台木と穂木をポットに植えて、水やりをして完了です。
画像7(キュウリの呼び接ぎ)

 呼び接ぎをした苗は10本です。接ぎ木が失敗したときのことも考えて、接ぎ木をしていないキュウリ苗を数本残しておきました。
 1週間から10日後、接ぎ木の様子を見ながら、穂木の接合部の下を茎の太さの半分くらいまで切れ込みを入れ、穂木が萎れないようなら完全に切断して根から切り離します。
 毎年、キュウリの呼び接ぎは失敗が多いので、今年の場合も多分、30%~40%の成功率だろうと思っています。
 キュウリは接ぎ木が成功しても接合部の面積が小さいので(穂木の茎と台木の茎の太さが違うため)、台木から穂木へ十分に養分が行かず、果実に曲がり果などを生じることがあります。
画像8(キュウリの呼び接ぎ苗)

*********** トマトの接ぎ木 ***********
 キュウリに引き続き、トマトも接ぎ木をしました。トマトもキュウリ同様、呼び接ぎが出来るようですが、私はピーマンと同じ方法で接ぎ木をしています。
 台木「Bバリア」の子葉の上の茎を斜めに切断、穂木は子葉の下を斜めに切断して、切断面どうしを合わせています。
 台木を斜めに切断した後、チューブを挿します。切断した穂木をチューブの上から挿し込んで、台木の切断面に合わせて完了です。
 大玉の「麗夏」、「桃太郎ゴールド」、「ルネッサンス」
 中玉の「シンディースイート」、「レッドオーレ」
 ミニの「アイコ」、「イエローアイコ」
各2本、合計10苗の接ぎ木をしました。
 トマトも接ぎ木が失敗したときの用心のため、それぞれ1、2本、接ぎ木をしないで残しています。
画像9(トマトの接ぎ木苗)

 接ぎ木を始めるとポットの数が半減します。室内温室の中も余裕が出てきました。
 まだ、茄子の接ぎ木を行っていません。茄子の台木がもう少し大きくならないと接ぎ木が出来ません。
画像10(室内温室の中)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

淡雪2017年03月26日 15時44分

[雪景色] ブログ村キーワード

*********** 雪になりました ***********
 昨日の天気予報では山間部で雪になるということでしたが、我が家のあたりは多分雨だろうと思っていました。朝起きて外が真っ白になっていて、雨ではなく雪が降っていて驚きました。
 ロウバイに積もった雪は湿っぽく、重そうです。
画像1(ロウバイの雪)

 ユキヤナギの花は咲きかけていたところでの雪です。咲くのが少し遅れそうです。
画像2(ユキヤナギの雪)

画像3(単管パイプの雪)

 今朝の畑は一面真っ白になっていました。
画像4(畑の雪)

 玉ねぎは雪に埋まって葉先だけが見えています。
画像5(玉ねぎの雪)

 午前中、一時、牡丹雪が激しく降っていました。次第に霙に変わり、午後には雨になっています。
 真っ白だった畑も、午後には雪が溶け、地面が見えてきました。ジャガイモの植え付けなど、畑の作業があるので、今季最後の雪であって欲しいと思います。
画像6(畑の雪)

*********** 落花生 ***********
 落花生の発芽は見ていて面白いです。最初に根が伸び、根が実を押し上げて土から出てきます。その後、実が二つに割れ、中から葉が伸びてきます。根が太く、しっかりした葉です。他の野菜の発芽と違って、ダイナミックで、強い生命力を感じます。
画像7(落花生)

*********** ピーマンの接ぎ木 ***********
 昨日、接ぎ木の試行をしました。今日はピーマンの接ぎ木をしてみました。
 ピーマンの台木「ベルホープ」は2月中に種を蒔き、1ヶ月ほど経っています。(画像左)
 ピーマンは今月始めに種を蒔いた苗です。(画像右)
 台木の方が少し大きいです。
画像8(ピーマンの接ぎ木)

 昨日のトマトと同じ接ぎ方です。台木の茎が、昨日のトマトの台木よりも太いので、チューブの中で切断面がしっかりと合っています。
 今日は2株だけ接ぎ木をしました。今週から来週にかけて、次々と接ぎ木をして行きます。
画像9(ピーマンの接ぎ木)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

トマトの接ぎ木の試行2017年03月25日 16時37分

[トマト] ブログ村キーワード

*********** ブーゲンビリア ***********
 2階の子供部屋に置いているブーゲンビリアのガクが散り始めました。ガクの中に3本の蕾があります。白い小さな花が咲くはずですが、気温が低いためか咲いてくれません。
 日中は20℃を超える日もありますが、夜間は10℃近くまで下がっています。暖かい地方の花なので、最低でも15℃ないと咲かないのかもしれません。
画像1(ブーゲンビリア)

画像2(ブーゲンビリア)

*********** トマトの接ぎ木の試行 ***********
 苗の接ぎ木をするための準備をしました。
 穂木と台木を切断するため、カミソリが必要です。カッターでは切り口が綺麗な断面になりにくいので刃が薄いカミソリが良さそうです。最近はカミソリを使うことがないので家の中にはありません。わざわざ買うのも面倒です。以前宿泊したホテルのアメニティグッズを持ち帰っていたので、その刃を使うことにしました。ひげそり用の刃なので切れ味が良いはずです。2枚刃になっていて、幅が広いのと狭いのと2枚あります。割り箸に挟むので幅の広い方の刃を切れ込みを入れた割り箸の間に挟んでエナメル線で固定しました。
画像3(接ぎ木で使う道具)

 接ぎ木をするときのチューブやクリップです。
 チューブは上と下で穴の大きさが違っています。茎が細い小さな苗の場合は、このチューブが使いやすいです。
 クリップは2種類です。オレンジの方が若干大きめで茎の太いキュウリなどに使います。赤色の方はトマトなどです。合わせた切断面がずれないようにこれで押さえます。
 右端の”ツギピン”はセラミックの細い棒で長さは10mmです。タキイ方式と呼ばれています。1000本単位で販売されていて、一つのケースに100本入っています。接ぎ木としては簡単ですが、ある程度茎が太くないと、ピンを茎の中心に刺すのが難しいです。
画像4(接ぎ木で使う道具)

 まだ、茎の太さが十分ではありませんが、試しに接ぎ木をしてみました。
 台木は「Bバリア」です。子葉の上の茎の長さが10mmほど伸びていて、本葉が3枚でています。
 穂木はトマトの苗の中で茎が太そうな「麗夏」を選びました。
画像5(穂木と台木)

 穂木の子葉の下と台木の子葉の上の茎を合わせて、斜めに切断しました。台木と穂木を合わせて切るのは、接ぎ木をしたときの接合面がぴったり合わせるためです。
 カミソリの刃を少し押すだけでスパッと切れました。
画像6(穂木と台木の切断)

 茎を切断した台木の方をポットに戻しました。切り口が斜めになっています。
 台木の茎にチューブを差し込んだ後、上から穂木を差し込んでチューブの中で切断面がぴったり合うようにします。
画像7(切断した台木)

 穂木の茎が細すぎたため、チューブの中で切断面が動いてしまいました。チューブの中程で台木と茎が合うようにして、チューブの上からクリップで押さえておきました。
画像8(接ぎ木チューブ)

 チューブとクリップの重さに台木が耐えられないので、支えるために竹串を挿しています。
画像9(接ぎ木クリップ)

 接ぎ木後の穂木はダメージが大きいので、このままだと萎れてしまいます。水分を吸収させるため、水をたっぷりかけて上からコップをかぶせておきました。百均で買ったプラスチックのコップです。衝撃を与えると簡単に割れてしまう代物ですが、接ぎ木の後の養生には使い勝手がイイです。
画像10(養生のためのキャップ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

空き地の草取り2017年03月24日 15時03分

[落花生] ブログ村キーワード


*********** 白梅と水仙 ***********
 空き地の白梅が満開になっています。
画像1(空き地の白梅)

 近所の庭先の梅も満開です。
 家の近くを散策すると、庭先に梅の木を植えている家が多いのに気づきます。
画像2(白梅)

 紅梅の木だと思いますが、全体的には白色で、何本かの枝の花が紅色をしていました。
画像3(白梅の変わり枝)

 畑の東側の建物は現在無人状態です。庭先の水仙は主がいなくなっても健気に咲いていました。
画像10(水仙)

画像11(水仙)

*********** 田原の滝 ***********
 今日は私の車の車検です。車検の案内が昨年末に届き、年が明けてすぐに予約をしました。
 車で数分のところなので、車を預けて歩いて帰ってきました。
 途中、田原の滝を見るため寄り道をしました。
画像4(田原神社)

 田原の滝の傍に小型の水力発電の水車があります。いつもは回っていないのですが、今日は水を受けて勢いよく回っていました。すぐ近くで見ると、結構迫力があります。回るときの音も大きいです。
画像5(田原の小型水力発電の水車)

 富士山の近くの忍野付近から流れている桂川の水を水路に取り込んで、水車を回しています。
画像6(水路)

 田原の滝の水は、水路に流しているためか少ないです。
 4月上旬頃になると両岸に桜が咲き乱れます。
画像7(田原の滝)

 滝の最上部を富士急行の電車が通過するところでした。河口湖方面から下ってきた普通電車で、滝の手前に十日市場駅があるため、ゆっくりと滝上を通過して行きました。
画像8(田原の滝を通過する電車)

画像9(田原の滝を通過する電車)

 田原の滝から十日市場の駅前を通り、線路沿いの小道を歩いて、国道に出ました。国道を少し上ったところから、再び、小道に入り富士急千の踏切を渡りました。踏切で、再び、大月行きの電車が通過しました。電車はおおよそ30分おきに運転されています。田原の滝から、この踏切までは10分くらいで歩いてきたので、電車の間隔が短くなっています。
画像12(富士急行電車)

*********** 空き地の草取り ***********
 家に戻り、隣の空き地の草取りをしました。先日草を取ったばかりですが、少し草が伸びていたり、取り残しがありました。
 前回の草取りは畑から幅1m位の範囲でした。今回は草取りの幅をもう少し広げました。
画像13(空き地)

 空き地側の石垣の下の蕗です。数株植えただけですが、地茎が伸びて広がっています。
画像14(空き地の蕗)

*********** シロウリの植え替え ***********
 シロウリ「白はぐら」は1ポットに3粒ずつ種を蒔きました。どのポットからも発芽しています。
画像15(シロウリ)

 一般に、大きな苗を残して間引きしますが、発芽した苗を捨てないで、別のポットに植え直しをしました。一苗ずつ植え直しをすると全部で9ポットになります。シロウリの9苗は、我が家の畑では多すぎます。
画像16(植え直しをしたシロウリ)

*********** 落花生の発芽 ***********
 落花生の根が伸びているようです。実が土を押し上げています。
画像17(落花生)

画像18(落花生の発芽)




ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ