TDK甲府工場のバラ2016年05月24日 23時02分

[バラ] ブログ村キーワード
 ここ数日、自転車用のバッグの制作にかかっていて、ブログの更新がおろそかになっています。バッグは明日には完成させるつもりです。
 先週土曜日、TDK甲府工場のバラを見に出かけました。毎年、5月第三週の土日に、TDK甲府工場の敷地を開放し、バラの見学をさせてくれます。社員の方が車の誘導などをしてくれます。敷地内の駐車場が広く、車を止めるのも楽です。
 バラは工場の周りのフェンスにあるので、敷地の外からでも眺めることができます。
画像1(TDK甲府工場のバラ)

 ここを訪れるのは、今年で3回目です。初めて見た時には感動しましたが、今年は花の時期を少し過ぎていて花が終わっているバラもありました。
画像2(TDK甲府工場のバラ)

画像3(TDK甲府工場のバラ)

 エバーゴールドというバラです。クリーム色のきれいなバラです。
画像4(TDK甲府工場のバラ エバーゴールド)

 深紅のオリーブというバラです。
画像5(TDK甲府工場のバラ オリーブ)

 中心に淡いオレンジの花弁、周囲は白色の花弁のジェーンオースチン。
画像6(TDK甲府工場のバラ ジェーンオースチン)

 このバラは工場入り口の花壇にありました。名前はスパースターです。
画像7(TDK甲府工場のバラ スパースター)

 TDK甲府工場のバラは、様々な新種のバラがあります。毎年見ていると、どの場所にどんなバラがあるのかわかるようになってきました。


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

そら豆の試し取り&バラ2016年05月19日 17時01分

[そら豆] ブログ村キーワード

*********** そら豆 ***********
 ソラマメの鞘が大きくなりました。空を向いていた鞘がうつむき加減になってきています。
画像1(そら豆)

 柔らかく萎れ気味になりかけているそら豆を10数本試しに採ってみました。鞘が下を向いているものばかりを採りましたが、茎が倒れていたりするので下向きなのか水平なのか分かりづらい鞘もありました。
画像2(初収穫のそら豆)

 鞘が大きくても、鞘の内側のワタが厚く実が小さい場合が多いです。試しに採った実は本来のそら豆の大きさでした。
画像3(鞘を割ったそら豆)

 そら豆にはオハグロと呼ばれている部分があります。オハグロが、その名のとおり黒くなるのですが、まだ、収穫には少し早かったようです。
画像4(そら豆のオハグロ)

 鞘から取り出したそら豆です。実が柔らかく、未熟の状態の様です。
画像5(鞘から出したそら豆)

*********** スナックエンドウ ***********
 スナックエンドウは花が咲き終わりました。実が大きくなるのを待って、片づけることになります。もう1、2回、収穫できそうなので、来週あたりには撤収します。
画像6(スナックエンドウ)

*********** 玉ねぎ ***********
 今年は玉ねぎのトウ立ちが多いです。玉も大きくならず、トウ立ちが多いので、今年の収量は例年よりも少なくなりそうです。
 トウ立ちした玉ねぎは、芯の部分を取り除いて食べています。水にさらして生で食べると、暑い時にはさわやかでおいしいです。また、芯を取り除いたところにひき肉を詰めて煮込むと玉ねぎの甘味でおいしくなります。
画像7(トウ立ちした玉ねぎ)

*********** ジャーマンカモミール ***********
 畑にジャーマンカモミールの花が咲きました。ジャーマンカモミールの花はリンゴの香りがします。コンパニオンプランつの一つとして、数年前に種を蒔きました。毎年、こぼれ種から生えてきます。
画像8(ジャーマンカモミール)

 ジャーマンカモミールの花は、ハーブティーとしても使われていますが、我が家では一度もハーブティーにしたことがありません。花が終われば、刈りこんで畑に漉き込んでいます。
画像9(ジャーマンカモミール)

*********** シラー・ベルビアナ ***********
 シラー・ベルビアナという草花です。花の形が変わっていて、おもしろいです。シラーと名の付く花が多く、我が家にもベルビアナの他にシラー・ヒスパニカ、和名が釣り鐘水仙という草花があります。
画像10(シラー・ベルビアナ)

 開花前はつぼみが一塊になっていますが、花が開き始めると放射状に広がって小さな花が咲きます。
画像11(シラー・ベルビアナ)

*********** バラ・ニケ ***********
 県内にはバラの園芸家として有名な後藤みどりさんという方がいます。後藤さんの園芸農園から買ってきたバラがいくつかありますが、その中でも黄色のニケというバラが私のお気に入りです。子供のころから黄色が好きで、絵を描いても黄色のクレパスや絵の具をよく使っていました。黄色は鮮やか色で、遠くから見ても目立つ色です。
画像12(バラ・ニケ)

 ニケは色だけでなく、花弁もしっかりしています。
画像13(バラ・ニケ)

画像14(バラ・ニケ)

*********** つるバラ ***********
 アーチに絡ませているつるバラが咲き始めました。
 白色のアイスバーグは、例年に比べるとつぼみの数が多いです。春先の寒肥が効いているようです。
画像15(バラ・アイスバーグ)

 アーチの他方側からつるバラのピエール・ドゥ・ロンサールを絡ませています。アイスバーグほどつぼみが多くありませんが、一つ一つが大きく、咲き始めると存在感があります。
画像16(バラ・ピエール・ドゥ・ロンサール)

 つぼみを調べると、小さな穴が開いていたり、つぼみが萎れて下を向いていたりすぬものがあります。そのような蕾を採って調べてみると、小さな虫が付いていました。バラゾウムシです。つぼみの下の茎に穴をあけて卵を産み付けます。つぼみが萎れてしまいます。
 つぼみの下の茎のあたりから切り落として捨てなければなりません。バラゾウムシの他にも、アブラムシ、チュウレンジハバチの幼虫など、様々な虫がバラにやってきて被害を与えます。バラを正常に育てるには、殺虫剤などの薬剤散布が欠かせません。
画像17(バラゾウムシ)

画像18(バラゾウムシ)

 バラぼアーチの上の方につぼみが多く付きます。日当たりが良いためかと思いますが、上の方にだけ花が咲くのでは、アーチ状にした意味がないので、冬場の剪定を強くして下の方にも花をつけるようにしています。
画像19(つるバラのアーチ)

画像20(つるバラのアーチ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

リア・バッグ、ほぼ完成2016年05月18日 18時09分

[サイクリング] ブログ村キーワード

*********** キュウリ ***********
 雨が上がり、朝から陽が射しています。風があるのでさわやかな感じがします。久しぶりに畑に出てみました。キュウリきかけてあったビニール袋を取り外し、ネットへ蔓が伸びるように短い支柱棒を立てました。 
画像1(キュウリ)

 6株の内、1株だけ一番花が咲いていました。葉が7ないし10枚になっているので、数株だけ親蔓を摘心してみようと思っています。親蔓を摘心すると、小鶴が早く出てくるので実が生るのが早くなり、収穫も増えます。ただし、株がすぐに弱ってくるので、親蔓を伸ばした方が良いのか迷うところです。
画像2(キュウリの一番花)

*********** ナス ***********
 ナスのビニール袋も外しました。ナスは、まだ、小さな苗です。普通なら大木は葉が出て来て、もう少し丈の高くなっているのですが、今年は苗自体が小さかったので、一番花が咲くまでにはまだ時間がかかりそうです。
画像4(茄子)

*********** カボチャ、ピーマンなど ***********
 カボチャ、トウモロコシ、ピーマン、シシトウ、落花生です。これらのビニール袋も取り外しました。ピーマンの株元が細くなって茎が萎れているようです。原因がよくわかりませんが、この状態だと大きく育たないだろうと思います。
画像3(トウモロコシ・ピーマンなど)

*********** ラズベリーの花 ***********
 2年前、近所の方からラズベリーの苗木をいただき、畑の隅に植えてあります。細い苗木でしたが、草勢が強く、元気に伸びてきました。花もいくつか咲き、今年は実を付けると思います。
画像5(ラズベリーの花)

*********** リア・バッグ制作 ***********
 一週間前から始めたリア・バックの制作がほぼ完了しました。いくつか改善しなければならない箇所がありますが、一応、自転車に取り付けることができるようになりました。
画像6(キャリアに取り付けたリアバッグ)

 バッグのサイズを小さめにしたつもりでしたが、取り付けてみると、学生時代に使っていた米軍放出のバッグと変わらないサイズです。
 学生時代はリアバッグを買うのが惜しくて、御徒町のアメ横で米軍放出のバッグを2つ買い、少し大きかったので縫い直しをして使っていました。
画像7(キャリアに取り付けたリアバッグ)

 手縫いしたところの縫い目が目立っています。ミシンをかけられない箇所は手縫いをしたため、縫い目がきたないです。
画像8(キャリアに取り付けたリアバッグ)

 リア・バッグの制作をしたのは、kのバッグが自転車に取り付けるだけではなく、輪状時の持ち運びを楽にしたいためです。2つのバッグを重ねて背負うようにすれば、持ち運びが楽になります。ただし、リア・バッグを使うときはフロントバッグも使っている状態なので、フロントバッグも一緒に背負えるようになればと思っています。リアバッグとフロントバッグは形状、サイズが異なるので、3段に積み重ねることが難しいです。フロントバッグを、できるだけリアバッグと同じサイズに近づけて、フロントバッグの機能性を損なわないように作ればできそうな気がしています。
画像10(背負いにしたリアバッグ)

画像9(背負いにしたリアバッグ)

 背負い用のベルトは2本です。1mほどの長さのベルトの片側にナスカンを取り付けて下部のD環に引っ掛けています。上部でベルトの長さを調節できます。
 2つ積み上げてあるので、背負い方によっては2つのつなぎ目が折れ曲がってしまいますが、背負っていると、それほど違和感がありません。
画像11(背負い用のベルト止め)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

リア・バッグ制作中2016年05月17日 22時21分

[サイクリング] ブログ村キーワード

 ここ数日、自転車のリア・バッグの制作にかかっているため、ブログの更新ができていません。今日の記事の画像は5月15日(日)、撮影したものです。

*********** カラー ***********
 カラーが4つ咲いています。一度、掘り起こして場所を移動させたのですが、元の場所にも株が残っていたようです。2か所に分かれてしまいましたが、どちらも花が咲きました。
画像1(カラー)

画像2(カラー)

*********** クジャクサボテン ***********
 赤系に続いて、白系(クリーム色)のクジャクサボテンが咲いています。
画像3(クジャクサボテン)

*********** クレマチス ***********
 西側の庭に植えてあるクレマチスです。
 この色合いのクレマチスはよく見かけます。
画像4(クレマチス)

 白色の八重のクレマチスです。
画像5(クレマチス)

*********** 剪定したハナモモ その後 ***********
 昨年12月に花桃の木を地上1mくらいの高さで切ってしまいました。
 現在、新芽が伸びて葉が茂っています。50センチくらいまで伸びているので、今年のうちに1mを越す高さになると思います。成長が早く、上手くすれば来年花が咲くかもしれません。
画像6(ハナモモの木)

画像7(ハナモモの木)

*********** リアバッグ ***********
 5月15日現在のリアバッグ制作の進捗状況です。
 2つのバッグの外形が仕上がりました。
 バッグの蓋を止めるところを補強するためベルトを縫い付けてあります。
画像8(リア・バッグ)

画像9(リア・バッグ)

 リア・バッグは自転車の後ろのキャリアに取り付けて使用しますが、輪行時の荷物となるため、二つのバッグを積み重ねて背負えるようにしようと考えています。そのため、バッグの下側にD環を取り付けてあります。背負い紐は仮のものです。背負ってみましたが、何とかできそうな気がしています。
画像10(リア・バッグ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ