トマトの畝作り2018年04月24日 22時46分

[畑仕事] ブログ村キーワード

*********** トマトの畝作り ***********
 明日は雨になりそうなので、今日のうちにトマトの畝を作ることにしました。
 バーク堆肥と骨粉入りの油かすを入れ、耕耘機で耕しました。先日、ヤブガラシの地茎を取り除いた場所です。耕していると短く切れた地茎が幾つも出てきました。出てきた地茎の中には芽が伸びているものもありました。ヤブガラシは完全に取り除かないとダメなようです。
 トマトを栽培する場所は昨年までキュウリ棚だったところです。隣の畑でトマトの棚として使っていたのを頂き、この場所に建てて使っています。元の持ち主は、この棚の下に幅広の畝を1つ作って、トマトを2条植えにしていました。棚の幅は140センチあるので、1つの畝にするとかなり広い畝幅になります。
 わたしは棚の下に2畝作って、真ん中を通路にすることにしました。そのため畝幅は40センチで、通常よりかなり幅が狭い畝です。
画像1(堆肥)

画像2(耕耘)

画像3(畝の寸法)

画像4(トマトの畝完成)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

デンドロビウム「シルシフローラム」2018年04月23日 18時10分

[デンドロビウム] ブログ村キーワード

*********** デンドロビウム「シルシフローラム」 ***********
 綾部に行っている間にデンドロビウムの「シルシフローラム」が咲きました。長い間、咲かなかったので、半ば諦め気にも留めていませんでしたが、1週間ほど前に蕾が付いているのを見つけました。
 同じデンドロビウムでも花の付き方が違います。蕾の数が多いので少しずつ咲くのかと思っていましたが、一気に全ての蕾が開きました。
 原産地はモンスーン地域で雨季と乾季がはっきりしています。そのため秋口から徐々に水を控え、寒さに十分当てた後、室内に入れています。冬の間は月に1~2回水をやる程度です。春になって蕾が付いた頃から水を十分に与えます。花が咲いている期間が、他のデンドロビウムよりも短いようです。
画像1(シルシフローラム)

画像2(シルシフローラム)

画像3(シルシフローラム)

*********** サクラソウとクロアゲハ ***********
 昨日は前日よりも更に気温が上がり真夏の陽気でした。この厚さで孵化したクロアゲハが庭にやって来ました。キアゲハも見かけました。
 サクラソウは咲き始めた頃の花は色が薄くなってきました。ほぼ満開状態です。
画像4(サクラソウとクロアゲハ)

画像5(サクラソウ)

*********** アルメリア ***********
 和名は”ハマカンザシ”。多年草で寒さにも強く、ほとんど世話いらずの草花です。
画像6(アルメリア)

画像7(アルメリア)

*********** バラ「ビオレッタ」 ***********
 今年最初のバラの開花です。
 地植えのバラで花は晩秋頃まで咲き続けます。
画像8(バラ「ビオレッタ」)

画像10(バラ「ビオレッタ」)

*********** ライラック ***********

画像10(ライラック)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

長浜町「豊公園」2018年04月22日 18時12分


*********** 長浜 豊公園 ***********
《4月21日(土)》
 綾部からの帰路、北陸道長浜ICを下りて、長浜「豊公園」に立ち寄りました。2年前4月9日、桜が咲いている時期に来ています。今回は八重桜が咲いているだけでした。
 2年前にはまだ整備されていなくて臨時の駐車場でした。真新しいベンチやトイレなどが整備され、広々とした公園になっていました。
 長浜城は羽柴秀吉(豊臣秀吉)が築城しました。
 現在の天守は1983年に犬山城や伏見城をモデルにし模擬復元されたもので、市立長浜城歴史博物館として運営されているそうです。(Wikipediaより引用)
画像1(長浜・豊公園)

画像2(長浜・豊公園)

画像3(長浜・豊公園)

画像4(長浜・豊公園)

画像5(長浜・豊公園)

画像6(長浜・豊公園)

画像7(長浜・豊公園)

画像8(長浜・豊公園)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

伊根の舟屋&天橋立2018年04月21日 23時21分


*********** 伊根の舟屋 ***********
《4月19日(木)》
 20日、叔母の四十九日法要と納骨のため、家内と綾部に行きました。朝7時過ぎに山梨を出発し、午後2時に綾部に着きました。一人だと途中での休憩時間が短いので5時間半くらいで行けますが、家内が一緒だとどういう訳か休憩時間が長くなります。
 到着後、実家へ行き、翌日の準備のため墓の掃除をしました。

《4月20日(金)》
 午前10時から寺で四十九日の法要を行った後、納骨を無事終えました。
 叔母が生前、入院や施設に入所する度に、身の回りの物を引き上げて実家に置いていたので、実家の一部屋が衣類などの入ったダンボール箱で埋まっています。法要・納骨が昼前に終わったので、これらの段ボールを片付け、不要になった物を車に積み込みました。
 昼食は実家の筋向かいにあるうどん屋「竹松うどん」で「もろみうどん」、牡蠣とタラの芽の天ぷらを頂きました。山梨ではウドンといえば”吉田のうどん”のように固いウドンが多いので、久し振りにコシの強いウドンを堪能しました。
 まだ、陽が高く、天気も良いので、伊根町まで行くことにしました。家内は、伊根の舟屋も天橋立も行ったことがありません。
 私が初めて伊根の舟屋に行ったのは今から45年前です。1973年夏、出雲から綾部まで自転車で走りました。丹後半島は城之崎を出発して玄武洞を見学した後、丹後半島(当時は奥丹後半島と呼ばれていました)へ向かい、経ヶ岬を経て伊根の舟屋に宿泊しました。このツーリングでは余部の鉄橋下の民宿にも泊まっています。
画像(山陰地図)

画像2(伊根の舟屋)

画像1(伊根の舟屋)

*********** 天橋立 ***********
 伊根の舟屋を見た後、笠松公園へ行き、天橋立を見てきました。全長3.6キロの天橋立を歩きたかったのですが、今回は上から眺めるだけにしました。
画像3(天橋立 笠松公園)

画像4(天橋立 笠松公園)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ