ブログ「毎日が日曜日」内の検索

吊るし台の手直し2019年12月11日 17時25分


*********** 吊るし台の手直し ***********
 昨夜から喉が痛く、咳も出るようになりました。家内の風邪がうつったようです。今日一日、安静にしていましたが、まだ、鼻水、咳、喉の痛みが続いています。風邪を引くのは、ここ十年近くなかったことです。
 昨日、つまみ細工用の吊るし台を製作しました。試作品を含め2台作った後、柱の部分を1.5センチ角の棒にした吊るし台をもう一台製作しました。
 吊り下げる竿になる部分の長さが少し足りなくて、今日、竿の部分だけ作り直しました。
画像1(吊るし台の手直し)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

スズメ2019年12月10日 17時34分

[スズメ] ブログ村キーワード


*********** スズメ ***********
 夜遅くなって雨が降り出しました。今朝は少し寒さが緩み、気温0℃でも暖かく感じます。
 空き地の百日紅の枝にスズメがいました。最近、スズメを見る機会が少なくなっています。冬、餌が少なくなると民家の近くにスズメがやってくるようになります。晩冬のころのスズメを寒スズメと云い、俳句の季語になっています。
画像1(スズメ)

画像2(スズメ)

画像3(スズメ)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

風邪でダウン2019年12月09日 17時53分

[霜] ブログ村キーワード

*********** 霜 ***********
 今朝も霜が降りていました。
 寒さが厳しく、サンルームの中でもマイナス2℃まで下がっていました。庭の温度計はマイナス4℃でした。
 京水菜や春菊は一重のトンネルにしていますが、この寒さが続くようなら二重にしなければなりません。
 ここ1週間法事が続きました。昨日の法事で一段落です。ホッとしたのか、家内が風邪を引き、午前中、寝込んでいました。一昨日頃から喉の痛みがあったようで、昨日まで気が張っていたので保っていたようです。午後になって少し回復したのか、つまみ細工を始めていました。
 若い頃は年に1度は、私が風邪を引き、2,3日寝込むことが多かったです。最近は人混みの中に出かけることが減り、風邪を引かなくなりました。
画像1(温度計)

画像2(霜)

画像3(畑)

*********** 吊るし台の製作 ***********
 15ミリ厚の杉の板を切って吊るし台を製作しました。
 木目が縦に入っているため、曲がる箇所が折れる可能性があります。木目の影響を受けないような板にしたつもりでしたが、どこかの位置に必ず折れやすい場所が出来てしまいます。重いものを吊り下げることは出来ませんが、つまみ細工のような軽いものなら大丈夫だと思います。
 柱になる部分を立てるため、下の台木をくり抜いて差し込みました。
 ヤスリやサンドペーパーで磨いた後、アルリルニスを塗りました。1回塗っただけでは木目が見えるので2度塗りしました。
画像4(吊るし台)

画像5(吊るし台)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

3回忌、17回忌合同法要2019年12月08日 18時00分

[DIY] ブログ村キーワード

*********** 三つ峠 ***********
 3日の義叔母の3回忌に続き、今日は義母の3回忌、実母の17回忌の法要を行いました。参列者は東京に住む家内の妹夫婦と我々夫婦の4人です。
 先代の住職が亡くなったあと、近くの寺から坊さんが来て執り行ってくれていましたが、今月から先代の息子さんが住職になり、今日が初めての法事でした。新しい住職は国家公務員として霞ヶ関で仕事をしていたのをやめたあと、1ヶ月近く修業を積み、奥さんと子どもを連れて山梨に戻ってきました。

 10時からの法要だったので、いつもより少し早く起きました。
 6時40分、まだ、我が家に朝日は当たっていませんが、西側の三つ峠が真っ赤に染まっていました。
画像1(三つ峠)

*********** 天声人語 ***********
 今日は太平洋戦争が勃発した日です。
 朝刊の声の欄に、塾で教えている息子さんの母の投稿がありました。小学生や中学生が12月8日が何の日か知らないことに、息子さんが憤慨していたという内容でした。小学生に限らず、若い世代の方たちの多くが、今日が何の日か知らないのではないかと思います。
 学校で教える日本の歴史は、縄文・弥生時代から江戸時代まで、明治以降は、足早に教えていて、最後は間切れで、教えられていないのではないかと思います。教師によっては明治、大正、昭和の近代を取り上げている方もいますが、私の私感では、この時代を避けて済ませている教員の方が圧倒的に多いような気がします。
画像2(天声人語)

*********** 吊るし台の試作 ***********
 京都・嵯峨野でつまみ細工の店に立ち寄ったのは、作品を吊す台を探すためでした。家内が直径15センチの球につまみ細工の花を周りに付けたものを製作しています。これを吊す台は市販のものがいくつかありますが、台の柱から吊す位置までが8センチ以上なければなりません。店員が出してくれた台は5センチしかありませんでした。吊し雛などなら幅が5センチもあれば十分です。
 店で見た台なら自作出来そうなの、5ミリの厚さのベニヤ板を切って試作してみました。ベニヤ板なので細い箇所は重ねてある板が剥がれてしまいますが、杉材を使えば切るのも楽なので、簡単に作れそうです。早速、ホームセンターへ行って厚さ15ミリの杉の板や塗料などを買って来ました。明日、製作に取りかかります。
画像3(吊るし台の試作)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ