キュウリの葉2016年07月29日 16時03分

[キュウリ] ブログ村キーワード

*********** ハイビスカス ***********
 2日前に咲いていた黄色のハイビスカスは一日で花が終わってしまいました。今日は周りが白色で縁取られた濃いピンクのハイビスカスが咲いています。
画像1(ハイビスカス)

*********** トレニア ***********
 こぼれ種から発芽したトレニアです。知人のIさんから苗をいただき庭の隅に植えていました。花が終わって枯れてしまいましたが、翌年からは、こぼれた種から発芽して、毎年、花が咲きます。
 今月初め、Iさんに会った時に、狭心症で心臓の血管が狭くなっているのをカテーテルを入れて広げてもらったと話していました。10日間入院したそうですが、他にも血管が狭くなっている個所が2か所あるので、いずれ入院して治療を受けなければならないと話していました。その後、会う機会がないので様子が分かりません。トレニアの花を見るたびに、Iさんの病状が心配になっています。
画像2(トレニア)

画像3(トレニア)

*********** キュウリの葉 ***********
 キュウリの葉に斑点が目立ってきました。ベト病だと思います。湿度が高くなると発生しやすくなります。
画像4(キュウリの葉)

 薬剤「アリエッティ水和剤」の400から800倍希釈液を散布すれば改善するそうですが、薬剤は使いたくないので罹った葉を取り除いています。
画像5(キュウリの葉)

 キュウリ棚の最上部まで蔓が伸び、反対側から伸びて来たインゲンの蔓と絡み合っています。キュウリは、上の方にも果実ができ棚の天井から吊り下がっていました。
画像6(キュウリ)

*********** ゴーヤ ***********
 インゲンの棚側にゴーヤを植えています。ゴーヤの蔓も屋根を超えてキュウリの方まで伸びています。庭のプランターのゴーヤよりも生育がよく、大きな実になっていました。
画像7(ゴーヤ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ニンジンの種まき2016年07月28日 16時26分

[ニンジン] ブログ村キーワード

*********** 三つ峠にかかる雲 ***********
 関東甲信地方の梅雨明けだそうです。昨年に比べるとかなり遅い梅雨明けになりました。
 朝から蒸し暑く、気温、湿度ともに高いです。梅雨が明けたとはいえ、空は黒い雲に覆われています。我が家から西側に見える三つ峠の上空に黒い雲が出ています。三つ峠は我が家の観天望気になっています。三つ峠に雲がかかると、その後、雨が降り出します。今年はこの観天望気が当てにならなくなっています。雲がかかっても、雨が降り出さないことがあるようになりました。
画像7(三つ峠の雲)

*********** ユリ「カサブランカ」 ***********
 ユリ「カサブランカ」の蕾がすべて開きました。昨日まで、カサブランカの奥にフェンスを作っていたので、朱色の花粉が衣服に付きました。衣服に付いた花粉は、手で払ったくらいでは落ちません。
画像1(カサブランカ)

*********** ニンジンの種まき ***********
 今日の作業のスタートはニンジンの種まきです。あらかじめ買っておいた種は、「黒田五寸人参」です。2袋蒔きました。
画像2(種袋黒田五寸人参)

 3条蒔きにするため、畝に筋を付けました。5,6ミリの太さのトンネルに使う支柱で浅めの筋を付けます。
画像3(畝に3条の筋)

 種はコーティングされていないため、等間隔に蒔くことが難しいです。疎らなところや密集しているところなどができてしまいましたが、発芽後に何回か間引きをするので、何とかなるだろうと思います。筋を付けた窪みに種を落とし、親指と人差し指で窪みの両側の土をつまむようにして土をかけて行きます。ニンジンの種は好光性なので、覆土は薄くします。
画像4(ニンジンの種まき)

 薄く土をかけると、雨で流されたり、乾燥しすぎたりするので、土をかけた後、手のひらで土を圧して、種が流されないようにします。さらに高温、低温などの温度変化や土が乾燥しないようにするためにもみ殻を敷きます。
 家庭菜園などのハウツー本などには、「種が好光性なので覆土は薄くする」とか、逆に「温度変化が大きく、また、雨に流されやすくなるので薄くかける必要はない」とか書かれています。初心者にとっては、どちらを取るか迷います。このような本を当てにせず、自分で考えて、地域や場所などを考慮して、理にかなった方法を探し出すのが大事かと思っています。
画像5(もみ殻を敷く)

 もみ殻を敷き詰めた後、水をたっぷりやりました。
画像6(もみ殻を敷く)

*********** 犬猫の侵入防止のネット ***********
 ニンジンの種まきをしていたら、畑に犬が入ってきました。庭の方からではなく、空地の方から入ってきたようです。種蒔きの手を止めて立ち上がると、人がいるのに気が付いて引き返しました。引き返したので作業を始めたら、再び、犬が現れました。昨日紹介した白い犬です。落ち着きがなく、不安そうに行ったり来たりします。立ち上がって犬の方へ近づくと、逃げて行きました。
 空地側から我が家の畑へは、以前田んぼだった場所なので水をためるためにコンクリートが畔になるようになっています。その上は人が歩くことができるくらいの幅があるので犬や猫なども通ることができます。
画像8(犬猫親友防止のためのネット)

 このコンクリートの所を遮断すれば、空地側から入り込むことができなくなるのでネットを張りました。カボチャやユウガオの蔓が伸びている場所なので、ネットの下から潜り込まれる可能性があります。葉を少し取り除いてネットの下側をトンネルで使うピンで押さえました。
 畑全体を囲むようにネットを張れば侵入を完全に防ぐことができますが、今回はこの程度で済ませます。
画像9(犬猫親友防止のためのネット)

*********** トマト ***********
 大玉トマトの収穫が始まりました。
 「麗夏」という品種のトマトに、普通のトマトの2倍くらいの大きさになっているものがありました。形が悪く、果尻のところが茶色くなっています。虫が入った形跡がないので、多分、食べることができるだろうと思います。
画像10(大玉トマト)

 中玉のレッドオーレとミニトマトです。
 レッドオーレは、昔からあるトマトに似ていてゼリー状の部分が多く 少し酸味があります。
 ミニトマトの2品種は、赤色のアイコの方は皮が厚いです。イエローアイコやレッドオーレは皮が薄いので食べやすいです。
画像11(中玉・ミニトマト)

*********** 茄子のアブラムシ ***********
 茄子の畝に蟻がいました。茄子の枝や葉にも蟻が上っていました。茄子の葉を調べてみると、株元に近い下葉の裏側にアブラムシが付いていました。幸い上の方の柔らかい葉にはいなかったので、下葉を取り除いて、これ以上、上にアブラムシが付かないようにしました。アブラムシを退治するだけでは不完全なので、蟻もマラソンを株元や畝の上に散布して退治しておきました。アリの巣がある場所を探しましたが見つからなかったので、しばらく様子を見ることにします。
画像12(茄子の葉の裏側)

*********** サツマイモとマリーゴールド ***********
 サツマイモの畝の周りにアフリカンマリーゴールドを植えています。サツマイモに入り込む線虫などを寄せ付けないためです。
 アフリカンマリーゴールドは草丈が高く、間にあるサツマイモが日陰になっています。
画像13(サツマイモとマリーゴールド)

 サツマイモの蔓もマリーゴールドも草勢が強く、この状態が続くとサツマイモの成長に影響が出てくると思われます。
画像14(サツマイモとマリーゴールド)

 マリーゴールドは花が咲き始めて畑が華やかになっていますが、サツマイモの成長を促すために、マリーゴールドの切り戻しを行いました。最初畝の片側だけ切り戻しをしました。これで、サツマイモの葉に陽が当たるようになりました。
画像15(片側のマリーゴールドの切り戻し)

 サツマイモの畝は南北に長く作ってあるため、片側だけでは午前中、日陰になってしまいます。マリーゴールドの花も捨てがたいですが、サツマイモを育てるために植えたマリーゴールドなので、畝の東側のマリーゴールドも切り戻しをしました。
画像16(両側のマリーゴールドの切り戻し)

 サツマイモの畝の周りのマリーゴールドを全部切り戻したので、一日中サツマイモの葉に陽が当たるようになりました。マリーゴールドは、しばらく花が咲きませんが、そのうち茎が伸びて来てつぼみを付けると思います。
画像17(両側のマリーゴールドの切り戻し)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

バラ「夢乙女」のフェンス製作2016年07月27日 22時56分

[ハイビスカス] ブログ村キーワード

*********** ハイビスカス ***********
 黄色のハイビスカスが一斉に咲きました。これだけ多くの花が一度に咲いたのは初めてです。
画像1(ハイビスカス)

画像2(ハイビスカス)

*********** バラ「クリミーエデン」 ***********
 バラのクリーミーエデンも多くの花が咲いています。
画像3(クリーミーエデン)

*********** 猫の侵入防止ネット ***********
 野良猫の親子が庭や畑に入り込んできます。隣の空き地がねぐらになっているようです。庭や畑と空地の行き来ができないようにネットを張りました。今までもネットを張っていますが、石垣の下と石垣の上に隙間があって、そこからでは入りしているようです。
 親猫の後を追って子猫が走って行く姿を見ていると、かわいそうだなと思います。野良猫にエサを与えている人がいるようで、野良猫が増えているように思います。
画像4(猫避けのネット)

 今月に入って、白い犬が我が家の庭に入ってきます。最近捨てられた犬なのか、不安そうに庭の中を行ったり来たりしています。昨日朝、線路向こうの畑にいるのを見つけました。畑に置いてあるコンポストのところにいました。コンポストの中からエサの匂いがしているのかもしれません。飼い犬を捨ててしまう人がいるようです。中央道河口湖線が近くにあるので、県外から捨てに来ているのではないかと思います。猫や犬を飼うなら、最後まで面倒を看る覚悟で飼ってほしいものです。
画像11(野良犬)

*********** フェンス製作 ***********
 昨日から3つめのフェンスの制作にかかっています。ブロック塀の東側も隅にバラの「夢乙女」と「雪あかり」を植えています。横にあるライラックの木まで蔓が伸びています。この蔓をフェンスに這わせることにしました。
 トマトやキュウリ棚に付かく細いパイプを買ってきて、フェンスの枠を作りました。
 今日は、そのパイプに塗装をして、ビニールコーティングされた針金で大きめの網目を作りました。
画像5(フェンス製作)

画像6(フェンス製作)

*********** ユウガオ ***********
 ユウガオが日に日に大きくなっています。
 昨夜、テレビを観ていたら、「干ぴょうが何からできているか?」という質問を取材していました。干ぴょうの素材を知らない人が多いようです。中には50代、60代の年配者でも知らない人がいました。
 我が家で作っているユウガオは長いユウガオです。干ぴょうにするユウガオは丸い形をしています。
画像7(ユウガオ)

画像8(ユウガオ)

*********** シロウリ ***********
 シロウリが大きくなってきました。奈良漬にするシロウリですが、我が家ではぬか漬けにして食べます。
画像10(シロウリ)

*********** ゴーヤ ***********
 ゴーヤもいくつか実が付いています。
画像9(ゴーヤ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

トマトの蔓下ろし2016年07月25日 17時15分

[トマト] ブログ村キーワード

*********** スイカの追肥 ***********
 大玉スイカの「夏武輝」です。一株に2個生っています。「夏武輝」は”平均果重は6~8kgの大玉で、低温期でもよく肥大する。成熟に必要な積算温度は約1,000℃の中早生種。”(タキイのカタログより引用)だそうです。
 積算温度が1000度だとすると、約40日くらいで収穫できるようです。
画像1(スイカ)

 小づるに2つ生っていて、蔓がトマトの畝の方まで伸びています。株周りと伸びている蔓の下に追肥をしました。草勢が強い品種なので追肥は加減をしながらした方が良さそうです。
画像2(スイカ)

*********** トマトの蔓下ろし ***********
 トマトの棚は、赤や黄色の果実で色鮮やかです。
画像3(トマト)

 大玉の桃太郎ゴールドも、毎日1,2個収穫出来るようになってきました。
画像4(桃太郎ゴールド)

 中玉のレッドオーレは、房状に真っ赤な果実をつけています。
画像5(レッドオーレ)

 ミニのアイコとイエローアイコは、一房に数十個の実が生っています。
画像6(アイコ)

 どの品種も実の数が多く生っていますが、相変わらずオオタバコガの幼虫に入られている実も多いです。
画像7(オオタバコガの幼虫)

 先日、アイコ一株の蔓を下げました。今日は畝の片側の蔓を下ろしました。
 根元付近の茎が固くなっているので無理に下げると茎が折れたり裂けたりします。慎重に茎を下げながら根元付近で茎が円を描くようにすると折れにくいです。それでも果実の重みで茎が下がり過ぎ、2株ほど茎が裂けてしまいました。裂けた茎のところは土をかけて発根を促すようにしました。
画像8(茎の釣り下ろし)

 下まで下がった茎は周りに化成肥料を少し撒いて、土をかけておきました。
画像9(茎の釣り下ろし)

 今日は畝の片側だけ下げました。雨避けシートの天井まで達していた茎が少し下がりました。反対側の株も数日中に下げる予定です。
画像10(茎の釣り下ろし)

 茎を下げ、脇芽を取ったりしながら、トマトの収穫をしました。オオタバコガの幼虫に入られたトマトも多くありましたが、一日でこれだけのトマトの収穫ができれば、我が家で食べるのに十分すぎる数です。
 最近、朝食にミニトマトを食べています。トマトがあまり好きでない私でも一度に5,6個食べています。夕飯のメニューにもトマトが入っています。トマトを湯がいて皮を取り、トマト、ニンニク、卵を一緒にサッと炒めます。調理が簡単で、夏バテには効きそうな料理です。
画像11(収穫したトマト)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ