ブログ「毎日が日曜日」内の検索

晩秋2020年11月26日 17時21分


*********** 晩秋 ***********
 ハナモモやハナミズキの葉がすっかり散り、晩秋の装いです。鮮やかだったドウダンの紅葉は、霜のあった日に枯れていました。

 ベランダに吊してあった干し柿を取り込みました。
 鳥避けのネットを外し、片付けたりするのは、取り付けるときよりも気が進みません。畑でも準備をしているときの方が張り切ってやっています。
 干し柿は2日前よりも少し黒ずんでいました。糖度が増したのではないかと思います。
画像1(花桃の木)

画像2(干し柿)

画像3(干し柿)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

未明の雨2020年11月25日 17時39分

[ほうれん草] ブログ村キーワード

*********** 未明の雨 ***********
 昨夜寝る前には雨が降っていなかったので、日付が変わる頃から明け方にかけて雨が降ったようです。朝7時頃には雨は止んでいました。春先の雨はひと雨ごとに暖かくなりますが、晩秋の雨はひと雨ごとに冬へ向かって行きます。
 空き地の木のツルウメモドキは、草木の枯れた葉の中で赤い実が際立っています。この花の形がヤブガラシの花に似ていたので、ヤブガラシなのかと勘違いしていました。

 バラの花が、雨の滴を含んで重く垂れ下がっていました。蕾のほとんどが咲き、今年のバラの見納めになりそうなので、切り花にして部屋の中に置きました。
画像1(ツルウメモドキ)

画像3(バラ)

画像2(パパ・メイアン)

*********** ほうれん草 ***********
 9月21日に種を蒔いた1回目のほうれん草です。2ヶ月経ち、葉が大きくなったので、混み合っている箇所を間引きました。まだ、収穫には早いです。毎年、これくらいの大きさになった時に収穫していて、スーパーなどに置かれているような大きなほうれん草になるまで育てたことがありません。
 成長と共に間引きをして株間を広げれば、大きなほうれん草になると思うので、今年は間引き以外の収穫はせずに、大きな株に育ててみるつもりです。
画像4(ほうれん草)

画像5(ほうれん草)

*********** ユキヤナギ ***********
 畑の作業が一段落し、作業が庭の方へ移っています。今日は枝が広がっているユキヤナギの剪定をしました。(1枚目:剪定前  2枚目:剪定後)
画像6(ユキヤナギ)

画像7(ユキヤナギ)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

晩秋2020年11月24日 17時52分

[キャベツ] ブログ村キーワード

*********** バラとチェリーセージ ***********
 暖かい日が続いたのでバラの蕾が膨らみ花盛りです。
 チェリーセージが本来の赤白になってきました。これまでの観察から夏の暑い日には全体が赤く、春や秋の比較的暖かな日が続くと白に紅が差したようになる気がします。
 チェリーセージは、サルビア・ミクロフィラ、サルビア・グレッギー とこの2種の自然交雑種のサルビア・ヤメンシスやそれらの改良品種植物の総称だそうです。
 画像のように花の付け根が白く、先端が赤いチェリーセージは”ホットリップス”という園芸品種です。
画像1(バラ)

画像2(チェリーセージ)

画像3(チェリーセージ)

*********** 大根 ***********
 気温が日ごとに下がって来ているため、土から出ているダイコンの根首が気温の低下によっては凍ってしまいます。まだ、最低気温が4,5℃なので大丈夫ですが、日中の気温が4,5℃まで下がると夜間の寒さで凍る可能性が出て来ます。
 大根を掘り出して地中保存をしたことがありますが、ここ数年畑に植えっぱなしで冬越しをさせています。今日は土寄せをして葉だけが出ている状態にしました。
 順次収穫して、畑に残った大根は土寄せや敷き藁などをする予定です。今日収穫の大根は比較的大きなもので、長さが40センチ以上ありました。
画像4(ダイコンの土寄せ)

画像5(ダイコンの土寄せ)

画像6(収穫した大根)

*********** ニンジン ***********
 大根同様、ニンジンも畑で冬越しさせます。土が極端に湿ったり、乾燥すると裂根してしまうので、敷き藁をしておきました。昨年、年末に掘り出したところ縦に半分に割れているニンジンが幾つもありました。
画像7(ニンジンの敷き藁)

画像8(ニンジンの敷き藁)

画像9(ニンジンの敷き藁)

*********** キャベツ ***********
 畑にはキャベツが4個残っています。これから先、気温が下がって夜間に葉が凍り、日中解けるなどを繰り返すと葉が腐ってしまいます。
 4個のキャベツのうち2個に黒い斑点、シミが現れていました。葉が黒く変色するのはポリフェノールが酸化して起こる現象です。冷蔵庫の野菜室に入れていたキャベツの切り口に出来る黒班がこれです。食べても支障はありませんが、見た目も良くないので黒班部分だけを取り除いて食べています。
 畑のキャベツの黒いシミや斑点は外側の葉だけだったので、先日霜が降りたときに凍って、日中解けたため細胞が破壊されて染み出たポリフェノールが酸化したのではないかと思います。
画像10(葉が黒くなったキャベツ)

画像11(葉が黒くなったキャベツ)

*********** 柚子 ***********
 柚子は寒さに弱く、霜に当たると果皮にシワが出来たりします。
 今日は果皮全体が黄色くなっている柚子を40個ばかり採りました。
 小さな柚子で40個採っても、まだ、多くの実が残っています。我が家の柚子は元々スモールサイズですが、実が生りすぎて小さいのかもしれません。来季の花が咲く時期に少し摘花をしてみようと思っています。
画像12(柚子の木)

画像13(柚子の木)

画像14(柚子)

*********** 干し柿 ***********
 軒下に吊してから10日経ちました。
 この間、雨が降ったのはごく僅かで、干し柿作りには良い条件で好天が続いていました。
 カビが生えることもなく、良い仕上がりです。鳥避けネットも効果があり、食べ頃になってもヒヨドリがやって来ません。あと2,3日干してから取り込みます。
画像15(干し柿)

画像16(干し柿)

画像17(干し柿)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

水やり2020年11月23日 17時24分

[そら豆] ブログ村キーワード

*********** シャコバサボテン ***********
 シャコバサボテンが咲き始めました。2週間ほど前に、小さな蕾が見え始めた鉢を室内に入れたので、蕾が少し早く膨らみました。
 シャコバサボテンは、クリスマスの頃に咲くので”クリスマスカクタス”と呼ばれたり、”デンマークカクタス”と呼ばれたりします。
画像1(シャコバサボテン)

*********** そら豆 ***********
 暫く雨が降っていないので畑の野菜に水やりをしました。
 ほうれん草や冬菜、そら豆、スナックエンドウにはポリシートのトンネルにしているので、シートを外さなければ水やりが出来ません。
 そら豆とスナックエンドウの畝に水やりをするためシートを外して、初めて発芽状態が分かりました。そら豆は5箇所種を植えて4箇所から芽が出ていましたが、スナックエンドウの方は11箇所のうち1箇所だけでした。それも1箇所に5粒蒔いたうち1粒から発芽しているだけでした。種を蒔いて23日目でこの状態だと、この後発芽する見込みがありません。種が古かったためだと思います。家に戻りスナックエンドウの種袋も持ち出して。残っていた種を全て蒔いてみました。
画像2(そら豆)

画像3(そら豆)

*********** ベンチの修理 ***********
 西側の庭にベンチを置いています。普段座ることはほとんど無く、もっぱら洗濯物を干すときや取り入れ時に一時的に使っているだけです。この時期には白菜を漬けるため、白菜の天日干しにも使っています。
 長い間、雨風にさらされ、塗装が剥がれたり、所々木が腐ったりしていたので修理しました。
 あり合わせの板で木の痛みが激しい3枚を取り替えました。板の幅が5mmほど短いため、板と板の間が若干広くなっています。
 張り替えた後、木材用の塗装を塗っておきました。
画像4(ベンチの修理)

画像5(ベンチの塗装)

*********** ツルウメモドキ ***********
 午後、家内からツルウメモドキを採って欲しいと頼まれました。
 空き地の木の天辺に赤い小さな実が生っていることには気が付いていましたが、それがツルウメモドキであることも知らず、また、採って飾るという発想は、私にはありませんでした。
 高枝切りバサミを目一杯伸ばせば届くようなので、早速、物置から高枝切りバサミを持ち出して、蔓を数本切り落としました。
画像6(ツルウメモドキ)

画像7(ツルウメモドキ)

画像8(ツルウメモドキ)

画像9(ツルウメモドキ)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ