ほうれん草2018年01月17日 18時11分

[ほうれん草] ブログ村キーワード

*********** 不安定な天気 ***********
 今朝の気温は8℃。この時期としては異常な暖かさです。
 東の空には青空が見えています。西の三つ峠には黒い雨雲がかかり始めていました。
 短い時間でしたが、今朝、にわか雨がありました。丁度朝日が昇り始めた頃で、反対側の北西の空に虹が現れました。
 朝のうちは陽差しがありましたが、次第に本曇りになり昼前から雨になりました。
画像1(今朝の気温)

画像2(今朝の東の空)

画像3(今朝の西の空)

画像4(北西の空に現れた虹)

*********** ほうれん草 ***********
 凍っていた土が融けて畑はぬかるみ状態です。歩くたびに長靴の底に土がまとわりつき歩きにくいです。
 ほうれん草の状態を見るためトンネルを外しました。生育の進度が遅く、まだ、収穫するには小さいです。
 種を蒔いた時期をずらせています。1回目と2回目のほうれん草は成長が一律に進んでいなくて大きくなっているところと小さい状態のところがあります。
 3回目播種のほうれん草は小さな本葉が出てきたところです。
 明日までは気温が高いですが、次の寒気が続いているようなので、ほうれん草を2重のトンネルにしました。
画像5(ほうれん草)

画像6(ほうれん草)

画像7(3回目播種のほうれん草)

画像8(ほうれん草の2重トンネル)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

塞ノ神2018年01月16日 22時40分

[トレンクル] ブログ村キーワード
 今年初めて自転車で近場を走りました。
 気温が上がり、天気も良いので気持ちの良いサイクリングになりました。
*********** 鹿留川の結氷 ***********
 自宅から1キロ走ると鹿留川に出ます。川の向かい側に小さな滝があります。その水が凍っていました。
画像1(鹿留川)

画像2(鹿留川の氷)

*********** 鹿留地区の塞ノ神 ***********
 鹿留川沿いに溯りました。鹿留の最後の集落の手前に塞ノ神の飾りが立っていました。横には地蔵が並んでいて、少し離れたところに道祖神が祭られています。
 散歩に来ていた老夫婦から、塞ノ神のノボリが2本あることを教えていただきました。地蔵や道祖神があるこちら側の塞ノ神は雌鶏、川を隔てた橋の向こう側にあるのが雄鶏を表しているのだそうです。塞ノ神は集落の入り口付近の辻に立て、疫病が集落に入ってこないように祭るのですが、鹿留の雌雄の塞ノ神は子孫繁栄も願っているのだそうです。
 老夫婦の話は終わることがなく、次から次へと話題が変わり、ここを離れるきっかけを失ってしまいました。老夫婦の話がチョット途切れたところで、「”雄鶏の塞ノ神”も見てきます」と云って、その場を離れました。
画像3(鹿留の塞ノ神)

画像4(鹿留の塞ノ神)

画像5(鹿留の塞ノ神)

画像6(鹿留の塞ノ神)

画像7(鹿留の塞ノ神)

*********** 下暮地地区大池橋付近 ***********
 鹿留の塞ノ神を見た後、鹿留川沿いに下って、桂川に出ました。この後、桂川沿いに溯って下暮地の大池橋付近の小さな公園で小休止。ここから先は富士吉田市街へ入る、最後の急な上りがあります。久し振りのサイクリングなので無理をせず、ここから引き返しました。
画像8(下暮地大池橋付近)

画像9(下暮地大池橋付近)

*********** 下暮地地区の塞ノ神 ***********
 下暮地地区内に入るところにも塞ノ神がありました。民家が両側から迫る狭い道を進むと通行止めの看板があり、その先で道路工事をしていました。脇道に外れようか迷いながら進むと、工事の交通係の人が白旗を振っていたので通り抜けることが出来ました。
画像10(下暮地の塞ノ神)

画像11(下暮地の道祖神)

*********** 西桂町付近からの富士山 ***********
 西桂の駅付近から富士急線沿いに下って自宅に帰ってきました。
画像12(西桂付近)

画像13(西桂付近からの富士山)

*********** 走行距離等 ***********
 午前10時に家を出て、帰ってきたのは正午前でした。実際の走行時間は1時間半ほどなので、鹿留で会った老夫婦の話を聞いている時間が20分ほどだったのかと思います。
 昨年は自転車に乗ることがほとんどありませんでした。確か5月の連休明けに西桂町のクマガイソウを見に出かけたのが最後かと思います。9ヶ月近く自転車に乗っていなかったことになります。今年は、もう少し自転車で走る回数を増やしたいと思っています。
画像14(走行距離等)

*********** 朝日新聞「天声人語」 ***********

画像15(天声人語)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

庭木の蕾2018年01月15日 18時20分

[ロウバイ] ブログ村キーワード

*********** 近くの山 ***********
 冬晴れが続いています。気温は少しずつ上がっていますが、今日は冷たい北西の風が吹いていました。
 明後日は雨の予報で気温が上がり、暖かくなるようです。
画像1(三つ峠)

画像2(雲)

*********** 庭木の蕾 ***********
 ロウ梅の蕾が少し膨らみ、黄色い花弁が見え始めました。時々、ヒヨドリがやって来ます。ロウ梅の木の近くに野菜屑置き場が目当てのようです。雪が降ると食べ物が少なく、ロウ梅のつぼみを突きます。
画像3(ロウ梅)

画像4(ロウ梅)

画像5(ロウ梅)

画像6(花桃)

*********** 朝日新聞「社説」 ***********
 安倍政権は「規制委で安全性が確認された原発について再稼働を進める」と強調する。しかしその規制委は、一定の地域内にある複数の原発が同時に事故を起こした場合のリスクについて、十分に審査してきたとは言いがたい。

 同じ敷地内の複数の原子炉で同時に事故が起きることは想定しているが、近隣の他の原発でも並行して事故が発生する事態は常査の対象外だ。

 規制委は新基準で、同一の敷地内ですべての原子炉が同時に事故を起こしても、炉ごとに対処できるよう電力会社に機材や人員の配置を求め、審査してきた。一方、一定の地域内にある複数拠点での同時事故については、議論はしているが課題があると認める。

 米国は、原発の立地指針で、相互に影響する複数の原発については放射性物質の想定放出量を合算して評価するのを原則とする。日本は災害大国であるにもかかわらずこうした規定がなく、狭い地域に多くの原発を集中させてしまった。

 炉ごとに審査して「適合」判断を重ね、再稼働させていくのでは不十分だ。規制委や電力会社に検討と対応を求めたい。


画像7(社説)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

真冬に咲く南国の花2018年01月14日 17時21分

[ブーゲンビリア] ブログ村キーワード

*********** 冬晴れ続き ***********
 冬晴れの天気が続いています。今朝の気温はマイナス8℃。相変わらず気温が低いです。風が弱いので陽が当たると暖かく感じます。太陽は東の山際から昇ってきます。夏場は少し北よりで、冬になると少し南側からになります。冬至の頃は午前7時40分頃に山の上に太陽が出てきました。今朝は7時34分でした。少しずつ陽が昇るのが早くなっています。
 今年は二十四節気の小寒にあたる日が1月5日で、この日から寒の入りとなります。寒明けは立春の2月3日です。ちなみに大寒は1月20日で、最も寒い時期ということになりますが、実際にはこの日より一週間ほど遅い1月26日から立春の2月3日頃が寒さのピークになることが多いです。
 いずれにしても、まだまだ寒い日が続き、これから2月中旬頃までは山梨でも大雪になることがあるので要注意です。
画像1(今朝の風景)

*********** そら豆とスナップエンドウ ***********
 敷き藁とビニールシートのトンネルで育てているそら豆とスナップエンドウは草丈は低く小さいですが、葉は濃い緑色をしています。寒さで根がダメになり枯れてしまうことはなさそうです。
画像2(そら豆)

画像3(スナップエンドウ)

*********** 真冬に咲く南国の花 ***********
 連日、気温の低い日が続いていますが、部屋の中は陽が射し込むので日中は暖かです。2階の植木鉢を入れている部屋は、北、南、東側の3方向に窓があって開口部の広いです。窓は2重サッシ、内窓の外側にポリカボネートを張っています。北側の窓は雨戸とカーテンを、日中でも閉めています。朝日が昇ってから陽が沈むまでの間、陽が射し込み、日中は室内の温度が20℃前後になるので暖房を入れることはありません。夜間の2時間、明け方の2時間だけ暖房を入れています。
 明け方、暖房を入れる前の室温は10℃前後あるため、夏に咲く草花が真冬でも咲いてくれます。
画像4(ブーゲンビリア)
ブーゲンビリア

画像5(ハイビスカス)
ハイビスカス

画像6(ハイビスカス)
ハイビスカス

画像7(マーガレット)
マーガレット


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ