畝の作り直し2018年04月12日 18時27分

[ジャガイモ] ブログ村キーワード

*********** 今日の草花 ***********
 ドウダンの垣根越しにチューリップの花の部分だけが見えます。ドウダンにも花が咲き始めました。
 姫リンゴの花が多くなってきました。
 ドウダンは庭と畑の間にある石垣の上に垣根として植えています。ドウダンの根元には蔓日々草があり、蔓を石垣に垂らすようにしています。蔓が伸びる夏の時期には時々刈り込んでいます。青紫の花が春から秋まで咲き続けます。
画像1(チューリップ)

画像2(ハナミズキ)

画像3(アルプス乙女の花)

画像7(蔓日々草)

画像8(蔓日々草)

*********** ジャガイモの芽 ***********
 先月30日に植え付けたジャガイモが芽を伸ばし始めました。マルチを敷いているので、芽がマルチを押し上げています。陽に当たっていない芽は黄色の小さな葉です。出てきた芽のところはマルチに穴を空けました。
画像4(マルチを押し上げているジャガイモの芽)

画像5(ジャガイモの芽)

画像6(ジャガイモの芽)

*********** 畝の作り直し ***********
 先日作った畝を作り直しました。昨日の風でマルチが剥がれそうです。また、キュウリ棚の横が狭く通りにくいので、畝幅の半分ほど広げました。畝を4本作る予定でしたが、通路を広げたため3本になってしまいました。畝に敷いたマルチは、畝の周りを少し掘ってしっかりと土をかけて風で剥がされないようにしておきました。
 畝の作り直しをしていたら、家内が北側の土手に下りてヨモギを摘み始めました。昨年、何度かヨモギを採って草餅を作っていたので、今年も草餅を作るようです。
 ここ数日、線路向こうの土手に数人ヨモギを採りに来ているおばさん達がいます。一人で来ている方や数人のグループで来ている方など様々です。幸い、線路のこちら側の土手にはやって来ないので、畑の横の空き地のヨモギは我が家で独り占めです。
 午後になって、摘んできたヨモギを使って草餅を作り始めました。
 知人のIさんが”コゴミ”を届けてくれました。今年初めての山菜です。出来上がった草餅をIさん宅へ届けてきました。
画像7(マルチの敷き直し)

画像8(キュウリ棚の玉ねぎ側の畝間)

画像9(ヨモギ摘み)

画像10(摘んだヨモギ)

画像11(コゴミ)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

_ くんぱん ― 2018-04-13 03:44

ykitaさん、おはようございます。日ごとに色彩豊かな花が咲き誇りますね、普段の管理が大変ですね。ジャガイモの初芽、ご対面ですね、元気に育つように願うばかしですね。まだ、自分の所はジャガイモは入れていません、昨日は、ネギの移植に入りました。今回は初めて、耕運機の畝立て機を使ってV型の溝を切ってやりましたので、鍬で掘る手間が省けました。
先日、車の契約しました、ホンダ、N-BOXです、本当はターボの車を買いたかったのですが、大蔵大臣が予算オーバーで無視されました、納車まで2か月だそうです、何時も世話になっている車屋さんに頼みました。

_ ykita ― 2018-04-13 18:06

くんぱんさん、こんにちは
 今年は10日~1ヶ月近く、草花の開花が早くなっていますので、のんびりしていると花が咲いているのを見落としてしまいます。
 ジャガイモの芽も2週間ほど早いです。芽が出たのは良いのですが、遅霜の心配がありますね。
 畝立て機の出番があって良かったですね。ネギの溝掘りは畝立て機だと上手く掘れそうですね。確か深さも調節出来たかと思います。
 N-BOXは収容量が大きく、高さもあるので、色々積めそうですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック