ブログ「毎日が日曜日」内の検索

片道490キロのドライブ2015年12月07日 20時28分


*********** 12月6日(日) ***********
+++++ 早朝の空 +++++
 東の空に筋状の雲がかかっていました。
画像1(12月6日朝の雲)

 穏やかな天気になる予報だったので、これから出かける49キロのドライブは、雨や雪の心配がなくて良かったです。
画像2(12月6日朝の雲)

 朝8時半過ぎに我が家を出発して、京都へ向かいました。
画像3(12月6日朝の雲)

+++++ 中央道・笹子トンネル +++++
 中央道・笹子トンネルの出入り口に、最近信号機が取り付けられました。笹子トンネル崩落事故が起きたのは、今から3年前の2012年12月2日午前8時過ぎでした。前日の午後3時頃に笹子トンネル上り線を走っていたので、鮮明に記憶に残っています。事故が起こる17時間前でした。
 信号機が取り付けられたから安全だと云うことではありません。トンネルの点検が行われても、目視だけでの点検では不十分であるということです。マニュアル通りの点検で済ませていては異常に気づくことは出来ないと思います。
 トンネル内を通過しているときに、いつも、あと何キロで出口か気になっています。何かあったときに出口に向かうのは取りら側が近いか、いつも考えて走っています。
画像4(12月6日笹子トンネルの信号機)

+++++ 中央道・南アルプス +++++
 笹子トンネルを出て、甲府盆地に入りました。勝沼を過ぎたあたりから正面に南アルプスの山々が見えます。
 富士山の人気が高いですが、山としては2番目に高い北岳の方が好きです。アプローチが長く、山深いところにある山なので、観光客が登ることはありません。
画像5(12月6日南アルプス北岳など)

+++++ 中央道・八ヶ岳 +++++
 甲府南・甲府昭和のICあたりから右手に八ヶ岳が見え始めます。
 朝日が当たって、雪をかぶった峰が際立っています。
画像6(12月6日八ヶ岳)

+++++ 無事、到着 +++++
 中央道・小牧JCTから名神高速に入り、米子JCTから北陸道を経て、舞鶴・若狭道を走り、無事、午後3時前に綾部に到着しました。ホテルに行かないで、そのまま、義叔母の入っている施設へ行きました。
 日曜日だったので施設の中は閑散としていました。事務室で受付をして、義叔母のいる部屋へ入るには入り口のドアを開けて貰わなければ入ることが出来ません。中の担当者に連絡を取っていただいて、義叔母をホールに連れてきて貰いました。車椅子に乗っている義叔母は、遠くからでも私が来たことが分かります。ホールで話をしましたが、義叔母はいつもと同じ話を一通りしたあとは、しばらく黙っていて、そのうち飽きてきたようでした。40分ほどして、義叔母を中の方へ戻すことに増した。中にもホールがあって、そこには何人もの入所者がテーブルに着いていました。そのうちの一つのテーブルに義叔母を連れて行き、私は帰ることにしました。帰り際に、施設の方に呼び止められ、”伝えておきたいことがあるので”と云われ、事務室の中に入りました。
 ”老健に入所して1年近くになるので、そろそろ出て貰わなければなりません”と、云われるのではないかと、少し緊張しました。話の内容は、それとは全く違っていました。
 義叔母が入所している施設で、”ターミナルケア”が出来るようになったので、その説明と、義叔母に何かあった場合の施設の対応についてでした。
 ”ターミナルケア”は終末期の医療と看護のことで、施設で”看取る”ことが出来るそうです。これまで施設で具合が悪くなると病院へ送られ、回復の見込みがなくても延命治療が行われ、病院で亡くなることが多かったですが、回復の見込みがない場合は施設で最後まで看取ってくれるそうです。いくつかの実例を挙げ、詳しく説明していただきました。
 1時間近く話を聞き、夕方、ホテルに入りました。 
*********** 12月7日(月) ***********
+++++ 濃霧 +++++
 昨日、施設での話を聞いて、少し安心したので、ホテルを出て、山梨に戻ることにしました。
 綾部の朝は、霧に包まれていました。多分、10時頃にならないと霧が晴れないだろうと思います。8時半、ホテルを出発して、昨日来た道を戻りました。
画像7(12月7日綾部の朝)

+++++ 中央道・駒ヶ岳 +++++
 北陸道の賤ヶ岳SAでお土産を買い、中央道・駒ヶ岳SAで軽い昼食を取っただけで、途中での休憩はしませんでした。
画像8(12月7日駒ヶ岳)

+++++ 中央道・富士山 +++++
 中央道の須玉付近から正面に富士山が見えます。行きは富士山が後ろになるので見ることが出来ませんが、バックミラーに朝日に照らされた富士山が見えました。
 韮崎付近は、八ヶ岳、鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳、富士山など、四方の山を眺めることが出来る場所です。その中でも、はるか南に見える富士山はひときわ高く、堂々としています。富士山の近くに住んでいる我が家からは見えませんが、山梨県内ではどこからでも富士山を眺めることが出来、県内の道に迷っても富士山を探せば、どの方向へ向かえば良いのか分かります。
 午後2時半、無事に自宅に帰ってきました。
 舞鶴・若狭道が開通する前は、京都東インターから京都市内を抜けて京都縦貫道を通り、途中から一般道を走らなければ生りませんでした、そのため、京都市内を抜けるだけでも1時間近くかかっていて、距離は変わりませんが、時間が1~2時間多くかかっていました。北陸道、舞鶴・若狭道を通るようになって、所要時間は6時間前後になりました。
画像9(12月7日 富士山)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

初霜(?)2015年12月08日 17時08分

[初霜] ブログ村キーワード

*********** 初霜(?) ***********
 今朝、畑や家の裏の土手が真っ白になっていました。午前8時の庭での気温は0℃でした。昨日の朝の様子が分かりませんが、我が家のあたりでの初霜だと思います。家内の実家にあたりでは、何日も前に霜が降りているので、場所によって初霜が観測されるのが微妙に違います。
画像1(玉ねぎ)

 玉ねぎや長ネギの葉の上に小さな氷の粒が見えます。
画像2(長ネギ)

 畑の土は、霜柱で持ち上がり、地表は霜で白くなっています。
画像3(霜柱と霜)

*********** リベットでカシメ ***********
 京都へ出かける前に注文しておいた”リベッター&ナッター”が届いていました。リベッターは、アルミ板や鉄板を重ねて止めるのにネジ止めでなく、リベットでカシメる道具です。
 ナッターは、中にネジが切ってあるハトメ状の金具を取り付けるために使います。今回使用するのはリベッターだけなので、ナッターと兼用するタイプの工具でなくても良かったのですが、ナッターとしても使えるので、こちらの工具にしました。
画像4(リベッター&ナッター)

 リベットは、ストレートのブラインドリベットです。取り付けるアルミ板は2mm厚と鉄板1.5mmなので、カシメの厚さが3.5mmあります。すでにドリルで穴を空けていて、穴の径が4.8mm近くあります。午前中、ホームセンターへ行って、適合するリベットを探しましたが、ピッタリのものが見つかりませんでした。下の画像の2種類を買ってきました。左側はステンレス製でせ、強度がありますが、サイズとしては合っていません。右側はシャフトはスチール製でスリーブがアルミで、こちらの方が使えるのではないかと思います。
画像5(ブラインド・リベット ストレート)

 すでに開いている穴が大きいので、座金を1枚入れてカシメました。
 リベッターを使うのは初めてです。最初のうちは、力加減が分からなくて、締めたつもりが、全く、カシメていないことが何度もありました。何回かやっているうちに、コツが掴めました。1回でカシメるのではなく、2、3回に分けて徐々に締めて行くと、最後にシャフトが切れてカシメができます。
 ボルトとナットで止めていた箇所でしたが、リベットを使うと凹凸が少なくなり、見た目がすっきりしました。
画像6(リベット打ち)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

今朝も霜が降りていました2015年12月09日 17時07分

[初霜] ブログ村キーワード

*********** 気温2℃ ***********
 今朝8時の気温は2℃でした。
 昨日同様、今朝も霜が降りていました。最低気温はマイナス2℃だったので、メダカを入れている水槽に薄氷が張っていました。日中は腫れると10℃以上に上がるので、夜間との温度差は10度以上あります。
 午前中、キャベツの収穫をしましたが、外側の葉は溶けていました。夜間に冷え込み、葉の水分が凍って、陽が射し始めると氷が溶けるのでキャベツの葉の細胞が壊れてしまいます。一つ目のキャベツは、中の葉まで凍っていたので食べることが出来ず、もう一つ収穫しました。2つめのキャベツは、幸い、外側の葉を数枚取り除くだけで、中の方は大丈夫でした。
画像1(温度計)

*********** 唐辛子 ***********
 畑に残してあった唐辛子の葉も寒さで萎れ、枯れてきました。赤く色付くまで残していましたが、まだ、緑色をしている実も多く残っています。中には褐色に変色しているものもあります。これは実に虫が入り込んで穴が開けているため、雨水などが中に入ったためです。
 赤く色付いた実だけを収穫し、他の実は根ごと引き抜いて捨ててしまいました。
 今年は収量が少なくなってしまいましたが、白菜を漬けるのに使うだけなので、何とかなりそうです。
画像2(唐辛子)

 午前中、籾殻を取りに、ふぃじよしだのJAへ行ってきました。JAには精米器があり、精米するためにやって来た車が数台順番を待っていました。精米器のある小屋の横に籾殻を受ける、大きなコンテナがあります。コンテナには雨避けのシートが掛けてあるので、中に籾殻が入っているか分かりません。シートを剥がして中を覗くとコンテナの底が見え、籾殻は全く入っていませんでした。毎年、稲刈りが終わった10月後半に籾殻を取りに来ていますが、今年は来るのが遅くなってしまいました。精米に来ている方たちは籾殻付きでは無いのかもしれません。
 JAまでやって来たのに、目的が達せられずに家に帰ってきました。籾殻は、畑でも使いますが、稲藁が多くあるので、特に、籾殻を必要としていません。ただ、家内の実家のある地域で、三角形の布袋に籾殻を詰めて、年内に提出する習慣があるので、そのために籾殻が少し必要なだけです。籾殻を詰めた三角形の布袋は、来年、塞之神のお祭りに辻に立てた竹に吊します。祭りが終わると、布袋は、再び、各家庭に戻され、玄関などの見えるところに一年間つり下げます。災いが家の中に入ってこないためだそうです。
 籾殻は少しだけなので、近所の農家にお願いしていただくことにするつもりです。
画像3(唐辛子)

画像4(唐辛子)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

デンドロビウム、家の中に入れる2015年12月10日 17時31分

[デンドロビウム] ブログ村キーワード

*********** 今朝の空 ***********
 今朝の空は、昭美みられる巻積雲が浮かんでいました。巻積雲はウロコ雲とかイワシ雲とか呼ばれています。比較的高いところにできる雲です。
 今朝は冷え込みが弱く、日中も比較的気温が高かったです。12月半ばにしては暖かな一日でした。
画像1(今朝の雲)

*********** 富士山 ***********
 今日も富士吉田へ行ってきました。3日連続で出かけています。
 制作中の輪行袋に取り付けるファスナーが短く、もう少し長いファスナーが欲しかったので見つけてきました。
 帰りに市立病院の方まで上って、富士山の写真を撮ってきました。曇り空だったので逆光が弱められ、富士山の輪郭がくっきりと見えました。
画像2(富士山)

 富士五湖周辺地域は富士山をメインに、さまざまな見どころがあります。自然を対象とした観光地なので、もう少し景観に気を配ってほしいものだと思います。今日、撮ってきた富士山は、市立病院の近くまで行かなければ撮れません。もう少し下の場所だと、電線が横切ってしまいます。
 富士見バイパスは正面に富士山を見ることができる道路ですが、電線の他に信号機、看板などがあるので景観が悪いです。観光の町として自然を売りにしているのなら、景観を損なう人工物は極力少なくするべきだと思っています。
画像3(富士山)

*********** デンドロビウム ***********
 外に出してあったデンドロビウムを家の中に入れました。今日のような陽気なら、もう少し戸外に出しておいてもよさそうです。
 例年、リビングに入れています。今年はデンドロビウムの数が減ったようなので(管理は家内がやっています)、これまで窓際2か所に置いていましたが、窓際1か所と暖房機の横のスペースに置きました。下に直に置かないで、子供が使っていたカラーボックスを横にして、その上に置いています。
画像4(デンドロビウム)

画像5(デンドロビウム)

*********** 甲州市特産”ころ柿”、出荷量8割減 ***********
 新聞の県内版に甲州市の特産である”ころ柿”の出荷量が昨年の8割減になる見込みだという記事がありました。
 11月の気温が高く、後半は雨や曇りの日が続いたので、柿が乾かずに、株が発生したり、柔らかい状態で落下したりしています。自然が相手なので仕方がないとはいえ、生産者にとっては大きな損失です。
画像6(新聞記事)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ