ブログ「毎日が日曜日」内の検索

正月の準備2015年12月30日 16時06分

[おせち料理] ブログ村キーワード


*********** 蜜蝋 ***********
 最近、朝食のトーストに蜜蝋をつけて食べています。精製されたハチミツよりも濃厚な気がします。
画像1(今朝の朝食)

 蜜蝋は、近所の養蜂家から買っています。蜜蝋があるときとない時があるので、あらかじめ電話で問い合わせてから買いに行きます。値段は300グラム1800円と、少々高めですが、食べていると、何となく体に良いように思います。
画像2(蜜蝋)

 蜜蝋をスプーンで砕いて、パンにのせます。八角形の巣の縁は固いところもありますが、捨てずに全部食べています。
画像3(蜜蝋)

*********** 里芋、ゴボウの掘り出し ***********
 正月準備を2日ほど前から始めています。お節料理を作ることが、最も時間がかかります。
 煮しめの野菜の材料に、里芋やゴボウが必要なので、今朝、畑の貯蔵してあったのを掘り出しました。
 里芋は何重にもかけた藁の下なので、藁を取り除いても土は凍っていませんでした。
画像4(里芋の貯蔵)

 里芋を埋めた土の深さは10センチ程度なので、手で土をかき分ければ簡単にトぢ出すことができました。
画像5(里芋の貯蔵)

画像6(掘り出した里芋)

画像7(掘り出した里芋)

 ゴボウも地中保存しています。葉が地表に出てきていて、まだ、成長を続けているようです。
画像8(掘り出したゴボウ)

 太いゴボウを2本掘り出しました。
画像9(掘り出したゴボウ)

*********** 餅切り ***********
 昨日は、頼んであった店に餅を取りに行き、まだ、柔らかいうちに餅を切りました。我が家では、あまり大きくしないで小さめに切っています。サイズをそろえるため型紙を作って、それに合わせて切っています。
画像10(餅切り)

*********** 活車エビ ***********
 末娘が今年結婚をし、夫の実家である伊万里から活車エビをいただきました。
 おせちに使うエビは、毎年、安価なブラックタイガーを買っていますが、今年は高価な活車エビです。
画像11(活車エビ)

 刺身にして食べても良かったのですが、末娘夫婦が帰ってくるので、お節に使うことにして、酒蒸しにしました。蒸したてを1匹食べてみましたが、身がプリプリしていて、甘くておいしいです。
画像12(車エビ)

 黒豆は28日から水に浸し、その後、弱火で煮ています。丸2日見煮ていて、ようやく中の方まで柔らかくなりました。
画像13(黒豆)

*********** 錦玉子 ***********
 玉子を16個ゆでました。殻が剥けやすいように殻に傷をつけてからゆでましたが、思ったようにきれいに剥けません。
画像14(ゆで卵)

 錦玉子を作るため、白身と黄身に分けました。
画像15(黄身と白身に分けたゆで卵)

 君と白身を別々に裏漉しします。この作業は、例年次男が受け持っていましたが、今年は24日に長女が生まれ、帰ってこないので、私がやることになりました。
画像16(黄身と白身の裏ごし)

 黄身と白身の裏漉しは、結構、根気のいる作業です。両方の裏ごしが完了しました。
画像17(黄身と白身の裏ごし)

 砂糖と少々の塩を入れて、軽くかき混ぜたあと、裏漉しした白身を先に、容器に入れ、その上に黄身をのせます。黄身を少しのせたところで、形が崩れないように上からスプーンで押しつけて程よい硬さにした後、さらに黄身をのせて形を整えます。
画像18(裏漉しした黄身と白を入れる)

 このあと、蒸し器にかけて蒸せば、錦玉子の完成です。
画像19(裏漉しした黄身と白を入れる)

*********** 飾りつけ ***********
 私自身は何かを信じるということはありませんが、新築した時に小さな神棚を作りました。
 年末に神棚を掃除して飾りつけをします。紙垂を左右各6枚ずつ垂れ下げますが、折り目が”人”と見える方が表側です。義父が元気だった頃には、紙垂を作っていましたが、今は出来合いのものを買っています。左右の松は五葉松です。義父に庭の松を片付けた時に持ってきました。
画像20(飾りつけをした神棚)

画像21(玄関ドアの飾りつけ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ