底冷えの寒さ!!2017年11月20日 22時16分


 今朝7時の気温が-1.5℃でした。明け方の最低気温は-3.0℃で、氷点下になることが多くなってきました。例年に比べると、この時期の気温は低いです。
 昨日まで綾部にいたので、この寒さは体に堪えます。綾部では朝霧がかかります。そのため放射冷却がなく、気温が低くても氷点下になるのは真冬の短い間だけだったように思います。山梨は太平洋側の気候で、千メートルを超す山々に囲まれ山間部特有の寒さが加わります。そのため、乾燥した冷たい大気に包まれるので、冷気が肌に突き刺します。
 ここ数日の寒さで、エアコンを入れていましたが、今日はストーブで部屋を暖めています。
画像1(気温)

 アジサイの葉が紅葉していました。
 今年は日中と夜間の気温の差が大きく、紅葉が鮮やかですね。
画像2(紅葉した紫陽花の葉)

 一日の寒暖の差が大きくなると、葉ボタンの色づきがはっきりしてきます。
画像3(葉ボタン)

 綾部で宿泊する場合は、駅の北口にあるホテルです。このホテルが満室の場合は綾部の隣の市、福知山や舞鶴などのホテルに宿泊します。今回は中学の同級会出席の予定があったので9月中に予約を入れました。ビジネスホテルで、いつも素泊まりにしています。今回も2泊とも朝食抜きにしていましたが、1日目の夕食を食べに出た後、ホテルに戻り、最終日の朝だけ朝食をホテルで取ることにしました。理由は冬型の気圧配置になり、帰路の舞鶴・若狭道や北陸道などでの降雪が心配で、いつもは7時頃には帰路についていましたが、今回は気温が上がるのを待って出発しようと考えていたからです。
 朝食は朝7時から、1階のロビーで取ることができます。3日目の朝7時になったので1階へ下りて行きました。朝食を取っている客は誰もいなくて一番乗りでした。窓越しに駅のホームを眺めながら朝食を取っていたら、次々と宿泊客が朝食を食べにきました。その中に、前日同級会に出席していた女性2人が、更に続いて、別の同級生の女性が1人。席を丸テーブルに移し、円卓を囲んで一緒に朝食を食べながら、話の花を咲かせました。最初の2人はどちらも神奈川県に住んでいる方で、その一人は、高校まで私と同じ上野町に住んでいて、距離にすれば200mも離れていない場所でした。小中高の18年間、同じクラスになったことがなく、従って、顔や名前は知っていても、一緒に遊んだり、話をしたことはなかったように思います。50年以上経つと、子どもの頃のような、異性と話をするという恥ずかしさもなく話が出来ることは、互いに年を取ったということなのかもしれません。彼女は、私の妹の名前や妹がピアノを習っていたことなどを覚えていました。前日の同級会でも同じようなことを話す方がいましたし、facebookで友達になっている同級生も私の妹のことを話題にしたことがあります。妹は私より2つ年下ですが、妹のことを話す同級生にも2つ年下の弟・妹がいるようなので、記憶に残っているのだろうと思います。
 早々に朝食を済ませて出発するつもりでしたが、珈琲を頂きながら1時間も話をしていました。
画像4(葉ボタン)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

_ くんぱん ― 2017-11-21 03:19

ykitaさん、おはようございます。ykitaの方も、冷え込んだようですね、毎日、孫を中学まで送り迎えしていますが、車のフロントガラスにお湯をかけましたが、すぐ凍ってしまいました。
ビジネスホテルもよくなってきましたね、なんといっても、気兼ねなくして宿泊できるし便利が良いです。自分も、今回、同窓会に出席するときは、東横インのビジネスに泊まる予定でしたが、長距離の移動が難しく欠席しました。大豆(あやみどり)の皮むき昨日で終了しました、百均で買った、定価200円のバケツで2杯分です、結構重いです、女房も夢中でやってくれたので助かりました、その後、部屋の大掃除です、皮むきも、鼻の中が汚れます。

_ ykita ― 2017-11-21 18:39

くんぱんさん、こんばんは
 いよいよ冬到来ですね。これから3月頃までは畑の作業もやることが少なくなるので、暫く冬眠生活になりそうです。
 ビジネスホテルは料金も手頃で、wifiもあるのでタブレットを持っ行けば、ブログの更新も出来ます。ただ、WINDOWSと違ってアンドロイドなのでファイル操作や文字入力、カット&ペーストなど、よく使う機能が慣れないために時間がかかります。マルチウィンドウが使えるともっと楽になるのですが...。
 大豆の鞘取り、ご苦労様でした。乾かしてあるので埃が出るようですね。栽培、収穫、乾燥、鞘取りをして、初めて食べられる状態になるので、畑をやったことがない人は、その苦労が分からないでしょうね。バケツ2杯分の大豆、様々な料理に変わって行くのだと思いますが、これから先は奥様の腕の見せ所ですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック