雪の心配もなく、無事到着!!2017年11月19日 18時03分

[バラ] ブログ村キーワード

*********** 綾部から山梨へ ***********
 今朝8時過ぎにホテルをチェックアウトして給油をした後、綾部を出発しました。
 昨夜の天気予報では日本海側や岐阜、長野県などで雪が降る可能性があるような、曖昧な予報をしていました。医者と同じで気象予報士も最悪の状態を考えて判断しているような気がしてなりません。朝、気温が下がっていて、雪雲があるようなら、京都縦貫道で京都に出て、出来るだけ南側の、京滋バイパスなどを経由して東名を走行するつもりでいました。しかし、今朝の気温は7℃、空も雲がかかっているものの明るかったので、いつも通り舞鶴・若狭道で敦賀まで行き、北陸道を経て名神、中央道を通ることにしました。
画像1(走行距離と時間)

 敦賀に近づくに従って雨脚が強くなり、北陸道に入った途端に、雪の表示が出ました。フロントガラスに当たった形が明らかに雨ではなく雪でしたが、ガラス越しに見えるのは、白くなく雨でした。ミゾレだったのかもしれません。賤ヶ岳SAまでは「雪」のマークが道路脇の電光掲示板に出ていました。
画像2(北陸道)

 心配だった米原から関ヶ原のあたりは雨もなく無事通過出来、次第に青空が見えてきました。1回目の休憩場所は養老SAです。
画像3(名神高速 養老SA)

 小牧JCTから中央道に入りました。路面は乾いていて、雲がありますが晴れていました。外気温は5~7℃です。
 伊那ICから岡谷JCTの間の5キロほどが工事のため対面通行になっていましたが、渋滞することもなくスムースに流れていました。
画像4(中央道 箕輪付近)

 2回目の休憩地は諏訪SAでした。SAで肉厚の干し椎茸(ドンコ)を売っていたので、衝動買いしてしまいました。これを見た家内が「ラベルがどこにも張ってないので中国産ではないか?」と云っています。生産地を確かめないで買ってしまいました。
画像5(中央道 対面通行)

 山梨県に入ると、帰ってきたなという気持ちになります。
画像6(中央道 山梨県境)

 山梨県内に入ると直ぐに富士山が見えてきます。小淵沢、長坂、須玉と南に向かうので富士山も徐々に大きくなります。
画像7(富士山)

画像8(富士山)

*********** 綾部バラ園 ***********
 昨日、中学の同級会に行く前に時間があったので、”あやべグンゼスクエア”のバラ園を見てきました。”あやべグンゼスクエア”には”あやべ特産館”、”グンゼ博物苑”、”綾部バラ園”などがあります。
 バラ園のバラには、それぞれプレートが挿してあって、プレートにはバラを植えた方の氏名とその理由が書かれています。”還暦記念”だとか、”初孫誕生記念”など、様々で、花を見ながら読んで行くのも楽しいものです。
画像10(綾部バラ園)

画像13(綾部バラ園)

画像11(綾部バラ園)

画像12(綾部バラ園)

*********** 京都「ゆラリー」サイクリングロード ***********
 あやべ特産館の横にサイクリングロードの地図がありました。
 綾部市内を流れている一級河川”由良川”を巡る96キロのコースです。最近はサイクリングロードといえば、自転車走行のために整備された道を指しますが、このコースは一般の道路だと思います。
 多分地元の自転車愛好者が考えたコースではないかと思います。走行距離が長く、後半に海抜ゼロからの急な上りがあるコースでは、誰でも走ることが出来るとは思えません。20代の頃の私なら日帰りで走ることが出来たと思いますが、今の私では一泊二日のコースになりそうです。
画像14(サイクリングマップ)

画像15(サイクリングマップ)

*********** 中学校同級会 ***********
 昨日の同級会で、何人かの同級生と話をしました。出席名簿の名前は分かっても、顔と一致せず、胸に付けた名札を手がかりに、各テーブルを回りました。
 私たちの学年は、小学校9クラス、中学校では12クラスでした。おおよそテーブルごとにクラスが配置されていて、私がいた3年4組(出席して、私が4組だったことを思い出しました)のテーブルには私を含めて8名出席していました。
 中学時代は私には、あまり良い思い出がなかったように思います。そのためか中学校での印象が薄く、特に3年時のクラスのメンバーは数人しか思い浮かびません。胸に付けているプレートの名前と顔を見ても思い出せなかった人もいましたが、当時のことを話しているうちに記憶がよみがえってきます。脳に一旦記憶されたことは、条件さえ揃えば開かずの扉のスイッチが入って記憶が戻ってくるような気がします。
画像16(古稀同級会記念写真)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

_ くんぱん ― 2017-11-20 02:56

ykitaさん、おはようございます。復路500キロで6時間、大変でしたね。ykitaさん、画像で伊北出口の看板で、左方向が自宅です。富士山も上るより、下界から見た方が良いですね、夏の富士登山は行ったことが無いです。中学校で12クラスもあったのですね、私共は8クラスで、一クラス55人でした、今思えば、先生も大変だったと思います、試験用紙も、手書きでガリ版で刷って?今の孫のクラスでは25人くらいだと思います。昨晩、悪寒になり体温計で計ったら、8度4分、初めてですこんなに上がったのは、日中は、静かに横になっていました、それでも7度8分くらいまで下がり、寝るときは、若干上がり気味でした。今朝は2時で平熱に6度3分になっていました。今日は、ピロリ菌の検査です、きっと菌がいると思います。同窓会、出席、ご苦労さんでした。

_ ykita ― 2017-11-20 18:20

くんぱんさん、こんばんは
 舞鶴・若狭道が出来る前は、名神・京都東インターで下りて国道1号線(五条通り)を通って京都の西側から京都縦貫道を北上していました。京都市内を抜けるのに1時間近くかかることが多く、京都縦貫道も途中で切れていたりしたので、距離的には同じでも時間は7時間近くかかっていました。その頃に比べると、今は高速道路だけで行けるので楽になりました。
 伊北の看板の左方向、運転しながら眺めていました。伊那谷といいますが、我が家の当たりに比べれば、結構拓けた場所ですね。
 戦後のベビーブームの時代ですので、クラスの人数55人、学年で660人です。今だったら一つの学校の規模ですね。
 気温の変化が激しく、急に寒くなってくると体調を崩す方が多くなりますね。平熱に下がっても、2,3日は安静にお過ごしください。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック