ブログ「毎日が日曜日」内の検索

接ぎ木苗作り2020年03月17日 17時40分

[茄子] ブログ村キーワード


*********** 最低気温氷点下 ***********
 今朝のサンルーム内の最低気温が-2℃でした。庭の温度計は更に低い値を示していました。今日を境に気温が上がって来るようです。
画像1(今朝の気温)

*********** 接ぎ木苗作り ***********
 昨日、茄子の接ぎ木を試してみたところ、今日になっても穂木が萎れずに立っていました。試した穂木の米なす「くろわし」は小さな本葉が出たばかりでした。穂木が小さくても接ぎ木が出来そうなので、他の茄子も接ぎ木をすることにしました。

 (1)先を細く削った竹串を、切断した台木の茎に差し込み穂木を差し込む穴を空けます。穴の深さは約1センチあります。

(2)穂木「千両二号」の茎をクサビ状にカットして台木の茎に差し込みます。

(3)湿らせたティッシュペーパーを接合部に巻いてクリップで押さえます。

(4)台木と穂木が活着するまで穂木が萎れないようにするため、透明なコップを被せて保湿をします。

 挿し接ぎの仕方をネットで調べると、(1)~(2)までの説明があります。多分、(1)、(2)だけで接ぎ木が出来るのだと思いますが、私のやり方は(3)、(4)まで行っています。特に、トマトの場合は茎や葉からも水分を取り込んでいて、コップを被せることによって湿度が保たれるので、活着するまでの間、穂木が萎れないで済みます。
画像2(茄子の穂木と台木苗)

画像3(台木の穴空け)

画像4(茄子の挿し接ぎ)

画像5(茄子接ぎ木苗の保湿ぎ)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ