< div class="fb-quote">

ピーマン・シシトウの種まき2017年02月20日 15時43分

[種まき] ブログ村キーワード

*********** 洋ラン「セロジネ」 ***********
 洋ラン「セロジネ」が咲きました。
 2年前の2月下旬、伊豆の河津桜を見に出かけたときに買ってきました。河津桜の並木がある土手から少し離れた場所で洋ランや和ランを売っている店がありました。値段が手頃だったので、いくつか買ってきて育てています。
画像1(セロジネ)

*********** 資材置き場 ***********
 朝から風が強く吹いています。先日の春一番と同じ暖かな風です。
 畑の隅に建てた資材置き場のテントが風でパタパタとあおられていました。単管パイプを2箇所に入れてテントをしっかり止めておきました。
画像2(資材置き場)

*********** 種まき準備 ***********
 夏野菜の種まきをする前に様々な準備をしなければなりません。今日はラベルに書いた文字を消す作業をしました。昨年、使ったラベルを捨てるのはもったいないので、もう一度、使います。
 ラベルに書いた文字は除光液を使って消しました。義妹が買っていた除光液で30年以上前のものだと思います。
 除光液をラベルの上に垂らすと簡単に文字が溶けるので、その後、拭き取るだけで消すことが出来ます。
画像3(除光液とラベル消し)

*********** ピーマン・シシトウの種まき ***********
 午後から、ピーマンとシシトウの種まきをしました。台木用の種も蒔きました。これらの種は、昨年、一昨年の残り種です。
 ピーマンは、緑、黄、赤と変化する「ソニアミックス」と大きな果実になる「デカチャンプ」です。接ぎ木のための台木用は「ベルホープ」です。
画像4(種袋)

 「ソニアミックス」4ポット、「デカチャンプ」2ポット、「シシトウ」4ポット、「ベルホープ」14ポットです。台木用は多めに蒔いてあります。
画像5(種まき)

 室内温室の中に入れ、保温マットで暖めています。発芽温度が20~25℃くらいなので、室内に置いただけでは気温が低く発芽しにくいです。
 これから月末までの間に、トマト、茄子、キュウリなどの種まきをして行きます。
画像6(保温)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

畑の準備2017年02月19日 16時34分


*********** 今朝の雪 ***********
 夕べ、雪が少し降ったようでした。今朝、庭や畑が白くなっていました。真冬のどか雪ではなく、淡い雪です。
画像1(スノードロップ)

画像2(スノードロップ)

 朝のうちは畑が真っ白になっていましたが、陽が昇るに従って消えてしまいました。
画像3(今朝の畑)

*********** 飛行機雲 ***********
 今日午前中、上空にいくつもの飛行機雲が出来ていました。東の空から南西の富士山の方角へ向かって旅客機が飛んでいます。
画像4(飛行機雲)

*********** 資材置き場のテント張り ***********
 昨日、資材置き場にテントを張りました。テントはイ運動会やベントなどで使われるテントと同じ、厚手の生地でできています。1年前に、隣の畑で使っていたのを譲り受けました。置く場所がないので畑の隅に野ざらしだったので、かなり汚れています。
 横長のテントなので、資材置き場の左右に垂れ下げるようにしてかぶせました。
 資材置き場の奥に棚を作って、マルチを押さえるペグ等を置きました。
 耕耘機を入れてみると、奥行きが若干足りず、はみ出してしまいます。斜めに入れるとなんとか収まりました。
画像5(資材置き場のテント張り)

 テントを四方に引っ張ってたるみをなくしましたが、テント地は重く、屋根の中央部が垂れ下がっています。中央に1本単管を入れるとくぼみが少なくなるので、あとで単管を入れてみることにします。
画像6(資材置き場のテント張り)

*********** 野菜屑等の堆肥 ***********
 資材置き場が完成したので、隣の野菜屑等で作っている堆肥を減らすことにしました。畑で出た野菜の根株や残飯などを入れていて、ここ2年以上、そのままになっていました。置いている場所からはみ出すほどになっているので、下の方の堆肥になったところを畑に入れることにしました。
画像7(野菜屑等の堆肥)
 野菜屑置き場を掘り返してみると、たくさんのシマミミズがいました。ミミズが野菜屑などを分解して堆肥にしてくれます。
画像8(堆肥の中のミミズ)

*********** 畑に堆肥を入れる ***********
 堆肥を畑に入れました。一輪車で何度も堆肥置き場と畑の間を往復しました。畑で作っている野菜を片付けたときに出る根株や茎、それと残飯なので、この堆肥は有機肥料と云えます。有機肥料、無農薬なので、安心だと云われますが、私は必ずしも安全な野菜だとは思っていません。
 堆肥の元は牛糞や鶏糞、パークチップなどです。牛や鶏が食べている餌に化学物質が含まれていたり、木々が生えていた場所の土壌が汚染されていたりすることが、全くないとは言い切れないからです。
 有機栽培の野菜だからといって、鵜呑みにせず、どんな食べ物にも安全とともに有害な物質が含まれていると考えた方が良いと思っています。
画像9(堆肥を入れた畑)

 堆肥を入れた後、耕耘機で漉き込みました。
 これまで、耕耘機はブルーシートをかけていたので、使用前や後にブルーシートを取り外したり、かぶせたりしなければなりませんでした。資材置き場が出来たので、その手間が省け、耕すのが億劫にならなくなりました。チョットしたことで、これだけ楽になるのなら、もっと早く資材置き場を作っておけば良かったかと思います。
画像10(耕耘機で耕す)

 現在、畑には玉ねぎ、ほうれん草、冬菜、ブロッコリー、スナックエンドウ、そら豆だけなので、畑の半分近くを耕したことになります。この状態で暫く置いて、3月に入ったら苦土石灰を入れて耕し、ジャガイモを植え付ける2週間前あたりに、再び堆肥を入れて畝立てをするつもりです。
画像11(耕した畑)

*********** 水掛菜・ほうれん草・長ネギ ***********
 私が畑に堆肥を入れている間に、家内が水掛菜を採りに出かけました。水掛菜はトウ立ちを始めていて、根元から折って摘んできたそうです。
画像12(水掛菜)

 水掛菜の畑にはほうれん草や長ネギが植えてあります。一畝の水掛菜を買い取っただけですが、周りに植えてあるほうれん草や長ネギも取らせていただいています。水掛菜1畝の値段は年によっても違いますが、おおよそ4千円くらいです。1シーズン採り続けても取り切れないで残ってしまいます。ほうれん草や長ネギも、自由に採っているので、儲けはほとんど無いだろうと思います。
画像13(ほうれん草)

画像14(長ネギ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

種まきの準備2017年02月17日 15時48分

[種まき] ブログ村キーワード

*********** 福寿草と水仙 ***********
 2日続けて暖かな日です。
 陽差しがあると福寿草は大きく花弁を広げます。
 同じ場所にメドーセージを植えているためか福寿草が少なくなりました。
画像1(福寿草)

画像2(福寿草)

 水仙は、一度花が咲きましたが、1月の雪で埋もれてしまい茎が折れてしまいました。再び茎が伸び、ようやく花が咲きました。、
画像3(水仙)

*********** 春一番、大荒れの天気 ***********
 富士山に笠雲がかかっていました。我が家からは富士山を直接見ることは出来ません。富士山の上空にかかる雲は見えます。
 富士山の笠雲は、天気が下り坂に向かうときに発生する雲です。午前中の早い時間帯は風もなく穏やかでしたが、昼前頃から強い南風が吹き出しました。外で作業していて、多分、”春一番”が吹いているのだろうと思っていました。家に戻って家内に話すと、テレビのニュースで”関東地方に春一番が吹いた”と、伝えていたと云っていました。
 正午を少し過ぎたあたりから、強風と共に雨が降り出しました。太陽が出ているので、”天気雨”てす。一時、激しい降りになり、慌てて洗濯物を取り込みました。
 その後も風は止まず、時折雨が降っています。
画像4(富士山の笠雲)

*********** 資材置き場の手直し ***********
 朝一番に、資材置き場のコンクリートの様子を見ました。押さえてあった枠板を外して調べると、ところどころコンクリートが流し込まれていないところがあったので、インスタントセメントで穴埋めをしました。少し凸凹していますが、資材置き場の内側で目立つ場所ではないので剥がれ落ちなければ大丈夫です。、
画像5(資材置き場の手直し)

*********** 種まきの準備 ***********
 夏野菜の種を蒔く準備をしました、
 種まき用培土40リットルを使います。例年、40リットルでは足りず、あとで追加しています。
画像6(種まき培土)

 ポリポット110個ほどに培土を入れました。ポリポットの鉢底ネットは使わなくなった網戸のネットです。網戸を取り替えたときに古いネットを捨てずに取ってあります。鉢底の大きさに合わせて切ることが出来、古いネットが1枚あれば、1年以上使えて便利です。
画像7(培土を入れたポリポット)

 まだ、種まきはしていませんが、取りあえず室内用温室の中に納めました。
画像8(室内温室)

画像9(室内温室)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

資材置き場づくり2017年02月16日 17時10分


*********** コンクリートの流し込み ***********
 気温が上がり、風もなく穏やかな日でした。
 中断していた畑の資材置き場づくりに取りかかりました。今日は石垣の側面にコンクリートを流し込む作業です。
 野菜屑置き場の隣で、野菜屑置き場の方は、以前、コンクリートを石垣に張り付けてあります。つなぎ目になるので、少し多めにコンクリートを入れました。
画像1(石垣の間にコンクリート)

 コンクリートは、既に砂、砂利、セメントが混ぜてあるインスタントセメントを使用しました。砂、砂利、セメントを混ぜる方が安く仕上がるかと思いますが、面倒なのでインスタントセメントにしました。水を入れるだけですが、混ぜ合わせるのには結構力が必要です。混ぜ方が雑だと、セメントが解けずにパサパサになってしまいます。
画像2(インスタントコンクリート)

 石垣の側面に生コンを入れた後、ブロックの隙間を埋めました。ブロックとブロックの間に単管を差し込んでいます。単管だけではグラグラするので隙間をコンクリートで埋めてグラつきをなくしました。
画像3(ブロックの隙間を埋める)

 石垣の側面、ブロックの隙間に使ったインスタントセメントは合計12袋、重さにすると275kgです。(25kg×7袋+20kg×5袋)
 一日経てば固まると思うので、明日は羽目板を外して生コンが十分に入っていない箇所などを直す予定です。
画像4(生コンの流し込み完了)

*********** 古いビデオのデジタル化 ***********
 子供のビデオをデジタル化して保存しています。
 デジタル化したファイルを再生してみると、テープやビデオデッキのヘッドの汚れやカビなどがあるためか、画像が乱れたり、画質が悪かったりしています。
 少しでも改善されるようにと、再びダビングを始めています。ダビングしながら、子育てをしていた頃を思い出して、仮面を見入ってしまい作業がなかなか進みません。
 私たち夫婦には3人の子供がいます。それぞれ独立し、親元を離れています。
 今日は長男の高校2年、3年のときのマリンバ発表会の演奏を紹介します。トリミングして上半身をカットしてあるので演奏の様子が分かりにくいかもしれません。
 長男は小学校に入学したとき、たまたま、担任になった先生が近所に住んでいて、自宅でマリンバを教えていました。小学校に上がる前、散歩に連れ出して先生の家から聞こえてくるマリンバの音色に興味があり、担任の先生だったこともあって、習い始めました。
 先生は、その後、教員を辞めて、自宅で音楽活動をされるようになりました。
 週に1回、先生のお宅に行って教わっていました。高校3年の夏まで、12年間、習っていました。高校生になってからは、通学で往復3時間近くかかっていましたが、マリンバの練習や先生のところへ行くのも欠かしたことはありません。
 マリンバを習いたいと言い始めたときに、「一旦、始めたら途中で嫌になって止めるということはダメだよ」と、私と約束していたので最後までやり通しました。次男も、末娘もマリンバを習いましたが、長男同様、どの子供も高校3年までやり通しました。
長男高校2年・マリンバ発表会 モンティ作曲「チャールダーシュ(csárdás )」

長男高校3年・マリンバ発表会 バッハ作曲「バイオリン協奏曲第一番イ短調第一楽章」



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ