玉ねぎの畝のマルチ押さえ2017年10月10日 17時07分

[玉ねぎ] ブログ村キーワード

*********** マルチ押さえの単管 ***********
 昨日、玉ねぎの畝に穴あきマルチを敷き、マルチ押さえで所々ピン止めしておきました。
 玉ねぎは10月末に苗を定植してから来年6月上旬頃の収穫までの7ヶ月近くかかります。その間に畝が崩れたり、マルチがはがれたりすることがあるので、マルチをしっかり押さえておく必要があります。
 昨年、隣の畑で使わなくなった単管を何本も頂いたので、マルチ押さえに使っています。ニンジンの畝や大根、白菜の畝で使っていた単管を玉ねぎの畝で使うことにしました。単管の長さがまちまちなので、畝の長さに合うように、単管を入れ替えたりして合わせて行くので、時間がかかってしまいました。
画像1(マルチ押さえの単管)

 出来上がった2本の畝では600本の苗が植え付けられません。空いている場所を探すと、ニンニクの畝の続きが空いていました。畝の奥がニンニク、手前が蕪、ニンジンを植えてあり、その間が空いています。蕪を収穫すれば、更に、畝が空きます。
 今日は取りあえず、ニンニクの続きに36本植え付けられるようにマルチを張りました。この追加で600本をかろうじて越えます。
画像2(玉ねぎ植え付け場所の追加)

*********** ”銀ブラ” ***********
 Facebookで紹介されていた書籍「文豪と暮らし」をamazonに注文しました。昨日、本が届きました。
 第一章 文豪が愛した物
 第二章 文豪が愛した味
 第三章 文豪が愛した場所
の三部構成です。
 見開きで右ページに文、左ページに写真が載せてあります。肩が凝らずに読める読み物です。
画像3(書籍「文豪と暮らし」)

 ”文豪達が愛したカフェ”に、現在も銀座にある”カフェー パウリスタ”のことが書かれています。現存する日本最古の「喫茶店」で、日本で始めてブラジル直輸入の豆を使った珈琲を提供、制服給仕による接客、オープンカフェなど、現在のカフェのサービスのほとんどはこの店が発祥だそうです。
 ”銀ブラ”という言葉も、本来の意味は「銀座のカフェーパウリスタでブラジル珈琲を飲むこと」だったのだそうです。

 店舗名 カフェーパウリスタ
 所在地 東京都中央区銀座8-9 長崎センタービル1階

 銀座へ行く機会は少ないですが、近くに行くことがあれば、”カフェーパウリスタ”で文豪達が愛したブラジル珈琲を飲んでみたいと思います。
画像4(「文豪が愛したカフェ」)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

玉ねぎの畝作り2017年10月09日 16時25分

[玉ねぎ] ブログ村キーワード

*********** キャベツ ***********
 キャベツの葉に穴が空いていたので、トンネルの虫除けネットを外して調べて見ました。
 葉ボタンでも同じですが、葉に穴が空いているときは、必ず、青虫がいます。キャベツにも2センチほどの大きさの青虫がいました。トンネル仕立てなのでモンシロチョウが入ることはありません。多分、植え付ける前のポット苗の時に卵を産み付けられたのだと思います。
画像1(キャベツのアオムシ)

 青虫がいたのは畝の端の一株だけでした。アオムシに気を取られていて気がつかなかったのですが、画像を見るとアブラムシが数匹いるのが見つかりました。キャベツはまだ、結球前で葉の数が少ないので、今のうちに殺虫剤を散布してアブラムシを退治しておこうかと思っています。
画像2(キャベツのトンネル)

*********** 玉ねぎの畝作り ***********
 今月1日に苦土石灰を入れて耕してあった畑に、油かすを入れました。玉ねぎの生育のためには、窒素肥料を少なくしてリン酸を多めにすると良いということなので、鶏糞を入れるのが良いそうです。鶏糞は発酵済みでも、かなり臭うので鶏糞を使うことが少ないです。
画像3(油かす)

 油かすの上に、牛糞堆肥を入れました。
画像4(堆肥)

 油かすと堆肥を土に漉き込むため、耕耘機で耕しました。
画像5(耕耘)

 玉ねぎの畝は2本作ります。畝の長さは8.5mです。
画像6(畝の寸法)

 畝幅を決めるため、玉ねぎ用の穴あきマルチの穴の位置を確認し、畝幅を75センチにしました。この幅の畝の2本作るため、畝間は30センチにしなければなりません。苗を植え付ける作業をするには、畝間が狭いです。少なくとも40センチは欲しいところです。2本の畝の外側にある大根の畝とキャベツの畝の収穫が始まれば、畝間が30センチでもなんとかなりそうです。
画像7(畝の寸法)

 畝の寸法が決まったので、畝立てをしました。鍬で土を寄せた後、雨樋用のパイプで畝の上を平らにし、側面をパイプで叩きながら畝を作って行きます。
画像8(畝立て)

 2本の畝立てが完了したので、穴あきマルチを敷きました。
 マルチの穴は75センチの畝幅に5穴あります。1本目の畝は畝長方向に58穴、2本目の畝は55穴ありました。合計すると565本の玉ねぎ苗が植え付け可能です。目標600本だったので、若干少ないです。玉ねぎの苗の方は、例年に比べると倍以上出来ているので、畑の中で空いている場所に、もう少し植え付けられるようにしようかと思っています。

 畝作りを始めた時に、近所のAさんが、珍しく畑にやって来ました。私がこの場所で野菜づくりをはじめた10年前、全くの素人だった私に野菜の作り方を一から教えてくれたのがAさんです。すでに80歳を過ぎ、借りていた畑を次々と返して、現在は30坪ばかりの畑で野菜作りをされています。
 最初の頃、玉ねぎの苗作りが上手く行かず、Aさんから苗を貰って、植え付けをしたことが何度かあります。
 今日は、私の玉ねぎ苗を見に来たようです。Aさんも玉ねぎの苗を作っていますが、全体的に苗が小さいので、植え付ける苗が足りなくなるのではと心配しているようです。幸い、我が家の玉ねぎ苗は、今年、順調に育っているので、必要なだけ差し上げることにしました。
画像9(玉ねぎ用の穴あきマルチ)

*********** 朝日新聞「社説」 ***********

画像10(朝日新聞社説)

*********** 朝日新聞「声」 ***********

画像11(朝日新聞声欄「死票生む小選挙区制」)

画像12(朝日新聞声欄「政党交付金山分け」)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

玉ねぎの苗床2017年10月08日 22時20分

[玉ねぎ] ブログ村キーワード

*********** ハーブ庭園 旅日記 ***********
 先週金曜日から来ていた仙台に住む次男家族が、今朝仙台へ帰って行きました。7月に来て以来、3ヶ月振りの孫との再会でした。1歳九ヶ月になった孫は、目を合わすと下を向いて緊張していましたが、三ヶ月の間に人見知りが少なくなっていました。
 昨日は天気も良かったので甲州市塩山の「ハーブ庭園」へ連れて行きました。「ハーブ庭園」は四季折々に花が変わっています。現在はコスモスが咲いていました。
画像1(ハーブ庭園のコスモス)

 庭園内の池には鯉がいて、近づくと餌を貰いたくて寄ってきます。
画像2(ハーブ庭園の鯉)

 「ハーブ庭園」の並びにぶどう園があります。
画像3(ブドウ棚)

 行くと試食用のブドウを出してくれます。
 6種類のブドウの食べ比べが出来ます。数年前までは「カイジ」が人気でしたが、今は「シャインマスカット」に人気が移りました。ここのぶどう園でもシャインマスカットが多く、店先に並んでいました。
画像4(試食のブドウ)

*********** 玉ねぎの苗床 ***********
 次男家族が帰った後、畑に出ました。玉ねぎの苗が大きくなり、ネコに踏み荒らされることもなくなったので、床の周りを囲っていたネットを外しました。
画像5(玉ねぎの苗床)

 外したネットをコンクリートの通路の内側に張って、畑に猫が入りにくいようにしておきました。玉ねぎの苗床の横の春菊と水菜は虫除けのトンネルにしました。
画像6(猫の侵入避けのネット)

*********** ニンジンと蕪 ***********
 ニンジンが大きくなってきました。これまで見かけなかったアゲハの幼虫がいました。黒っぽいので黒アゲハの幼虫だろうと思います。
画像7(ニンジンの畝)

画像8(アゲハの幼虫)

 間引きを兼ねてニンジンを収穫しました。まだ、サイズとしては小さいです。間引きした中で大きめのニンジンは捨てずに食べます。
画像9(間引きしたニンジン)

 虫に食い荒らされた蕪です。
画像10(蕪の畝)

 蕪も少し大きくなって、株間が狭いところがあったので間引きしました。蕪は小さいものから大きいものまで、成長に合わせて収穫が出来ます。今日採った中で大きめのものをぬか漬けにして夕食時に食べました。
画像11(間引きした蕪)

*********** 朝日新聞記事「問う」 ***********

画像12(朝日新聞記事「問う」)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

ゴボウの掘り出し2017年10月05日 18時04分

[ゴボウ] ブログ村キーワード

*********** ゴボウの掘り出し ***********
 ゴボウは、今年3月21日に種を蒔きましたが、2週間経っても発芽しなかったので、4月5日に再度種を蒔きました。2度目の種まきの時期が遅かったためか、今年のゴボウは葉が小さいです。
 最初に蒔いた種が残り種の滝野川ゴボウだったため発芽しなかったので、2回目の播種の時には短いサラダゴボウを蒔きました。そのために葉が小さいのだろうと思います。
画像1(ゴボウ)

 ゴボウを収穫するため、葉を刈り取りました。
画像2(ゴボウの葉の刈り取り)

 漬け物用のプラスチックの桶を2つ重ねていたので、先ず、上側の小さい桶を抜き取りました。桶をひっくり返して使っているため、楽に引き抜くことができます。
画像3(一段目を外す)

 続けて、下側の桶も引き抜きました。
 サラダゴボウは短いので簡単に引き抜くことが出来ます。中に滝野川ゴボウが2,3本ありました。滝野川ゴボウの方は下の桶よりも更に深く入り込んでいたのでスコップで掘り出しました。
画像4(二段目を外す)

 滝野川ゴボウが少なく、どれも細くて短いゴボウです。
画像5(掘り出したゴボウ)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ