画像5(自転車側のアタッチメント)