ブログ「毎日が日曜日」内の検索

垣根の刈り込み2017年06月17日 16時46分

[サツキ] ブログ村キーワード

*********** ラン ***********
 数年前、シンビジウムを買ったラン専門の農園で、花が終わったランを一鉢頂きました。株が小さく、葉も数枚しかありませんでしたが、毎年、花が咲き、株も大きくなって元気に育っています。
画像1(蘭)

*********** 紅輪タンポポ ***********
 庭の花壇に紅輪タンポポが咲いています。
 ヨーロッパ原産の帰化植物です。道ばたなどで見かけます。繁殖力が強く、葉が地面にへばり付くように広がるため、他の草花が育たなくなります。外来生物法による規制がないそうです。
画像2(紅輪タンポポ)

 他のタンポポ同様、綿毛で広がって行くようです。
画像3(紅輪タンポポ)

 雑草として扱われている紅輪タンポポですが、家内が花壇に植えています。増えすぎないように、時々間引きをしています。
画像4(紅輪タンポポ)

*********** インゲン ***********
 インゲンに蕾が見えてきました。ここ数日、インゲンの蔓は一日で数十センチ伸びます。蔓を這わせるネットを有効に使うため、上に伸びた蔓を誘引して横へ広げています。
画像5(インゲン)

*********** カボチャ ***********
 カボチャの蔓がジャガイモの畝の方へ伸びて広がっています。
画像6(カボチャ)

 葉の下に小さなカボチャが生っています。3~4個あるのを確認しました。
画像7(カボチャ)

*********** トマトと茄子の誘引 ***********
 トマトの誘引と脇芽欠きをしました。
 果実は幾分大きくなっています。大玉トマトは摘花して3~4個生るようにしています。現在、3段目まで花が咲いています。
筋が入っている果実がありました。”チャック果”というそうです。”雄しべが子房に付着したまま肥大したもので、雄しべの退化跡がチャック状となって残ったもの。”だそうです。
画像8(トマト)

 裂果しているトマトが一つありました。
画像9(裂果したトマト)

画像10(トマトの畝)

 トマトに続いて、茄子も誘引しました。3本仕立てにするため、枝を3本伸ばしています。
画像11(茄子の畝)

*********** ドウダンとサツキの刈り込み ***********
 午後から、ドウダンとサツキの刈り込みを行いました。
 ドウダンは、庭の東側に植えていて、高くなりすぎたので、数年前に高さを半分以下に切り詰めました。その後、徐々に高くなっているので、庭の花壇に朝日が当たりにくくなっています。
画像12(刈り込み前のドウダン)

 刈り込みを少し強くして、高さがこれ以上高くならないようにしました。
画像13(刈り込み中のドウダン)

 垣根の厚みも薄くして、出来るだけ風が通るようにしました。
画像14(刈り込み後のドウダン)

 ドウダンの刈り込みの後、サツキも刈りました。
画像15(刈り込み後のサツキ)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

トマトの脇芽欠き2017年05月11日 17時29分

[トマト] ブログ村キーワード

*********** 再び、クマガイソウ群生地へ ***********
 昨日、自転車でクマガイソウを見に出かけました。ウチに戻り、家内に話をすると、”見に行きたい”と云うので、今日、再び、クマガイソウ群生地へ行きました。家内と一緒なので車です。桂川沿いの道を上がって行くと、中央道河口湖線のすぐ脇に臨時の駐車場があります。駐車場の入り口に倉見山登山の案内板がありました。
画像1(案内板)

 上の画像では字が小さくて見えにくいので、拡大して下の2枚の画像にしてみました。
画像2(案内板)

画像3(案内板)

 駐車場から中央道の下のトンネルを抜けると、正面の斜面にツツジが広がっています。この斜面の上には西桂町のグラウンドがあって、クマガイソウ群生地の公開中は駐車場になっています。
画像4(ツツジ)

画像7(クマガイソウ)

画像5(クマガイソウ)

画像6(クマガイソウ)

画像8(クマガイソウ)

 昨日はクマガイソウだけを見て帰ってきましたが、今日は別の小道にも入ってエビネ蘭やイカリソウなども見てきました。
 クマガイソウ群生地は、普段、一般の方は入ることが出来ません。周りをフェンスで囲ってあります。町から委託された方が世話をしています。エビネ蘭やイカリソウなども、育てています。
画像9(イカリソウ)

画像10(イカリソウ)

*********** トマトの脇芽欠き ***********
 昼頃、風が強く吹いていましたが、定植したトマト苗が大きくなって、脇芽が伸びていたので、風除けの行灯を取り外しました。
画像11(トマトの脇芽)

 脇芽欠きをして、伸びた茎を紐で固定しました。行灯を取り外した直後なので、直射日光が当たって葉が少し萎れています。
画像12(トマトの畝)

*********** ルッコラの花? ***********
 ハーブのルッコラです。豆科の野菜と相性が良いということなので、スナップエンドウの畝に植えています。
 ルッコラはアブラナ科で、種の和名をキバナスズシロというそうです。
 初めて栽培し、食べたことがないので、ネットで調べて見ました。
 ゴマのような風味と多少の辛み・苦みがあり成長とともに苦みが強くなる。
 栄養素としてはカルシウム・鉄分・ビタミンCが豊富である。
 「キバナ」という和名にもかかわらず、花は白色ないし薄いクリーム色である。

 サラダとして食べることが多いようです。
画像13(ルッコラ)

 多分、下の画像の白い部分が花だろうと思います。
画像14(ルッコラの花?)

*********** 太陽光発電 ***********
 ソーラーパネルの発電量は、我が家では5月が一番多いです。
 4kWのソーラーパネルを屋根に載せています。午前中、雲が切れて太陽が出ると、発電量は最大の4kWに達します。
 ソーラパネルの設置を検討したとき、南側だけでなく、東側と西側の屋根にもパネルを載せようと思っていました。東と西にパネルを載せても発電効率が悪く、南側の屋根だけでも4kWの発電が可能なパネルがあったので、それを載せることにしました。パネル単価は高いですが、結果的には効率的で良かったと思います。、
画像15(太陽光発電モニター画面)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

捨てた野菜から出芽2016年06月03日 16時22分

[サトイモ] ブログ村キーワード

*********** カンパニュラ ***********
 白、薄い紫、濃い紫の三種類のカンパニュラが咲いています。
 ジキタリス、ニゲア、オルレアも、同じくらいの草丈で1m近くあります。もう少し草丈の低い草花を手前に植えた方が見栄えが良くなるので、来年はうえかたをすこしかえてみるつもりです。
画像1(カンパニュラ)

*********** バラ ピエール・ドゥ・ロンサール ***********
 冬の剪定を強めにしたため、今年のピエール・ドゥ・ロンサールは花の数が少ないです。
 白に薄いピンクが入った大きな花の蔓バラです。枝変わりした白い花がいくつかあります。
画像2(バラ「ピエール・ドゥ・ロンサール」)

画像3(バラ「ピエール・ドゥ・ロンサール」)

*********** ジャーマンカモミール ***********
 畑の通路側に倒れていたジャーマンカモミールを起こしました。畑の入り口の一か所だけ残しているジャーマンカモミールですが、しばらく見ない間に畑のいたるところに出てきています。種が小さいので、風で遠くまで飛んで行き芽を出しています。隣の空き地の中にも花が咲いていました。
画像12(ジャーマンカモミール)

*********** トウモロコシ ***********
 トウモロコシが少し高くなってきました。脇からも茎が出ていたので欠き取ってしまいました。このトウモロコシは早生品種で草丈があまり高くなりませんが、風で倒れないように支柱を立てました。
画像4(トウモロコシ)

*********** ナス ***********
 ナスがようやく大きな葉になってきました。葉の表面を調べるとハダニ(?)が付いていました。若い葉のところに多く付いています。まだ、花が咲く前なので、殺虫剤を散布しておきました。
 下の方の脇枝を取り除き、誘引をしました。
画像5(茄子)

画像6(ハダニ)

*********** レタス ***********
 3月にポット蒔きしたレタスは、定植後にほとんど萎れてしまいました。その後、改めて種を蒔きましたが、発芽して緑の葉が出てきたのは10本ほどです。昨年までだと、この時期に初収穫できていましたが、今年は収穫はまだまだ先になりそうです。
画像7(レタス)

*********** サトイモ ***********
 畑の入り口に野菜くず置き場を作っています。畑で片づけた野菜を入れるのが目的ですが、調理した後のごみ捨て場にもなっています。毎年、春先に下の方の堆肥になった土を畑に漉き込んでいますが、今年はそれをしませんでした。
 芽が出て食べられないジャガイモや玉ねぎ、小さなサトイモ、サツマイモなども、この場所に捨てています。
 野菜くず置き場は養分が豊富なため、捨てたジャガイモ、サツマイモ、里芋などが芽を出して伸びてきました。
画像8(野菜くず置き場の里芋)

 畑に植えた里芋は3株ほど芽を出していますが、野菜くず置き場に捨てた里芋の方が元気がいいです。野菜くず置き場にそのままにしておくのがもったいないので、掘り出して畑に移植してみました。
画像9(移植した里芋)

 畑の南隣の空き地にもジャガイモが出てきました。現在花が咲いています。昨年、ジャガイモを収穫した時に、小さな芋を空地に投げ入れていたので、それが伸びてきたのだろうと思います。草の中に埋もれてしまわないで、しっかり根付いています。
画像10(空地のジャガイモ)

 今年はカボチャを空地に近い場所に定植しました。カボチャの蔓を空地の方へ伸ばすためです。畑の中でも良かったのですが、蔓を誘引したり整理したりするのが面倒なので、空地に自由に蔓が伸びるようにしてみます。
画像11(カボチャの誘引)

*********** キュウリ ***********
 キュウリは、花がいくつも咲き、果実が大きくなってきました。6株あるキュウリのうち1株だけ、葉に斑紋ができています。他の株に広がらないようにしなければなりません。収穫前からこのような状態になるのは、これまでにないことです。果実が大きくなり始めているときなので、自然の殺菌液を作って散布してみようかと思っています。
画像13(キュウリ)

画像14(キュウリの畝)

*********** 太陽光発電 ***********
 朝から快晴で、大気は少し冷たいですが、日差しが強いので、太陽光パネルの発電が多くなっています。4kwのパネルですが、昼頃には最大発電量になっていました。我が家の屋根の傾斜と向きが、5月、6月頃に、最も発電効率が良くなるようです。先月の売電では2万円を超えました。
画像16(太陽光発電)

*********** ブレーキの調整 *********
 一昨日、西湖方面にサイクリングに出かけた時、リアのブレーキシューが、ブレーキをかけた後、リムに接触したままで戻りませんでした。カンチブレーキの台座にリアキャリアを取り付けた後の調整が良くなかったようです。リアキャリアを止めているナットを緩めるとブレーキシューが戻るので、ブレーキを取り付けている側のネジを少し緩め、リアキャリアを取り付け直しました。
画像15(ブレーキの調整)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

パイプ支柱セットの組み立て2016年03月29日 16時15分


 昨夜は遅くまで雷光が見えました。一時、雨も降りましたが、すぐに止んでいました。
 今朝の三つ峠は白くなっていました。山では雪が降ったようです。
画像1(三つ峠の雪)

 昨日、ニンジンの跡地を耕し終えた頃、隣の畑からKさんが我が家の畑の方へやってきました。80半ばのおじいさんです。昨年から畑を止めて、畑を手放すと言っていました。今年になって、ようやく畑の買い手が見つかりました。
 Kさんから、畑をしなくなったので、必要なものは持って来て使ってほしいと言われました。以前にも同じことを言われましたが、その時は直前になって畑が売れないことが分かり、我が家に持ってきたKさんの農後資材を、再び、元のKさんの畑に戻したことがあります。今回は畑が売れたことは確かなので、Kさんの畑に置いてある農業資材のほとんどをいただくことにしました。
 下の画像は50センチくらいの長さの竹です。トマトやキュウリなどを定植した時にビニール袋をかけますが、その時に使う竹です。これまで市販されている竹を使っていました。Kさんは自分で竹を切ってきて作っています。どの竹も同じ長さで、土に挿しこむ部分は斜めに切ってありました。
画像2(竹)

 Kさんは玉ねぎのマルチを押さえるために鉄管を畝の両サイドに置いています。その鉄管も何本かいただきました。鉄管を押さえるための鉄棒も全部いただきました。
画像3(ペグ)

 Kさんの畑には大小いくつもの板が置いてあります。これらの板も使わないというのでいただいてきました。空地と畑の間に板を並べて、草が畑の方に来ないようにするためです。
画像4(板)

 Kさんが、毎年、トマトの栽培のために使っていたパイプ支柱ももらってきました。このパイプ支柱もKさんの手作りです。パイプには、立てる支柱が同じ間隔になるように目印がつけてあったり、支柱を支える杭用の鉄管にも土に挿しこむときに深さが分かるように印がつけてありました。
 昨日、ニンジンの跡地に苦土石灰を入れ耕してある場所に、パイプ支柱を組み立ててみました。我が家の畑では、少し大きすぎるようです。長さが6mほどあり、幅も2畝分くらいあります。鉄のパイプで、一人で組み立てるには重いです。Kさんは、昨年、近所のMさんに手伝ってもらって組み立てていました。その前までは一人で組み立てていたことを考えると、Kさんの体力のすごさに驚かされます。
 長さを少し短くしないと畑に収まらないので、横に入れるパイプが少し飛び出してしまいました。このパイプ支柱は、壊さずに一年中、建ててtおくつもりです。この下に何を植えるかは、今後、検討してみます。トマトの雨避けに使うか、ネットを張って蔓性の野菜を植えるか、使い道は色々ありそうです。
画像5(パイプ支柱)

 Kさんからは、このほかに自作のレーキを2ついただきました。使用していないマルチも3本もらってきました。1本は玉ねぎ用の穴あきマルチでした。また、防虫ネット、支柱棒、トンネル用のアーチ支柱、マルチ押さえなどもいただきました。当分、農業資材を買わなくて済みそうです。
 Kさんの畑には、まだ、ブロッコリーや玉ねぎ、ニンニクなどが植えてあります。玉ねぎやニンニクを収穫する6月頃までは、畑を使っているそうです。



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ