ブログ「毎日が日曜日」内の検索

会津若松~仙台~塩釜へ2022年11月04日 22時24分


1 *********** 東山温泉 湯川の渓谷 ***********
 昨夜泊まったホテルは3年前の6月に磐梯山一周サイクリングで宿泊した東山温泉の同じホテルです。
 前回は6月だったので緑の渓谷でしたが、今回は紅葉です。宿泊した部屋からの眺めも良いのですが、ロビーからも眺められます。大浴場から階段を下りて行くと川のすぐ傍に大きな露天風呂があり、ここからの眺めも素晴らしいです。
画像1(ホテルの脇の湯川)

画像2(ホテルの脇の湯川)

画像3(ホテルの脇の湯川)

画像4(ホテルの脇の湯川)

2 *********** 会津武家屋敷 ***********
 ホテルから会津武家屋敷までは歩けば15分ですが、この後、塩釜まで行かなければならないので、ホテルにお願いして武家屋敷まで車で送っていただきました。
 バスは東山温泉駅で折り返します。ホテルは温泉駅より更に奥まったところにあるため、少し歩かなければなりませんが、サービスも良くて、くつろげる良いホテルだと思います。 
画像5(会津武家屋敷)

画像5(会津武家屋敷)

画像5(会津武家屋敷)

画像6(会津武家屋敷)

3 *********** 飯盛山 ***********
 武家屋敷からはバスで飯盛山下まで行き、会津の町を見下ろす飯盛山に登ってきました。飯盛山から鶴ガ城が眺められます。直線距離で1.5キロほどです。
画像7(飯盛山)

画像8(飯盛山)

4 *********** さざえ堂 ***********
 飯盛山から下ったところに”さざえ堂”があります。螺旋状の木製のスロープが上りと下りで異なっていて、変わった建物です。

 飯盛山下の停留所から、再びバスに乗り会津若松駅に戻ってきました。
 市内を巡回する”会津まちなか周遊バス”は駅を起点に時計変わりの”あかべこ”バスと反時計回りの”ハイカラさん”バスが頻繁に走っています。何処まで乗っても210円なので分かりやすいです。一日周遊券は600円なので割安ですが、今回は昨日半日、今日半日だったので周遊券は使いませんでした。
画像9(サザエ堂)

画像10(サザエ堂)

画像11(サザエ堂)

画像12(サザエ堂)

画像13(まちなか周遊バス)

画像14(会津若松駅)

5 *********** 仙台・塩釜 ***********
 会津若松から郡山まで磐梯西線、郡山から仙台へ東北新幹線”やまびこ”に乗り、仙台に着きました。
 あらかじめ、行きは山梨から会津若松、帰りは塩釜から山梨までの新幹線指定席を含む切符を購入していましたが、中日の会津若松から塩釜まではSuica(スイカ)で乗車しました、郡山から仙台までは約40分なので指定席にせずに自由席で乗車出来るSuicaの”タッチでGo! ”を使いました。あらかじめSuicaに登録しておけば新幹線の自由席と運賃をSuicaで乗車出来ます。初めて使いましたが大変便利です。

 仙台では1時間ほど時間があったので、駅の近くの31階建てビル”AER”の最上階の展望テラスに行きました。
 その後、青葉通りから晩翠通りを歩き、定善寺通りのケヤキ並木を見てきました。
 定善寺通りから仙台駅までは1.5キロです。乗車時刻が迫ってきたのでタクシーで駅に戻り、仙石線で塩釜に着き、薄暗くなりかけた頃にホテルにチェックインしました。
 ホテルで夕食が出来ないので、あらかじめ予約してあったホテルから200mほどの所にある”亀喜寿司”に行きました。塩釜のホテルの多くは夕食をホテル側が店に予約して食事券を渡されます。”亀喜寿司”は、孫の七五三で3年前にも来ています。寿司ネタが新鮮で美味しく、塩釜の中でも評判の寿司屋のようです。
画像15(AERアエル展望テラス)

画像16(乗船時通りのけやき並木)

画像17(常善寺通りのけやき並木)

画像18(塩釜 亀喜寿司)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック