ブログ「毎日が日曜日」内の検索

庭木の剪定と草取り2021年09月12日 17時52分


  *********** フレンチ・マリーゴールド ***********
 線路の向こう側の畑にフレンチ・マリーゴールドが満開です。曇り空の中でオレンジと黄色が鮮やかです。
 草丈が低く、日陰を作らないので畑に植えるのに適しています。
 来年はアフリカン・マリーゴールドを少なくして、フレンチ・マリーゴールドを多く植えてみます。
画像1(フレンチマリーゴールド)

画像2(フレンチマリーゴールド)

画像3(フレンチマリーゴールド)

  *********** 庭木の剪定と草取り ***********
 自宅の庭木の剪定と草取りが終わり、今日は家内の実家へ行って庭木の剪定と草取りをしました。
 庭木が多く、どの木も枝を延ばして、庭が小さな森のようになっています。
 我が家と同じイチイの木が隣家との境界に植えてあり、高く延びすぎているので1本を地面から2m付近で伐採しました。まだ、数本あるので切りたいのですが、電動ノコギリのバッテリー切れで、切ったのは1本だけでした。
 柊や玉ヒバなども刈り込んで形を整えました。
 義父母がいなくなり、庭は荒れ放題です。
 庭に木を植える時はあまり考えずに植えてしまいますが、手入れが出来なくなったときのことを考えると、残された者が管理をするためには無闇に植えないで欲しいです。
 10時頃から始めて、午後1時過ぎまで作業をしました。まだ、やり残した箇所が幾つもあるので、何度か実家通いをしなければなりません。
画像4(庭木の剪定と草取り)

画像5(庭木の剪定と草取り)

画像6(庭木の剪定と草取り)

画像7(庭木の剪定と草取り)

画像8(庭木の剪定と草取り)

  *********** 野良猫 ***********
 昨日、畑に行こうとしたところで猫に出会いました。
 猫は畑から上がってきたところで、突然出くわした私を見て家の裏側へ逃げて行こうとしましたが、家の裏側を通り抜けられないようにネットを張ってあるので勝手口まで戻って、私の動きを警戒しながら見ていました。私が畑の方へ歩き出した途端に、足元をすり抜けて家の表側から出て行きました。
 この猫は、数日前、勝手口の下から網戸越しに家の中をのぞき込んでいた猫です。

 今日は白黒の猫が庭の西側の公園の中にいました。
 昨日も公園の枯れ草の上に寝そべっていたのを家内が見ています。
 公園の中でくつろいでいたようですが、こちらに気づいて起き上がり、警戒態勢に入りました。フェンス越しなので、猫に少し余裕があるようです。
 公園の入り口は一箇所で周りをフェンスで囲ってあります。公入り口を塞がれれば逃げ場の無い場所ですが、猫にとっては周囲が囲まれているため安全な場所と思っているのかもしれません。
 野良猫なので人が近づけば逃げて行きます。外での生活に慣れてしまった野良猫は家猫として飼うのは難しいです。
画像9(野良猫)

画像10(野良猫)

画像11(野良猫)
iv>

ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック