ブログ「毎日が日曜日」内の検索

夏野菜の手入れ2021年08月25日 16時46分

[キュウリ] ブログ村キーワード

  *********** 真夏日 ***********
 日中の気温が30℃を越え、真夏の暑さになっています。
 午後5時の気温は33℃、風がなく西日が厳しいです。
 日が暮れると気温が下がり涼しくなってきますが、風がないので熱気が部屋の中に籠もりそうです。

 山梨県に”まん延防止等重点措置”が出されてから、連日、市の防災無線で感染防止を訴えています。
《不要不急の外出を控え、家庭内においてもマスクの着用など感染防止の措置をとってください。》
と、これだけです。これを一日数回報じています。
 ”家庭内でのマスクの着用”など家族間で出来るはずもありません。たとえ家庭内でマスクを着用し、手洗いを徹底したとしても、コロナに感染しているかもしれないという意識がなければ徹底出来ません。
 家庭内では共同で使う場所(風呂場やトイレ、洗面所等)があり、常に除菌することなど不可能です。
 市の広報はやってる感を示しているに過ぎず、スガやコイケ同様、何の対策にもなっていません。

 今年はハイビスカスの花が少なかったので、一週間ほど前に肥料を入れました。その効果があったのか、今朝、一輪咲いていました。
画像1(今朝の空)

画像2(ハイビスカス)

画像3(コスモス)

  *********** 夏野菜の手入れ ***********
 しばらく手入れをしなかったトマトや茄子の脇枝の剪定と誘引をしました。
 トマトには相変わらずオンシツコナジラミがいます。一時期ほど多くはありませんが、放っておけば増えてきます。煤けて黒くなった葉を全て取り除きました。
 主茎が雨避けの天井まで達していたので、もう一度蔓落としをしました。

 茄子は夏の終わり頃の方が元気です。
 特に、長茄子は2mほどの高さまで延び、脇枝も何本も出て花や実を付けています。
 花が咲いている枝も風通しや日当たりをを良くするために切り落としています。

 オクラは2日ほど採らないでいると大きくなりすぎて固くなり食べられません。
 オクラは葉の付け根花が咲き、鞘が出来ます。収穫するときは葉と一緒に切り取っています。葉を取ることによって養分が上の方へ行き渡り、新しい花を付けます。
 根元近くから収穫して行くため、下の方は茎だけになって、上の方に葉や花が付いています。

 三回目のキュウリの収穫が始まりました。
 脇から延びる蔓を麻紐で縛り上へ吊り上げています。
 胡瓜の栽培はネットを張って棚を作っていましたが、今回はネットを張らずに紐で誘引しています。
画像4(トマト)

画像5(茄子)

画像6(オクラ)

画像7(キュウリ)

画像8(キュウリ)

  *********** 収穫した野菜 ***********
 大玉トマト”麗夏”を2個収穫出来ました。
 4段目あたりのトマトなので、サイズが少し小さくなっています。

 キュウリも3本収穫です。

 長茄子、オクラなども含め、カゴ一杯の夏野菜です。
 長雨で野菜が高騰しているそうです。
 我が家で食べる分には十分な収穫量でした。
画像9(収穫した野菜)

  *********** 白菜の発芽 ***********
 昨日から発芽を始めた白菜は、今朝、種を蒔いた18ポット全て発芽していました。
 1ポット2,3粒蒔いたので、発芽率はかなり高いです。
 本葉が出始める頃に間引きして1本の苗にします。
画像10(発芽した白菜)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ