ブログ「毎日が日曜日」内の検索

掘り残しの山芋2020年10月22日 18時09分

[山芋] ブログ村キーワード

*********** チェリーセージ ***********
 チェリーセージは気温の依って色が変化するように思います。気温が高いと全体が赤くなったり白くなったりしています。春と秋が適温なのか、本来の赤白になっています。
画像1(チェリーセージ)

*********** 掘り残した山芋 ***********
 毎年、耕耘機を置いている場所の横に山芋の蔓が延びてきます。何年も前に、この場所に植えたことがあります。土が固く締まっていて、毎年掘り上げることができずに途中で折れてしまいます。
 4月に植え付けたキュウリやオクラなどの畝端で、耕耘機を入れて耕すのに邪魔になるので、掘り上げることにしました。地面から30センチの深さまでは土が柔らかですが、その下は粘土質の固い土で掘り進めることができません。今年も途中で折れてしまいました。
画像2(取り残しの山芋の蔓)

画像3(取り残しの山芋掘り)

画像4(取り残しの山芋)

*********** 葉が枯れてしまった里芋 ***********
 8月頃までは葉がありましたが、9月になってから葉が枯れてしまいました。この里芋は石川早生です。早い地域では7月頃から収穫するそうです。関東地域も9月頃から収穫できます。今年は夏の間、気温が高かったので山梨でも8月頃に収穫できたのかもしれません。
 石川早生は、大阪府南河内郡の石川村(現河南町)がこの芋の原産地だそうです。
 別の品種の里芋は葉が枯れずに2株ほど残っています。
 掘り残しの山芋や里芋”石川早生”を掘り出した後、里芋に敷いてあったマルチを剥がして草取りをしました。
画像5(葉が枯れてしまったサトイモ)

画像6(掘り出したサトイモ)

画像7(山芋とサトイモ)

画像9(マルチの片付けと草取り)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック