ブログ「毎日が日曜日」内の検索

一雨ごとに成長する野菜2020年05月19日 22時49分

[マリーゴールド] ブログ村キーワード


*********** バラ ***********
 雨の中、バレリーナが咲きました。今年は蕾が多く、これからが楽しみです。
 パパ・メイアンは2つ目が咲き出しました。外側の花弁が雨に打たれて広がり、咲き始めの紡錘状の形をしていません。
 ブルームーンは丁度見頃の状態ですが、生憎の雨で香りが漂ってきません。
 ピエール・ド・ロンサールは昨年の強めの剪定をしたため、バラのアーチにはなりません。強めの剪定が良かったのか、蕾は例年より多く付いています。
画像1(バレリーナ)

画像2(パパ・メイアン)

画像3(ブルームーン)

画像4(ピエール・ドュ・ロンサール)

*********** 本葉 ***********
 今月初めに種まきをした、インゲン、オクラ、モロヘイヤに本葉が出て来ました。一雨ごとに大きく成長しています。
画像5(インゲン)

画像6(オクラ)

画像7(モロヘイヤ)

*********** トマトの花 ***********
 トマトの花が咲いています。大玉トマト1段目に蕾が見えて来ました。ミニのイエローアイコは1,2段目まで花が咲き、3,4段目の蕾も出て来ました。トマトの棚は立ててありますが、雨避けの屋根はまだ掛けていません。梅雨に入るのも近いような気がするので、結実する前に屋根にシートを掛けなければなりません。
 茄子やトマトの畝端の雑草のように見えるのは、先日種を蒔いたアフリカン・マリーゴールドです。もう少し大きくなったら間引きをします。トマトの畝のバジルも大きくなってきました。
画像8(トマトの花)

画像9(トマトの棚)

画像10(畝間のマリーゴールド)

*********** デジカメの故障 ***********
 昨日、トマトの芽欠きと誘引をした後、カメラで撮影しようとしたら、レンズカバーが開きません。電源を入れると自動で開き、電源を切ると締まるようになっています。別のカメラですが、以前にも同じような故障がありました。畑に持ち出して作業の途中で撮影しているため、土埃などが隙間に入り込み易いです。自動での開閉は出来ませんが、手で広げたり閉じたり出来るので、埃をブロアーブラシで吹き飛ばしたり、汚れを拭いたりしてみました。それでも状況は改善しませんでした。このカメラに買い換えたのも、前のカメラが同じ故障だったためです。今回も、カメラの買い換えになるのかと諦めかけていました。使い始めてから2年目で買い換えるのもどうかと思います。埃は取ってしまったので、原因が他にあるような気がして、もう一度カメラを点検してみました。レンズのカバー(開閉部の外側)の左上に小さな凹みが見つかりました。先の尖ったようなものが当たって出来た凹みです。レンズの扉を手で開けて、レンズとカバーの間に細型のラジオペンチを差し込んでカバの凹みを直しました。原因はこの凹みでした。カバーの傷は残りましたが、自動開閉が出来るようになりました。カバーと開閉部の隙間があるとカバーの役目はしなくなります。微妙はところなので、ほんの少しカバーの凹みを持ち上げただけです。
画像11(デジカメ)

画像12(デジカメ)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ