ブログ「毎日が日曜日」内の検索

バラの季節到来2020年05月16日 15時12分

[バラ] ブログ村キーワード

*********** 久し振りのお湿り ***********
 久し振りの雨です。
 畑の水やりをしなくて済むので助かります。
 雨は小降りで、シトシトと降っています。梅雨の走りのような天気です。
 畑の見回りが日課になっていて、今朝も傘をさしながら見て回りました。万願寺唐辛子の実が少し大きくなった気がします。ピーマンにも花が咲きました。
画像1(万願寺唐辛子)

画像2(万願寺唐辛子)

画像3(万願寺唐辛子)

*********** バラの季節到来 ***********
 モッコウバラは満開の時期を過ぎ、花弁が散り始めています。
 代わって、大輪のバラが咲き出しました。
 真っ赤なバラのパパ・メイアン、黄色の「ゴールドバニー、青紫の「ブルームーン」が揃って咲いています。
画像4(モッコウバラ)

画像5(パパ・メイアン)

画像6(ゴールドバニー)

画像7(ブルームーン)

*********** 《カミュ「ペスト」は教えてくれる》 ***********
 数日前、FB友のM氏が、文藝春秋6月号の記事《カミュ「ペスト」は教えてくれる》を紹介されていました。早速、文藝春秋6月号の電子版を購入し、私もこの記事を読みました。小説「ペスト」を、時代背景やカミュ自身の生い立ちなどに触れながら分かりやすく解説されているので、小説「ペスト」の理解が一層深まりました。

 若い頃に読んだカミュ「ペスト」を読み直したのは、M氏が「ペスト」を読み始められたことが契機でした。
 70年以上前に発表された長編小説「ペスト」で描かれた世界と現在のコロナ禍の世界には、多くの共通点があるため、再注目されている小説です。
 《カミュ「ペスト」は教えてくれる》の内容を掲載することは出来ませんので、項目のみとします。
   ・事なかれ主義を批判
   ・ファシズムとペスト
   ・不条理との戦いの連続
   ・ムルソーという個性
   ・ヒロイズムの否定
   ・幸福なシーシュポス
   ・言葉こそが最後の方法
画像8(カミュ「ペスト」は教えてくれる)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック