ブログ「毎日が日曜日」内の検索

キュウリの寄せ接ぎ2020年04月12日 22時24分

[キュウリ] ブログ村キーワード

*********** キュウリの寄せ接ぎ ***********
 これまで茄子、トマトの接ぎ木をして来ましたが、いよいよ夏野菜の接ぎ木の最終段階に入りました。苦手なキュウリの寄せ接ぎです。毎年、失敗が多く、成功の確率は2割程度です。トマトは穂木を切断して台木に斜めに接合する「斜め接ぎ」、茄子は穂木をクサビ状に切って台木の茎に挿す「挿し接ぎ」で、いずれも穂木と台木を切断します。キュウリの寄せ接ぎは穂木も台木も茎の太さの半分まで切れ込みを入れて合わせるやり方で茎が細いことや折れやすいため、切れ込みを合わせるのが難しいです。
 キュウリの場合は、トマトや茄子のように穂木を根から切り離してしまうとしまうと水分の吸い上げが出来ず、穂木が萎れてしまいます。寄せ接ぎは、根を残して茎を太さの半分残すことによって穂木に与えるダメージを軽減しています。
 4、5日経ったところで、穂木側の接合下部を半分ほど切って様子を見て、穂木が萎れないようなら完全に根から切り離してしまいます。
 失敗したときのための予備用の苗を残し、5本だけ寄せ接ぎをしました。
画像1(穂木キュウリ)

画像2(穂木キュウリと台木黑だね南瓜)

画像3(キュウリの寄せ接ぎ)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ