ブログ「毎日が日曜日」内の検索

水掛菜2019年12月28日 22時29分

*********** 水掛菜 ***********
 今年も水掛菜を一畝買い取りました。
 例年27,28日あたりに水掛菜を採りに行っています。昨日買って来た忍野の蕎麦と一緒に送るためです。おおよそ20束必要です。水の入った畑に入り、長時間中腰で一株ずつ採って子に着いた土を洗い落とし、枯れた葉を取り除くので腰に負担がかかります。
 家内は先週宇土曜日に太極拳の検定試験があり、準備のため一週間練習を重ねていました。試験前日あたりから腰痛になりかけていましたが、試験は無事終わりました。結果は1級上がり、4級になりました。試験結果は良かったのですが、翌日日曜日から腰痛がひどくなり、立ち上がることも出来ない状態は数日続きました。昨日あたりから痛みが引いて、掴まらずに立ち上がることが出来るようになってきました。
 家内の腰痛のこともあり、水掛菜の収穫を今年しなしないことにして、農家の方に20束作っていただくことにしました。今日の午後作ってくれた20束を取りに行くため、11時過ぎに水掛菜の畑へ行きました。丁度、湧き水で水掛菜を洗っているところで、20束いただいてきました。スーパーなどでは1束300円ほどの値段が付いていますが、我が家で懇意にしている方なので1束100円で買うことが出来ました。
 買い取ってある1畝は手つかずの状態だったので、我が家用に少しだけ採ってきました。
 水掛菜の周りには長ネギやほうれん草、春菊、白菜などが植えてあります。農家の方から”好きなだけ採っていってもイイよ”と、云われているので、長ネギとほうれん草を採ってきました。
画像1(水掛菜)

画像2(水掛菜)

画像3(水掛菜)

*********** 吉田のうどん ***********
 水掛菜を収穫した後、自宅近くの中央道側道沿いにある”吉田のうどん”店で昼食を済ませて帰ってきました。毎年、水掛菜を収穫した後、この店によってうどんを食べて帰ります。
 昨日は富士吉田の”くれちうどん”で昼食だったので、2日続けて昼食はうどんです。私は”肉付けうどん”、家内は”肉うどん”で、いつも変わらぬメニューです。吉田のうどんは、茹でたキャベツに桜肉のしぐれ煮が入っているのが特徴です。天かすや刻みネギなどはテーブルにに置いてあるので自由に付け足すことが出来ます。
 同じ”肉付けうどん”でも、”くれちうどん”は、汁の中に桜肉が入った状態で出されていますが、今日の店では皿に載せて出て来ました。値段も、”くれちうどん”は並で500円ですが、今日は400円でした。”吉田のうどん”の本場である士吉田は観光地でもあり、多くのうどん店があって、値段を高目に統一しているのかもしれません。
画像4(吉田のうどん)

画像5(吉田のうどん店内)

画像6(吉田のうどん のれん)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ