ブログ「毎日が日曜日」内の検索

トマトの撤収2019年11月12日 16時41分

[トマト] ブログ村キーワード

*********** オオセンナリ ***********
 庭の花水木は葉がほとんど落ちてしまい、冬の装いです。
 花桃の葉は、まだ、緑色をしていて枯れ葉になっていません。木枯らしが吹く頃になると、庭や畑に落ち葉が舞ってきます。
 裏の土手にオオセンナリの花が咲いていました。何年か前に近所の方から1苗貰って鉢植えにしていましたが、そのこぼれ種が畑や土手に散ったようです。花は綺麗ですが、繁殖力があり、放置しておくと畑にあちこちから延びてくるので畑では雑草として扱っています。
画像3(ハナミズキと花桃の木)

画像1(センナリホオズキ)

画像2(センナリホオズキ)

*********** トマトの撤収 ***********
 最低気温が5℃前後になり、トマトの葉が枯れて、実も黒ずんだりしてきました。そろそろ片付けてしまう時期かと思います。昨年11月12日に撤収しているので、体調は本調子ではありませんが、今日、片付けることにしました。
 蔓落としを何度か繰り返してきたので、茎の長さは2m以上に達していました。5月に定植したときには10センチほどの小さな苗が半年間で何十倍にも伸び、多くの実を付けました。片付けるときに感じるのは、大地や太陽、雨など、自然の恵みの賜だということです。感謝しながら片付けました。
 今年最後の収穫は。レッドオーレ1個にオレンジチャームやイエローアイコなどのミニトマト11個でした。
画像4(トマト)

画像5(麗夏とレッドオーレ)

画像6(オレンジチャームとイエローアイコ)

画像7(トマトの蔓)

画像8(撤収後の畝)

画像9(今年最後の収穫トマト)

*********** 冬菜の移植準備 ***********
 玉ねぎの苗床だったところに冬菜の種を蒔いておきました。毎年、採種して、その種を蒔いています。種が多いので上から適当に蒔き、土と混ぜ合わせて放置しておくと、ビッシリ芽が出て来ます。この苗を植え付ける畝を作らなければなりません。
 サトイモの跡地に苦土石灰を少々入れて耕しました。この場所だと、ジャガイモや夏野菜などの植え付け場所にならないので、来年5月上旬頃まで冬菜を栽培する出来ます。
 耕した場所は、野良猫の通り道になっているようなので、入り込まないように砦を作っておきました。
画像10(発芽した冬菜)

画像11(サトイモの跡地の耕耘)

画像12(猫避け砦)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック