ブログ「毎日が日曜日」内の検索

玉ねぎ苗「ケルたま」170本定植2019年10月27日 17時25分

[玉ねぎ] ブログ村キーワード

*********** 菊 ***********
 朝のうち曇っていましたが、次第に晴れてきました。久し振りの太陽です。夏椿や花水木の葉が落ち、菊が咲き始め、秋らしくなってきました。
画像1(菊)

*********** 隼人瓜の撤収 ***********
 畑に残していた隼人瓜を片付けました。1株は早々と枯れてしまい、残った1株が蔓を延ばしています。朝晩の気温は10℃前後になっていても、隼人瓜は今が盛りで葉も青々としていて花も次々と咲いています。まだまだ収穫出来ると思いますが、畑の準備の都合で片付けました。
 隼人瓜を撤収した後、苦土石灰を入れて耕耘機で耕しました。
画像2(隼人瓜)

画像3(苦土石灰・耕耘)

*********** 京水菜の間引き ***********
 京水菜と春菊が芽を出しています。先に発芽した京水菜の1回目の間引きを行いました。
 間引きをしていると、苗の根元から体長5,6ミリの黒い小さな虫がぞろぞろと出て来ました。水菜の出たばかりの葉を食べています。この虫はダイコンハムシです。隣の大根の葉や白菜の葉に小さな穴が無数にあいています。白菜は虫除けネットのトンネルにしてありますが、地中から出て来たのかと思います。ダイコンハムシは春から夏の間は眠り続け、9月から12月に発生するそうです。成虫は体長7ミリほどになり、成虫のままで冬を越します。
 間引きをしながら指で押しつぶしましたが、どれくらいの数のダイコンハムシがいるのか見当が付きません。
画像4(京水菜と春菊)

画像5(ダイコンハムシ)

*** 玉ねぎ苗「ケルたま」170本定植き ***
 苗床の「ケルたま」は長さが10から15センチ程度の小さな苗です。15センチあれば定植しても育つはずなので、大きそうな苗を選んで植え付けをしました。
 1週間前に植え付けた玉ねぎ苗「OP黄」と比べると、「ケルたま」の苗が小さいことがよく分かります。170本植え付けました。OP黄は270本植え付けたので、全部で470本になりました。今日植え付けた「ケルたま」は枯れてしまう苗が多くなると思うので、無事育つのはおおよそ400くらいかと思います。小さな苗は予備用として苗床に残しておきました。
 先週金曜日、大雨の中、歯の定期メンテナンスで歯科医院へ行きました。その帰りにホームセンターに寄って「スナックエンドウ」と「そら豆」の種を買いました。玉ねぎ苗も売り場に置いてありましたが、数は僅かで苗も葉の半分以上が枯れているものばかりでした。値札を見ると、通常の価格の半値でした。OP黄や赤玉の苗の横に「ネオアース」が少し残っていたので、「ネオアース」を3束(1束50本)買って来ました。葉が半分枯れていても根元が太く、根に近い側は葉が枯れていないので、植え付けてみようかと思っています。
画像6(玉ねぎの苗床)

画像7(ケルたまの植え付け)

画像8(ネオアース)

*********** 収穫 ***********
 レタスがトウ立ちし始めていたので、4株収穫しました。種から育てたポット苗が小さかったため、小さなレタスです。
 隼人瓜は6個収穫です。このうち2個は来年植え付けるために保存しておきます。
 トマトを片付けるつもりでしたが、今日見るとミニトマトが色付いていたので、片付けるのを先へ延ばしました。
画像9(レタスと隼人瓜)

画像10(ミニトマト)

******* トレンクル用のバッグ類 *******
 昨日までにトレンクル用のサドルバッグが完成しましたが、バッグが大きいので収納するものが多く生るのは良いことなのですが、増えると重くなってしまいます。バッグが重くなれば、走行中に横揺れを起こしやすくなったり、アタッチメント1箇所で支えているのでバッグの布地の強度が心配です。
 昨日までサドルバッグの中に携行する工具を入れていましたが、工具をサドルバッグとシートチューブの間に取り付け、ここに取り付けていた輪行袋をサドル下に取り付けるように改善しました。サドルバッグの中には雨具や衣類などの軽いものだけ入れることにしました。
画像11(トレンクルに装着したサドルバッグと輪行バッグ・工具)

画像12(トレンクルに装着したサドルバッグと輪行バッグ・工具)

画像13(バッグ類)

画像14(輪行バッグ)

******* フロントバッグの拡張機能 *******
 自転車を折りたたんで輪行袋に入れて電車などで移動しますが、荷物は自転車だけではなく、バッグ類があります。
 フロントバッグを製作したときに、バッグを拡張して背負えるようにしてあります。フロントバッグの高さは21センチですが、伸ばすと50センチの袋状になるように作ってあるので、大型のサドルバッグを入れてもなお余裕があります。  フロントバッグを背負うことによって、輪行袋を肩から提げたり片手で持ったりしても、もう一方の手が空いているので改札を通るときなどに便利です。
画像15(フロントバッグの拡張)

画像16(サドルバッグの収納)

画像17(フロントバッグの拡張機能)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

_ yaotome ― 2019-10-28 04:30

ykitaさん、おはようございます。

夏野菜、頑張っていましたね、富士山んも冠雪したのに、南アルプスも白いのが見え始めました。ykitaさん、今年のタマネギの数、1000本超えて?消費できるんですか?
タマネギの苗は、コメリさんですか?葉が枯れていても、畑に移せば元気になりますね。
今年から、一畝減らしました、850本くらいです、移植したとき畑の土が湿っぽくなっていたので根が付くのが早かったです。友人にも、苗を分けました、2人分で、一人の人は、例年の半分しか持っていかなくて、訳を聞いたら、やはり、減作したとか、苗床、1000本くらい残っています。先日、開眼法要済ませました、洋型のお石塔と墓誌、石屋さんが、サラシを巻いて、除幕でした。これで、何もかも終わりました、97歳のバァサンの自宅介護、相続、遺留分発生しましたが、母親の子供たちは、長野には姿を見せませんでした、お金だけ持っていきました。畑、落花生の乾燥中です、今日あたり、洗って再度干します、今年の落花生、ダメでした。

_ ykita ― 2019-10-28 22:55

yaotomeさん、こんばんは
 玉ねぎ苗、多く作られていますね。残っている1000本、もったいないですね。予備用にしても多すぎますね。
 今年は苗作りに失敗したので、来年はyaotomeさんのように丁寧に種を蒔いて1本1本が太い苗に生るようにしてみたいと思っています。
 開眼法要が無事終わり、ホッとされているのではないでしょうか。介護や相続など、一生のうちに1度か2度あるかないかなので、分からないことが多いですね。私の方は墓じまい、相続のことが残っているので、早く片付けてしまいたいのですが、思うように行きません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック