ブログ「毎日が日曜日」内の検索

インゲン、オクラ、茄子の撤収2019年10月14日 16時49分

[茄子] ブログ村キーワード


*********** 夏椿 ***********
 台風19号の風雨で夏椿の葉が落ちて、木の向こう側が透けて見えるようになりました。昨日は快晴で気温が高かったですが、今日は曇り空で時々小雨が降り、肌寒いです。  台風19号による被害が広がっています。大型で強い台風が洋上で発生したときから日本に上陸するまでの間、各河川の点検や対策をしていなかったのではないかと思います。
 ”経験したことのない”とか、”これほど大きな災害になるとは想定出来なかった”などということで、責任逃れをしているように思えてなりません。”台風15号に匹敵する規模”ともいわれましたが、15号は範囲が狭く、強風が限られた地域に被害をもたらしました。19号は規模が大きく、被害が広範囲(中部・関東・東北など)にわたってます。長時間降り続いた豪雨による河川の氾濫、堤防の決壊で、今日になっても道路や家屋が水没しているところが多々あります。
 台風の発生から、その後の進路、台風の規模など分かっているにもかかわらず、子どもの頃経験した伊勢湾台風や狩野川台風などと同じような水害が起きていることが情けないです。
画像1(夏椿)

*********** 花 ***********
 チェリーセージやバラ「ビオレッタ」、「バレリーナ」など、強い雨に打たれましたが、健気に持ち堪えています。
画像2(チェリーセージ)

画像3(ビオレッタ)

画像4(バレリーナ)

***** インゲン、オクラ、茄子の撤収 *****
 インゲン、オクラ、茄子を片付けました。
 インゲンは時期をかえて3回種を蒔き、いずれも収穫出来る状態になりました。インゲンの初収穫は7月13日でした。3回の種まきで3ヶ月間途切れることなく収穫出来ました。
 オクラは少し遅れて8月に入ってからの収穫だったので、ほぼ2ヶ月間採ることが出来ました。ツボミが幾つか付いているので、まだ、収穫が可能ですが、葉が小さく、葉数も少なくなったので片付けてしまいました。
 茄子は台風が来る前にほとんど片付け、2株だけ残してありました。気温が下がって来ているので、実が肥大するまでに時間がかかり、その間にニジュウヤホシテントウなどの虫が果皮を食べるています。また、台風の強い雨風に打たれ葉が枯れているので、2株とも撤収することにしました。
 ナスの植えていた畝の続きに落花生が残っています。地表に出ていた落花生を一つ採ってみました。殻の編み目はしっかり出来ていますが、実はまだ白いです。張ってあった鳥避けのネットを張り直しておきました。
 夏野菜で畑に残っているのはトマトだけになりました。今の時期、スーパーで売っているトマトは値段が高くなっているそうです。実が多く付いていて葉もかれていないので、もう暫く、このまま栽培を続けます。
画像5(インゲン)

画像6(オクラ)

画像7(撤収後の畑)

画像8(落花生のネット)

画像9(落花生)

画像10(収穫した野菜)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック