ブログ「毎日が日曜日」内の検索

フロントバッグ下の間隙2019年09月21日 17時13分

[ランドナー] ブログ村キーワード

*********** 輪行袋等の収納袋 ***********
 自転車のハンドルバーにクイックアタッチメントを取り付けたため、フロントバッグとフロントキャリアの間に3センチほどの隙間が出来てしまいました。この隙間を埋めるため、幾つか方法を考えました。
 一つ目は輪行袋等をこの隙間に積めるのではないか検討しました。輪行袋は輪行時に必要なだけで走行時には不要の物です。厚さを3センチになるよう輪行袋を折りたたんでみると、フロントバッグの底面の広さに納めることができます。輪行袋だけでなく、自転車を止めるベルトや肩に担ぐためのベルトなども納まります。早速収納袋の製作にかかりました。生地は輪行袋と同じ傘に使われている防水加工の布です。袋の内側に円筒状の、ベルト類を入れる場所を作りました。輪行袋やベルト類を一緒に収納するため、出し入れが楽になるように仕切りを付けました。また、自転車への取り付けは全てマジックテープにして取り付け取り外しがしやすいようにしました。
 マジックテープは百均で購入。今は”マジックテープ”とは呼ばず、”ファスナーテープ”と云うようです。百均で”マジックテープ”を探したのですが、あるはずの場所に見つからず、店員に尋ねたところ”ファスナーテープ”だということが分かりました。因みに、別の百均の店では”マジカルテープ”という商品名で売っていました。
画像1(収納袋)

画像2(フロントキャリア背面に固定)

画像3(フロントバッグ前面に固定)

画像4(全てマジックテープ)

画像5(収納袋と入れる物)

画像6(ベルト類の仕切り)

画像7(輪行袋の取り付け)

画像8(輪行袋の取り付け)

*********** 携行工具入れ袋 ***********
 輪行して電車で行くことは普段はありません。富士山の麓や家の近くを走る場合は自宅から出発し自宅に帰ってくることが多いです。この場合、輪行袋をフロントバッグの下に取り付けているのは無駄なことです。
 輪行袋に代わる別の物を取り付けられないかと考えました。最初に思いついたのは雨具でしたが、雨具を使用している間はフロントバッグの下が空いてしまいます。走行中に隙間が埋められる物でなければなりません。自転車の工具なら走行中に使うことがないのでフロントバッグの下に取り付けても良さそうです。
 これまで工具類はペダルを買ったときに付いてくる小袋に入れていました。使用するときは袋から工具を全部出して必要な工具を選んでいましたが、これが結構面倒くさくて使い勝手の悪い工具入れでした。
 フロントバッグとフロントキャリアの間に入れる工具袋を新たに作るため、工具の出し入れや工具の選択がしやすいものにしました。厚さは3センチまでで、大きさはフロントキャリアの縦・横のサイズに合わせました。輪行袋等の収納袋と同じく、工具入れも全てマジックテープで止めています。
画像9(自転車携行工具)

画像10(自転車携行工具)

画像11(自転車携行工具入れ袋)

画像12(工具入れ袋の折りたたみ)

画像13(工具入れ袋の取り付け)

画像14(工具入れと輪行袋)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ