ブログ「毎日が日曜日」内の検索

芝生の手入れ2019年08月28日 17時10分

[芝生] ブログ村キーワード

*********** 夏野菜の収穫 ***********
 台風による豪雨ではなく、前線による豪雨が九州地方で起きています。静岡県三島市では竜巻があり、大気がかなり不安定な状態です。
 朝晩の気温が低く、今朝の最低気温は18℃でした。日照時間が短くなり、気温が下がって来たので、夏野菜は徐々に収穫量が落ちてきました。更新剪定をした茄子に花が咲き実が生っています。再び、茄子の収穫が出来そうです。
画像1(収穫野菜)

*********** 芝生の手入れ ***********
 先月21日に芝刈りをしたので1ケ月余り経っています。
 夏の芝は勢いが良く、本来なら少なくとも1週間に一度は芝刈りをしなければならないところです。
 バラの花壇に植えてあるロイヤル・ペパーミントが芝生の上まで伸びでいたり、カタバミなどの雑草が芝生一面に生えています。
 畑の方が一段落したので、今日は芝生の草取りをしました。芝生の狭い箇所は草取りをしながら芝刈り用のハサミで刈り込みました。
 天気が不安定で、時々雨が降り、その都度中断しながらの作業で、思うように捗りません。今日は予定の四分の一ほどの草取りでした。
画像2(草が生えてしまった芝生)

画像3(草刈りをした芝生)

*** アクションカメラのショルダーバンド ***
 アクションカメラを自転車走行時に使うため、いろいろと試しています。肩に載せる方法を考え、市販のショルダーバンドも使ってみました。自作のショルダーバンドと変わらず、カメラの方向を決めるのが難しいです。自転車のハンドルに取り付けた場合に比べると多少ブレが少なくなっていますが、大きな変化はありません。
 自転車の片手ハンドルで、スマホを手持ちで撮影しているM氏の動画を見ていると、ほとんどブレを感じません。手持ちの場合、自転車からの震動は肩、肘、手首の3ケ所の関節が吸収しています。肩に載せた場合はサドルから肩までの間に関節はなく、ハンドルに取り付けた場合と構造的には変わりありません。サドルから尻を浮かせれば、足首、膝、大腿部の関節が緩衝材の役目を果たしますが、常時、尻を浮かせて走行することは難しいです。
 手持ち撮影がベストですが、手持ちの場合、ドライブレコーダーのように常時撮影することが出来ません。結局、このアクションカメラは多少のブレを承知の上で、ハンドルに取り付けて撮影するしか方法がなさそうです。
画像4(アクションカメラのショルダーバンド)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ