ブログ「毎日が日曜日」内の検索

キャベツ・レタスの定植2019年08月24日 17時13分

[キャベツ] ブログ村キーワード

*********** 秋の気配 ***********
 昨夜は気温が下がり風が冷たく、半袖では寒いくらいでした。いつもは寝る前まで窓を全開にしていますが、早々に窓を閉めました。
 今朝、温度計を見ると、外気の最低気温は20℃でした。
 今日は雨の心配もなく、涼しい風が吹いていて過ごしやすい一日でした。
画像1(温度計)

*********** モロヘイヤ ***********
 モロヘイヤの横にオクラを植えています。オクラとモロヘイヤが同じくらいの高さになっていて、オクラに陽が当たりにくいので、モロヘイヤを短く刈り込みました。
 モロヘイヤは畑の2箇所に植えているので、一方が採れなくても支障はありません。モロヘイヤは草勢が強く、刈り込みをしても、直ぐに新芽が伸びてきます。
画像2(モロヘイヤ)

画像3(刈り込みをしたモロヘイヤ)

*********** 大根の発芽 ***********
 今週水曜日に種を蒔いた大根が3日目に発芽しました。大根などのアブラナ科の種は発芽率が良く、気温が高く、水分があれば簡単に発芽します。筋蒔きにしているので、成長に合わせて順次間引きをして行きます。20センチほどの長さになる大根「ホワイトスティック」は葉が多くなるようなので、間引きして葉を食べるつもりです。
画像4(大根の発芽)

*********** キャベツ・レタスの定植 ***********
 今月初めに種を蒔いたキャベツとレタスは、ポットの状態で育苗中でしたが、3週間以上経っても大きな苗になっていません。葉を食べられて葉が無くなっている苗もあります。
 これ以上、ポットの状態で育てても大きくなりそうにないので、畑に植えることにしました。畝は2週間前に堆肥を入れて、マルチを敷いてあります。9mの長さの畝に、株間40センチで、キャベツとレタスを交互に植えます。キャベツはアオムシの被害があるので。モンシロチョウが卵を産み付けにくくするため、レタスを間に植えています。
 キャベツ、レタスを交互に植え付け、余った苗を畝の端に4本植えておきました。最後に、念のため虫除け用のネットでトンネルにしました。
画像5(キャベツとレタスのポット苗)

画像6(苗の配置)

画像7(アーチ支柱)

画像8(虫除けのトンネル)

*********** トマト ***********
 昨日、トマトの収穫をしなかったので、大玉の「麗夏」、「桃太郎ゴールド」やミニトマトの「アイコ」、「オレンジチャーム」が色付いていました。「イエローアイコ」と「レッドオーレ」は、相変わらず裂果が見られます。雨が降ると、露地栽培では避けようがありません。
画像9(麗夏)

画像10(桃太郎ゴールド)

画像11(アイコ)

画像12(オレンジチャーム)

画像13(収穫野菜)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ