ヤブガラシの除去2018年10月06日 15時50分

[野焼き] ブログ村キーワード

*********** 稲藁 ***********
 昨日、4日に頂いた稲藁を畑のテント小屋の横へ移しました。前日の雨で少し濡れていて重いです。藁を積み上げてブルーシートを掛けておきました。
 束ねていなかった藁を畑で燃やしました。最近は近所から洗濯物が汚れるとの苦情があって野焼きがし辛くなったと新聞に載っていました。風がほとんど無かったので、少しだけ燃やしてみました。この場所は先日苦土石灰を入れて耕した玉ねぎを植え付ける予定です。
画像1(稲藁)
画像2(野焼き)

*********** バジルの完全撤去 ***********
 野焼きをしながら、枯れてしまったバジルを片付けました。トマトの畝に植えていたバジルです。トマトも大玉のものは全て片付けてしまいました。残っているのは中玉のシンディーオレンジ一株とミニトマト4株です。ミニは数日経てば赤くなり、少しですが収穫が出来ます。
画像3(バジルの片付け)

画像4(シンディーオレンジ)

画像5(アイコ)

*********** ニンニク ***********
 今日(10月6日)、ニンニクは植え付けた全てから芽が伸びていました。2日前には芽が出ていたのは数本だけでした。
画像6(ニンニク)

*********** サツマイモの乾燥 ***********
 サツマイモの保存方法が今ひとつよく分からなかったですが、コメントをくださっている方から教わりました。気温が10℃に下がるまでは,しっかりと乾燥させるそうです。
 育苗トレーに並べて戸外で乾燥させています。カラスに食べられないように、空のトレーを逆さまにして被せ、積み重ねています。雨が降る日はサンルームに入れています。
画像7(サツマイモの乾燥)

*********** ヤブガラシ ***********
 隣の空き地から伸びてくるヤブガラシで植えてあるジャーマンアイリスが完全に覆われています。境界に張ったネットや立てたイボ棒が畑側に傾き、ヤブガラシの草勢の強さが分かります。
 1時間ほど掛けて絡んでいたヤブガラシの蔓を取り除きました。この場所にはハヤトイモやカボチャの蔓がヤブガラシに負けず劣らずあたりに伸びています。空き地側に伸びたカボチャの蔓に3つ実が生っていました。
画像8(ヤブガラシ)

画像9(ヤブガラシ)

画像10(カボチャと隼人瓜)

*********** 朝日新聞記事 ***********
 昨日(5日)の新聞記事です。
(1) 2度前後の上昇でグリーンランドなどの氷床が解けたり北極海の海氷が減少したりすることで、気温上昇が進む。

(2) 上昇幅が4度前後になると南米アマゾンの熱帯雨林が枯死し、含まれていた二酸化炭素が多量に放出される。

(3) 温暖化が加速し気温上昇が5度以上になると、東南極の氷床が解け、海水面の上昇は最大60メートルになる可能性がある。


 国立環境研究所地球環境研究センターの江守正多福センター長は
 「現状の温室効果ガス排出は2度を超えるペースで進んでおり、脱炭素社会への転換を真剣に考える必要がある」
と話している。
画像11(新聞記事)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ