サツマイモの収穫2018年09月30日 17時28分

[サツマイモ] ブログ村キーワード

*********** サツマイモの収穫 ***********

 ほぼ一週間、ブログの更新をしていません。この間、トレンクルのサドルバッグや雨具の製作、家内に頼まれたDVDの製作などをしていたのでブログが更新出来ませんでした。これらのことについては、追って紹介する予定です。

 2日前(9月28日)、久し振りに晴れたのでサツマイモの収穫をしました。
 最初に蔓を刈り取り、続いて敷いてあったマルチを剥がしました。サツマイモの収穫時期は、植え付け後120日を目安に、根元に新しく蔓が伸びてきた頃だそうです。収穫前は畝全体を蔓が覆っているので根元を調べることが難しいです。蔓を刈り取って初めて根元を見ることが出来ました。例年、試し掘りをして収穫時期を決めていましたが、こんな見分け方があるとは知りませんでした。
 今年は4月末に、シルクスイートという品種の蔓苗を25本植えました。食べ頃サイズのサツマイモは50個ほどでした。
 土を洗い落として天日で乾かした後、新聞紙に一つ一つ包んで発泡スチロールの箱に詰めて保存しました。
画像2(サツマイモの蔓の刈り取り)

画像3(サツマイモの新芽)

画像1(サツマイモの収穫)

画像4(掘り出したサツマイモ)

画像5(掘り出したサツマイモ)

画像8(サツマイモ収穫後の畑)

画像6(土を洗い落としたサツマイモ)

画像7(サツマイモの保存)

*********** 干し芋作り ***********
 昨日(29日)、収穫したサツマイモの中で小さなものを干し芋にしてみました。台風24号、25号と続いてやってくるので、しばらく天気が悪いです。干し芋作りは天日で乾燥させると甘みが出て美味しいですが、雨続きになりそうなので天日での乾燥は望めません。
 サツマイモを蒸して、中まで柔らかくなったところで皮を剥き、短冊状に切りました。オーブントースターを600W、30分にセットして、短冊状のサツマイモを乾燥させて出来上がりです。
 天日で乾かした干し芋のようにはなりませんが、それなりに美味しいです。
 よく知られているサツマイモには「紅あずま」、「紅はるか」、「安納芋」などがあります。「紅はるか」は「紅あずま」より”はるか”に美味しいというところから付けられた名前だそうです。
 サツマイモの比較(順位)
 甘さでは、(1)紅はるか、安納芋、 (2)シルクスイート、
 滑らかさは、(1)シルクスイート、(2)安納芋、(3)紅はるか
 水分量は、(1)シルクスイート、(2)安納芋、(3)紅はるか
 繊維量は、(1)紅はるか、(2)安納芋、(3)シルクスイート
画像9(干し芋作り)

画像10(干し芋)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

_ くんぱん ― 2018-10-01 02:05

ykitaさん、おはようございます。

早くコメント開けますように。

サツマイモ、すぐ、広げてください。

ykitaさん、サツマイモ、収穫したら、時間の許す限り乾燥です、寒くなる前まで,乾燥、時々、サツマイモの向きを当たる面を変えて下さい。発泡スチロールに入れるのは、気温が10度を目安です、10度以下になると危険になります。

ykita、さん、収穫したサツマイモの画像見ると、サツマイモが奇麗ですが?掘ったままですか?それとも、土を落として?何とも言えませんが、自分は、土が付いたままで、乾燥です、
何回か乾燥していると、自然に土が無くなります。

早く、サツマイモ広げて、乾燥してください。

_ ykita ― 2018-10-01 17:43

くんぱんさん、こんにちは
 サツマイモの保存、ご忠告有り難う御座います。しっかり乾燥させる必要があるのですね。湿気があるとカビてくるのでしょうか?ジャガイモと同じで洗わないで乾燥させた方が良かったですね。昨年も洗ってから発泡スチロールに入れたので気にも掛けなかったですが、洗ってしまったので、これからしっかり乾燥させます。
 乾燥する場合、直射日光は避けた方が良いのでしょうか?土の中にあったものなので日陰の風通しが良い場所で乾燥させてみます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック