ブログ「毎日が日曜日」内の検索

台風21号 今年最強レベル2018年09月01日 18時26分

[台風被害] ブログ村キーワード

*********** アマガエル ***********
 今朝、流しの上にアマガエルがいました。多分、昨日まで玄関ポーチにいたアマガエルではないかと思います。寝る前に玄関ドアを湿るため網戸を開けたときに入ってきたようです。それにしても、玄関ホールからリビングを経てキッチンの流しの上へ上がってきているのには驚きました。水のあるところをどのようにして分かるのか不思議です。家内が見つけましたが、騒いでいるだけなのでアマガエルを掴んで裏の土手に逃がしてやりました。これで玄関ポーチにはアマガエルがいなくなったと思ったら、何と、一回り小さなアマガエルが葉の上にいました。
画像(アマガエル)

*********** 台風21号 ***********
台風21号 今年最強レベル 週明け列島へ(日本気象協会HP)
 秋雨前線の影響で東北、関東北部、日本海側で豪雨になっているところがあります。台風21号は中心気圧が915hPaという最強の台風です。今後、北上を続け、4日から5日にかけて日本列島に最接近、上陸の恐れもあります。海水温が高いため、勢力を保ったまま上陸する可能性があるため、十分な台風対策が必要です。

ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

フロントバッグのフレームとアタッチメント2018年09月02日 21時54分

[トレンクル] ブログ村キーワード
***フロントバッグのフレームとアタッチメント***
 昨日、フロントバッグのフレームを作るためアルミ板を買って来ました。アクリル板やポリカにするか迷ったのですが、厚みはそれほどなくてもよいので加工しやすいアルミ板にしました。厚さ0.5mm、縦40×横60cmです。上蓋のない箱状にするには縦、横共に長さが足りません。前面を塞がないで、底面と背面、両側面だけにすれば作れそうです。
 フロントバッグの寸法は幅22×高さ22×奥行15cmです。このフロントバッグは傘の生地を使っていて薄いですが裏面が防水加工してあります。2年前の自作のフロントバッグです。ランドナーのクイックエースに取り付けて使っていましたが。小径車のトレンクルにも取り付けられるようにするため内側にフレームを入れることにしました。
 サイズに合うように切り、折り曲げ、リベッターを使ってリベットで留めました。
 出来上がったフレームをフロントバッグに入れて、背面にアタッチメント(BASIL(バジル) バスケット クリックフィックス アダプタープレート)を取り付けました。このプレートは自転車側に取り付けてあるアタッチメント(RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) フロントアタッチメント KF810)にセットできます。
 アルミの厚さが0.5mmなので上側を折り曲げて厚みを作り、更に0.5mmの板で補強してアタッチメントを取り付けました。フロントバッグの容積は薬7.5リットルなので、収納する物が2キロ以下なら耐えられると思います。
 トレンクルにはすでに自転車側にアタッチメントを取り付け、市販の小さなバッグ(容積5.5リットル)を付けていました。
 2つのバッグをトレンクルに付けた状態で比較をすると、今回のバッグは14インチのトレンクルには不格好でバランスが悪いです。
 近場や日帰り程度なら小さい方のバッグで十分ですが、日帰りでも少し遠出になる場合は、今回取り付けたフロントバッグの方が便利です。
画像1(フロントバッグのフレーム)

画像2(リベッター)

画像3(フロントバッグ側のアタッチメント)

画像4(フロントバッグに取り付けたアタッチメント)

画像5(自転車側のアタッチメント)

画像6(装着したフロントバッグ)

画像7(フロントバッグの比較)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

玉ねぎの発芽2018年09月03日 18時18分

[玉ねぎ] ブログ村キーワード

*********** 草花 ***********
 明日、台風21号が接近、上陸する可能性が出てきました。風雨共に強まりそうなので、庭の草花の被害が出てきそうです。
 四季咲きのバラやハイビスカス、アサガオなど強風で倒れてしまうかもしれません。
 高砂ユリは今が花の盛りですが、草丈が1mほどで最上部に花が咲くため風で倒れてしまうだろうと思います。高砂ユリは外来種で1923~1924年に侵入したと国立環境研究所のHPに載っていました。最近オニユリやヤマユリなどよりも高砂ユリを見かけることが多くなったような気がします。
画像1(バラ)

画像2(ハイビスカス)

画像3(アサガオ)

画像4(高砂ユリ)

画像5(トックリ蘭)

*********** 姫リンゴ ***********
 姫リンゴも台風で果実が落ちてしまうだろうと思います。ようやく赤く色付いてきたところです。
画像6(姫リンゴ)

画像7(姫リンゴ)

画像8(姫リンゴ)

*********** キャベツ苗 ***********
 キャベツは15ポット全て発芽し双葉が出ています。1ポットに4~5本出ているので間引きをして1~2本にしました。
 同じ日に種を蒔いたレタスは1ポットのみ発芽です。2年前の残り種だったので発芽率が悪いです。3月に種を蒔いたときには発芽していたので、その後の半年間で種の発芽力が落ちてしまったようです。今日、もう一度、種を蒔いておきました。
画像7(キャベツのポット苗)

*********** 玉ねぎの発芽 ***********
 玉ねぎが発芽していました。今日で播種後6日目ですが、多分昨日あたりから発芽していたのではないかと思います。
 ケル球よりネオアースの方が多く発芽しています。石倉一本ネギも発芽していました。
 発芽したばかりなので根が浅く、明日一日降り続く雨で根が浮き上がって流されてしまわないか心配です。
画像8(ケル球の発芽)

画像9(ネオアースの発芽)

画像10(石倉一本ネギの発芽)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

台風被害2018年09月05日 18時07分

[台風被害] ブログ村キーワード

*********** 台風21号による被害 ***********
 昨日、午後4時頃から5時頃が最も風雨が強まりました。
 日本海側を北上した台風は山梨に最接近する少し前に南風から南東の風に変わり、畑のキュウリ棚がまともに風を受けてしまいました。この棚にはキュウリ、インゲン、ゴーヤを這わせていました。インゲンやキュウリの葉は疎らでしたがゴーヤの葉が密集していたため棚が北西方向に倒れてしまいました。
 棚が倒れた方向が悪く、隣のニンジンや先日発芽を始めた玉ねぎ、長ネギなどの上に覆い被さっています。
 午前中、棚の片付けをして、ネットに絡んだ蔓を外し、キュウリ、インゲン、ゴーヤを撤収しました。棚が倒れた状態でネットから蔓を取り除くのはかなり面倒でした。
 キュウリとインゲンは、2回目播種が、かろうじて生き残っているので、株は少しですが暫く収穫出来そうです。
画像1(キュウリ棚倒壊)

画像2(キュウリ棚倒壊)

画像3(キュウリ棚倒壊)

画像4(キュウリ棚撤収)

画像5(キュウリ棚撤収)

*********** パプリカ ***********
 風が強かったため、茄子の葉が萎れ、枝が垂れ下がっていました。隣のパプリカやピーマンも倒れていました。
画像6(パプリカ)

画像7(収穫した野菜)

*********** インフレーター ***********
 自転車の空気入れ(インフレーター)はスタンド型3本、自転車(ランドナー)のフレームに取り付ける棒状のものなど、幾つか持っています。ランドナー(クイックエース)も小径車(トレンクル)もチューブのバルブはフレンチバルブです。ロードバイクなどタイヤが細いので空気圧を高くするためにフレンチバルブは有効です。しかし、私には使い勝手が悪く、空気を入れるのにいつも四苦八苦しています。昔の虫ゴムを付けたバルブのようなシンプルな方が空気を入れやすいです。
 小径車で携帯するためのインフレーターを探していました。
 収納時の長さが22センチでバルブにセットするときにノズルを曲げられるものが14インチのタイヤには使えそうだったので一昨日購入しました。使ってみると延長チューブを90度に曲げないとしっかりバルブに装着出来ません。ポンピングは軽く、回数は多くなりますがしっかり空気を入れることが出来ました。
 22cmのインフレーターでも何とか使えそうでしたが、ノズルを90度曲げなければならないので、ポンプに直付けの、さらに小さなインフレーターを一昨日注文しました。昨日届く予定でしたが台風のため今日午前に届きました。インフレーターの長さは12センチです。延長ノズルが付いていないので、バルブに直に差し込みます。確かに空気は入りますが、標準圧力まで入れるのにはポンピングを何度も繰り返さなければなりませんでした。それに、支えている左手の部分が短く、丁度スポークに当たる位置なのでポンピングがし辛いです。22センチ、12センチのどちらも一長一短があります。ツーリング時のパンクなどで空気を入れなければならないときに使う程度なのでコンパクトな12センチを携帯する方が良いだろうと思っています。  2つのインフレーターは最大160PSI(ポンド・スクエア・インチ)の空気圧まで入れることが出来ると説明にありました。kPs(キロパスカル)に換算すると1120kPsです。トレンクルの赤松のタイヤ側面には標準空気圧は250~400kPsと記載されてるので、このミニポンプでも十分入れられる空気圧です。
画像8(空気入れ)

画像9(空気入れ)

画像10(空気入れ)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ