パプリカの初収穫2018年08月10日 18時01分

[パプリカ] ブログ村キーワード

*********** チェリーセージ ***********
 チェリーセージは春頃には赤と白のツートンカラーですが、夏になると暑さのためか赤一色、白一色になってしまいます。
画像1(チェリーセージ)

画像2(チェリーセージ)

画像3(チェリーセージ)

*********** カボチャ「雪化粧」 ***********
 先日収穫するつもりだった雪化粧です。早くから結実していたので収穫しました。
画像4(カボチャ「雪化粧」)

画像5(カボチャ「雪化粧」)

*********** パプリカの初収穫 ***********
 パプリカは初収穫です。ピーマンと違って黄色や赤色になるまでに時間がかかります。その間に日焼けや虫に食べられて収穫に至らないことが、これまで何度かありました。
 今年は日焼けにあっている果実もありましたが、下の方に生っているのは葉が日よけの役目をしていてなんとか収穫まで保ちました。
画像6(パプリカ)

画像7(収穫した野菜)

 トマトは台風13号による雨で果皮の薄いミニトマトを中心にひび割れを起こしています。昨年まで作っていた大玉の「ルネッサンス」もよくひび割れていました。今年の大玉トマトは果皮がさけにくい「桃太郎ゴールド」と「麗夏」でだけですが、ヘタ部分に裂け目が出来ることが多いです。麗夏が赤くなっていたので採ってみました。果尻側は無傷で綺麗でしたが、ヘタ近くは裂け目が深く入っていて小さな穴も開いていました。
画像8(トマト「麗夏」)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

_ くんぱん ― 2018-08-11 03:10

ykitaさん、おはようございます。チェリーセージは気候によって色の付き具合が違うのですね。自分の所のチェリーセージは何とか一本だけ生き返って今の所、ちょっと花数も少なく寂しいです。今年は、越冬対策をしなければ。毎日の収穫が大変ですね、一時でも安心して食べられる野菜良いもんですね。家の周りのプロのモロコシ畑、果樹園は農薬が半端ではないです。世界で農薬消費は日本が一番だとか、この先の環境が目に見えています。
トマトの大玉は難しいです、ちょっとした土壌条件、気象等で、尻割れ、ヘタ部分の割れ、少しでも口に入ればいいと思っています。

_ ykita ― 2018-08-11 18:05

くんぱんさん、こんにちは
 チェリーセージの冬越しは土が凍らないようにしなければならないようです。籾殻や藁などを周りに敷くと良いのかもしれません。
 毎日、収穫しないとならないのはキュウリやトマトですね。キュウリは一日でおおきくなりますし、トマトは果皮が割れてしまうので、収穫が遅れると食べられなくなってしまいます。
 多量に生産するプロの方たちは農薬を使っているのは知っていましたが、結構、頻繁に散布するようですね。虫食いや形が不揃いになった野菜を消費者が好まないので、消費者にも責任があるように思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック