ブログ「毎日が日曜日」内の検索

トマトの脇芽欠き・誘引2018年06月04日 17時53分

[トマト] ブログ村キーワード

*********** メドーセージ ***********
 メドーセージはシソ科サルビア属のハーブの一種です。別名サルビア・ガラニチカといいます。冬には地表に出ている部分は枯れてしまいますが、地茎が生きていて春になると伸びてきます。地茎はマイナス10度まで耐えられるそうです。
 メドーセージを植えている場所に福寿草も植えています。メドーセージの方が草勢が強く、年々、福寿草が少なくなってきました。
画像1(メドーセージ)

*********** トマトの脇芽欠き&誘引 ***********
 しばらくトマトの脇芽欠きをしていなかったので、太くなった脇芽が幾つもありました。
 葉が混み合っていて下葉が敷いてあるマルチに触れていたので、葉の先端を切って落とししました。根元付近の茎にアブラムシがついているものもあり、少し葉を落として風通しを良くしなければと思っています。
 脇芽欠きや伸びた茎を誘引、下葉の刈り込みで、トマトの畑が少しすっきりしました。大玉トマトの麗夏、ミニのイエローアイコに続き、中玉のシンディーオレンジも結実しています。花は2段目から3段目に移ってきました。
画像3(トマトの脇芽)

画像2(トマトの下葉)

画像4(トマトの果実)

画像5(トマトの花)

画像6(トマトの花)

画像7(トマトの畑)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック