雨上がりの畑2018年05月03日 18時36分

[ニンニク] ブログ村キーワード

*********** クジャクサボテン ***********
 夜半に降り出した雨は明け方には上がっていました。
 雨に打たれたクジャクサボテンの花は、今朝も元気よく咲いています。咲いているのはピンクの花だけで、赤や黄色はまだツボミのままです。
画像2(クジャクサボテン)

画像3(クジャクサボテン)

画像4(クジャクサボテン)

*********** 雨上がりの畑 ***********
 雨上がりの畑は瑞々しく、野菜も草も青々としていました。
画像1(雨上がりの畑)

 1箇所に2粒蒔いたオクラですが、2つ発芽しているのは1箇所だけで、他は1本だけでした。本葉が見え始めているので、そろそろ支柱を立てようかと思います。
画像5(オクラ)

画像6(オクラ)

 4箇所に播種したインゲンが揃って発芽していました。最初1、2箇所だけ発芽していたので、数日前にもう一度種まきをしています。
画像7(インゲン)

画像7(アフリカントール)

 ひと雨ごとにスギナが増えています。北側の空き地に近い場所では、スギナの方が目立っています。スギナを取っても、隣の空き地から侵入してくるので根本的な解決にはなりませんが、採らなければ畑がスギナだらけになってしまうため、増える前に取っています。
画像11(スギナ)

*********** ニンニク ***********
 ニンニクの葉がほとんど枯れています。茎も細く、完全に枯れてしまったものもあります。
 昨年9月15日に「嘉定種」という南方系の種ニンニクを植え付けました。「嘉定種」は中国 上海の嘉定地方のニンニクだそうです。初めて栽培しましたが、こおあたりの気候に合っていなかったようです。56個植え付け、全て芽が出ましたが、冬の間に20本ほど消えてしまいました。
 茎が細く、葉がほとんど枯れているものを引き抜きました。肥大しておらず小さなニンニクですが香りは強いです。乾燥させて、木酢液に浸け、モグラ避けに使ってみます。
 畑には10本ほど残してあります。茎が太そうなものを残しましたが、大きなニンニクにはなりそうもありません。今年の秋には、北方系のニンニクを植え付けます。
画像8(ニンニク)

画像9(取り除いたニンニク)

画像10(畑に残したニンニク)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ