凍りついた畑の土2018年01月04日 17時43分

[玉ねぎ] ブログ村キーワード

*********** オンシジウム&デンドロビウム ***********
 2種類のオンシジウムの花が満開です。
 デンドロビウムの芽が現れてきました。
 オンシジウムもデンドロビウムもリビングの窓際に置いています。日中は15℃以上に温度が上がります。夜間は暖房を入れているので17~20℃あります。暖房を止めるのは午後11時過ぎですが、室内の最低温度は8~10℃です。オンシジウムやデンドロビウムにとっては最適な条件ではないかと思っています。
画像4(オンシジウム)

画像3(オンシジウム)

画像2(オンシジウム)

画像5(デンドロビウム)

画像6(デンドロビウム)

画像7(デンドロビウム)

*********** 凍りついた畑の土 ***********
 正月三が日の最低気温は0℃前後でしたが、今朝は一気に5度以上下がっていました。
 玉ねぎは寒さで萎れ、ところどころ寒さに耐えきれず苗が消えいます。
 ビニールシートを畝の上に広げてあっただけなので、冷気が流れ込んでいたために苗がやられてしまったようです。
 もう一度、シートをかけ直すため、アーチの支柱を畝のサイドに差し込もうとしましたが土は凍っていて挿すことが出来ません。スコップで凍っている土を砕き、ようやく支柱を立てることが出来ました。凍っている土の厚さは約10センチありました。
 玉ねぎの畝にはマルチを敷いていますが、マルチだけでは土が凍ってしまいます。シートを広げただけなので、改めて畝を完全に塞いでトンネル上にした方が良さそうです。
画像1(温度計)

画像8(玉ねぎ)

画像9(凍り付いた畑の土)

画像10(玉ねぎの畝)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ