高齢者肺炎球菌感染症予防接種2017年12月09日 18時21分


 庭の気温と周りを囲ったパーゴラの中の気温がほぼ同じでした。日中陽が射しているとパーゴラの中の方が高くなりますが、陽が沈むと外も中も気温が変わらなくなっています。パーゴラはポリカボネートで囲っていますが、隙間があるため、霜が降りないだけで外気と変わらない状態です。

 今年度の初めに、市役所から「高齢者肺炎球菌感染症予防接種」の案内が届きました。接種すれば市から補助金が出ます。何ヶ月も受けに行かずにいました。秋になって2度目の案内が市役所から届き、接種することにしました。近くの病院に問い合わせたところ、特に予約など必要なく、いつでも接種出来るとのことでした。
 家内も接種の対象になっていたので二人で病院へ行き、予防接種をしてきました。
 医者の話だと、この予防接種はどの肺炎にも効くというわけではないようです。受けないより受けた方が良いということだそうです。また、今後も5年に一回接種することになるようです。ただし、次回からは市からの補助金は出ないとのことでした。
画像1(気温)

画像2(天声人語)

 大竹文雄・大阪大学教授らの研究
 寺院や神社の近所で育った人は、そうでない人に比べて、人を信頼し、恩を返したいと考えるる傾向が強い。それが幸福感や健康にもよい影響を与えるという。

ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

_ くんぱん ― 2017-12-10 03:08

ykitaさん、おはようございます。昨日の朝方は、白一面でした、午前中には家の前の農道?は溶けましたが、土のある所は夕方までありました。肺炎球菌ワクチン、次回から個人負担、自分も今年の6月に接種して、カードを貰いました、本当に、やらないより、やった方が良いと言われました。子供部屋、鉢で凄いですね、二階にあげるにも大変で、足腰が丈夫になったことでしょう?自分には、ここまでは出来ないです、それこそ、階段でコケてしまいます。神社の事件、お金が絡むと、鬼に、蛇になるとか、当人たちより、神社を支えてきた地域の人たちのショックが大きいのでは、立ち直るまでの年数が計り知れないかも知れませんね。

_ ykita ― 2017-12-10 22:24

くんぱんさん、こんばんは
 雪が降ったのですね。義叔母が2度目の骨折をしたときは、通院のため、毎月綾部へ行っていました。北陸道の敦賀付近で雪になったことがありますが、中央道で雪になったことはありませんでした。箕輪の付近は雪が少ないのではと思っていましたが、今年は雪が降るのが早いのでしょうか。
 肺炎球菌ワクチンは、初回のみ補助があるようですね。
 階段の上がり下りは、結構良い運動になります。畑に行かないと、歩くことが少なくなるので、出来るだけ動くようにしていますが。万歩計で調べると歩いている歩数が少ないです。
 富岡八幡宮は有名な神社ですね。神社の資産は個人のものなんでしょうか?宮司という職は世襲制なのか?神社のことはよく分かりませんが、親・姉弟など身近な人間関係が一旦崩れると修復は難しいですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック