3ヶ月に一度の歯科通い2017年12月01日 18時10分

[歯科] ブログ村キーワード

*********** 3ヶ月に一度の歯科通い ***********
 毎年、葉ボタンの種を採っています。6,7月頃になると花が終わって鞘が出来、鞘が枯れる頃に採種しています。葉が残っていれば、どんな葉ボタンの種だったか分かるのですが、採種の時期には葉が少なくなり、茎の色を見て白か赤であることぐらいが分かるだけです。
 種を蒔いて葉が大きくなった頃にどんな葉ボタンになるのか分かります。中にはキャベツの出来損ないのような葉ボタンも現れます。寒くなれば葉が色付くのが葉ボタンですが、先祖返りしたのか、いつまで経っても青々としていて葉ボタンらしくないものがあります。
画像1(葉ボタン)

 今日は3ヶ月に一度の歯科へ行く日です。歯科医院は車で7,8分の隣町にあります。午後2時の予約ですが、2時に行ったのでは待たされるので、午前中の診療が終わる正午前に行って、受付に診察券を出してきます。一旦、自宅に戻り、2時少し前に行けば、1番最初に診てもらえます。
 今日は歯のメンテナンスだけでなく、歯茎の検査もしました。今回の検査で、歯茎の深さは3mmと2mmが半々で、1本は1mmという好結果でした。3mmを減らしたいと云うと、医者は「3mmなら全く問題は無い」とのこと。2mmは高校生並の歯だそうです。4mm以上になると治療が必要だと云われました。
 検査の結果が良かったので、次回は4ヶ月後ということになりました。
画像2(葉ボタン)

*********** 朝日新聞「社説」 ***********
 「ゼロに近い金額まで努力する」「(地中のごみは))知らなかった事実なので(補償を)きっちりとやる必要があるというストーリーをイメージしている」
 近畿財務局側が学園側に伝えた言葉は、大幅値下げのための価格交渉や口裏合わせではないのか。この内容を補強するメモも新たに示された。

 だが財務省はこんな理屈を持ち出した。「金額」については話したが、「価格」は交渉していない。「口裏合わせ」ではなく、ごみの量を見積もる「資料提出のお願い」をした--。
 責任は附務官僚にあり、自分は報告を信じただけ。そう言いたいのだろうか。だとすれば、行政府トップとして無責任な発言というほかない。
 会計検査院の調改報告や予算委で指摘された疑問を解明すべく、関係省庁に徹底調夜を指示する。当事者が国会で説明するよう指導力を発揮する。
 首相自身が腹をくくり、解明に動かねば問題は終わらない。
画像3(社説)

*********** 朝日新聞「天声人語」 ***********
 与党質問の比率が増えすぎた結果だろう。政府の施策の問題点をわきに置いて、首相をほめていては国会審議とは言えまい。推す法案を長々と説明して「総理、応援していると言っていただけますか」「応援しております」というやり取りもあった。茶番である。
 首相の在任期間はいまや桂、佐藤栄作、伊藤博文、吉田茂に続いて歴代5位に達した。あと2年続投すれば桂も超える。「安倍尊大人様閣下」。そんな呼ぴかけをする議員すら出かねない国会の惨状である。
画像4(天声人語)

*********** 朝日新聞「声」欄 ***********
 原発事故は「人災」だったと思う。私は、国と福島県に被害者の暮らしを補償することを強く望む。被害者の生活再建が果たされない限り、原発事故は決して終わることはない。
画像5(声欄)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ