ブログ「毎日が日曜日」内の検索

玉ねぎの苗床作り2017年08月29日 17時17分

[玉ねぎ] ブログ村キーワード

*********** デュランタ ***********
 我が家の庭の草花で夏に咲く花は、ブーゲンビリアやハイビスカスとともにランタナやデュランタがあります。
 デュランタは夏の終わり頃から秋にかけて小さな花が房状に咲きます。花は紫に白い縁取りがあるのが特徴ですが、もう少し薄い紫一色の花もあります。
画像1(デュランタ)

画像2(デュランタ)

*********** キュウリとゴーヤ ***********
 最初のキュウリは全て終わってしまい、キュウリ棚には2番手のキュウリが生っています。一日に1、2本収穫出来るだけです。朝取りをしてぬか漬けにします。家内と二人だけなので、小さなキュウリなら2本、普通サイズなら1本をぬか漬けにして、夕食の時に食べています。
画像3(キュウリ)

 キュウリ棚の隅に植えているゴーヤの蔓が棚全体に広がっています。ゴーヤは葉と同じ色をしているので、収穫するのを見落として大きなゴーヤになってから気づくことがあります。棚の天井に下がっているゴーヤなら見落とすことがありません。
画像4(ゴーヤ)

 今日の収穫で、大きなゴーヤが1本あります。大きくなりすぎているので、このゴーヤは捨ててしまうことになりそうです。
画像5(収穫したキュウリとゴーヤ)

*********** 玉ねぎの苗床作り ***********
 玉ねぎの苗床作りをしました。
 マルチを敷いた東側の畑は形が変形なので、細い畝を1本作ると、その間に三角形のデッドスペースが出来ます。ここを玉ねぎの苗床として使うことにしました。単管パイプを2段にして周りを囲み、苗床を少し高くしています。作り終えた苗床は畑の土だけですが、玉ねぎの種を蒔く前に、この上に種まき用の培養土を数センチの厚さで敷きます。
画像6(玉ねぎの苗床)

 玉ねぎの種は既に3袋買ってあります。毎年、長期保存が効く「ネオアース」という品種です。
 いつも私のブログにコメントを書いてくださっている方が、「ケルたま」という玉ねぎを教えていただきました。早速ネットで調べて見たところ、「ケルたま」は、
 体内で発生した活性酸素を除くと言われる機能性成分「ケルセチン(配糖体)」を、従来秋まきタマネギ(ネオアース)の約1.5倍含有する。ケルセチンの影響で肉色はやや黄みを帯びる。また、スープや煮物にすると甘みが引き立つ。

●晩生の高貯蔵品種
  熟期は晩生で玉しまりとそろいがよく、貯蔵中の萌芽や尻部の動きが遅く、長期貯蔵に向く。

●きれいな皮色で美しい外観
  皮は密着性にすぐれ、濃赤褐色で美しいツヤがある。

●草姿立性で作りやすい
  葉は濃緑で草姿立性。晩抽性が高く栽培しやすい。
【タキイ種苗HPからの引用】

 「ネオアース」よりも様々な点で優れている品種のように思います。
 既に「ネオアース」の種がありますが、早速、タキイ種苗に「ケルたま」の種を注文しました。
画像7(畑)

*********** 畑の草取り ***********
 ニンジン、カブを植えている畝の両側から、マリーゴールドやサツマイモの蔓が迫ってきていました。草も生えていたので、草取りをしながら、サツマイモの蔓返しや畝の側に倒れているマリーゴールドの刈り取りをしました。
画像8(草取り)

 アフリカンマリーゴールドの花に鮮やかなヒョウ柄の羽をした蝶が飛来しています。”ヒョウモンチョウ”の仲間だと思いますが、”○○ヒョウモン”という蝶が多くて、花にやって来ている蝶を特定出来ません。毎年、夏の終わりから秋口にかけて見かける蝶です。
画像9(ヒョウモンチョウ)

画像10(ヒョウモンチョウ)


ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

_ くんぱん ― 2017-08-30 05:36

ykitaさん、おはようございます。キュウリのぬか漬けは良いですね、それに、漬ける量も丁度で。自分の所も、ナス、キュウリ、浅漬けしていますが、どうも、女房と漬けた味が違うもんであまり箸は運びません、そのうち女房、はお父さんナス嫌いなの?いゃー????ゴーヤーも、東京の屋上で栽培しましたが、熟過ぎて中身がバッカーと見えたとき気持ちが悪くて、それ以降栽培しません。先日も、役場に行った時、ゴーヤーのグリーンカーテンで、玄関の所にご自由にお持ちくださいと段ボールに実がありまして女房が2本貰いましたが、自分は食べません。ykitaさん、タマネギの苗とネギは、友達に毎年おすそ分けしています。家の前の人も、ここ、2~3年、苗をもらいに来ます、その人も種から播種していますが、苗の数が足りなくて、自分が移植する前に取りに来ます。昨年は、段ボールを持って取りに?自分が、困るから、少しだけ分けてやりましたが、移植した後の補充もあるし、訳を話したら、今年は多めに播種するとか言っていました。歯のメンテ?女房に話をしたら、職業柄、何時も歯を綺麗にしている人だと、芸能人も同じことやっている?そんな、会話がありました。

_ ykita ― 2017-08-30 15:38

くんぱんさん、こんにちは
 ぬか漬けは体に良いそうですね。夏の間は、毎日、朝漬けて夕食に食べています。最近はキュウリの他にシロウリも漬けています。茄子はぬか床から出すとすぐに色が変わり、見た目が良くないので私も余り食べません。
 ゴーヤは熟れすぎると黄色くなって、種の周りが赤くゼリー状になるので、見ただけで食べようとは思いませんでしたが、調べて見ると熟れすぎたゴーヤは苦みが少なく美味しいそうです。家内がネットで調べ、ちりめんじゃこなどと一緒に煮て、佃煮にしていました。
 玉ねぎ苗、やはりそうでしたか。うちでも、野菜作りをはじめた頃は、近所の苗を貰っていました。最近は私の作る苗の方が大きいので、近所の方があてにし始めました。うちで植え付けし、予備の苗を取って置いて、残っている苗を差し上げるようにしています。
 段ボール箱を持ってこられるのは困りものですね。苗を作るにも種を買ったり、発芽後の世話もありますので、毎年、あてにされるのは作っている方としては嫌なものです。
 歯のメンテ、芸能人とは違って、私の場合は歯周病を抑えるためにやっています。私が通っている歯科医では、年に3~4回、定期的にメンテナンスを受けている方が多いです。歯の異常の早期発見と治療ができます。歯周病は一旦罹ると、完全に歯周病菌をなくすことは難しいそうです。歯周病菌は歯と歯茎の間に入り込み、奥へ奥へと入って行き、歯茎を下げて行きます。やがて歯がグラグラして抜けてしまうそうです。歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間の深さが3mmとか4mmあると歯周病菌が入り込みやすいそうです。健康な歯は2mm以下だそうです。治療をはじめた数年前は3mm、4mmの歯が多かったのですが、最近は4mmはなくなり、3mmが1,2本で2mmが多くなってきました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック