ブログ「毎日が日曜日」内の検索

久し振りの雨、しかし豪雨です。2017年06月21日 16時23分


*********** 久し振りの雨、しかし豪雨です。 ***********
 今日は朝から雨が降っていました。雨脚は次第に強くなり、昼頃からは大雨になりました。午後3時頃から小雨に変わり、夕方には雲間から青空がのぞいています。
 雨の日は畑の作業は休みです。小雨だった朝のうちに、キュウリを収穫してきました。
 昨日、庭の北側に置いていたかすみ草の鉢を表側の夏椿の木の下に置きました。花が増えたので鉢を移動させましたが、この雨で小さな花が雨粒に叩かれています。
画像1(かすみ草)

画像2(かすみ草)

 夏椿の花は一日でポトリと落ちてしまいます。毎朝、夏椿の木の下のレンガの上に花殻が落ちています。雨で濡れた花殻は掃き集めるのが面倒です。
画像3(夏椿)

 今月に入って、夏椿の木の下に鳥の糞のようなものが落ちていました。水で流しても翌日には同じ位置に糞が落ちています。木を見上げても、鳥の巣のようなものはなく、いつも不思議に思っていました。
 一昨日夕方、2階の窓から隣の家の脇に立っている電柱に数十羽のムクドリが止まっていました。あまりのも数が多く、都会でムクドリ被害があるのをテレビで見たことがあるので、夏椿の木がムクドリのネグラになっていたのではと、ハタッと気がつきました。ムクドリは、しばらく電柱に止まっていましたが、こちらに気がついたのか、一斉に飛び立って行きました。
 その後、夏椿の木の下には糞がなくなったので、ネグラを変えたのかもしれません。
画像4(夏椿)

画像5(夏椿)

*********** 朝日新聞「天声人語」 ***********
 ファーストフード店やコンビニなどのマニュアル化された客への応対には、違和感を覚える言い方が多く見受けられます。政治家、官僚にも独特の言い回しがありますね。

 「ございます」は「あります」を丁寧にした言い方。「思ってあります」と言わない以上、それを丁寧化した「思ってございます」はおかしな表現となる

 いくつもの疑惑を残したまま国会が閉じられた。有権者の一人と‘して、いまこの国の政治のありように甚だしい違和感を覚えでございます。

画像6(朝日新聞天声人語)

*********** 朝日新聞「社説」 ***********
  「今後、何か指摘があれぱその都度、真摯に説明責任を果たしてまいります」

  耳を疑うのは、菅官房長官が、首相が直接国民に説明することについて「寿えていない」と否定したことだ。首相自ら国民に誓っIた「真摯な説明責任」の実行を促すことこそ、官房長官の役割ではないのか。

  本紙の世論・調査では加計学胤間題の首相の説明に66%が「納得できない」と答えている。

画像7(朝日新聞 社説1)

  地検に求められるのは、国有財産の処分として価格や決定のあり方が適法だったかを明らかにすることだ。「文書は廃棄した」と主張する財務省関係者からも事情を聴き、関連資料を集めて捜査を尽くしてほしい。

  籠池氏は国有地取得までの3年半、国との交渉の節目で昭恵氏に「交渉経緯を報告した」と主張している。学園が強制捜査を受けた今、昭恵氏は説明責任を果たすべきだ。
画像8(朝日新聞 社説2)

*********** 朝日新聞「声」欄 ***********
 世論調査で20代の内閣支持率が高い傾向にあるそうですが、今日の朝日新聞「声」欄には、20代の若者の「共謀罪」廃止にむけて、あきらめないで戦い続けるという決意が述べられています。
 民主主義の国なら、世論が政治を変える力になると信じたいと思います。
画像9(朝日新聞 声欄1)

画像10(朝日新聞 声欄2)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ