バラの挿し木2017年06月09日 16時00分

[バラ] ブログ村キーワード

*********** 八代草 ***********
 青紫の花を付ける八代草です。
 今年春先に、ロウ梅の木の下から南側の花壇に移植しました。ロウ梅の木の下にはメドーセージを植えています。メドーセージの草勢が強く、八代草の株が年々少なくなっていました。3株移植しましたが1株は枯れてしまいました。
 50代のはじめ、勤務先が県庁でした。慣れない職場だったので、休憩時間になると2階の仕事場から1階のロビーへ行って自販機のコーヒーを飲みながら休んでいました。自販機の横の小さなテーブルの上に1本の八代草が花瓶に挿してありました。名前が分からず花を眺めていたら、ロビーの清掃をしいる方が「八代草」だと教えてくれました。私よりも少し若い女性の方でした。その頃、私は花に興味があったわけではありませんが、仕事から離れたいという気持ちがあったためか、その女性の方の話を暫く聞いていました。県庁内の清掃をしている方は外部委託で、県庁職員と話をすることはほとんどありません。職員の方も、清掃員がいても空気のような存在で、話しかけるようなことはありません。”八代草”だと教えてくれたのをきっかけに、話をすることになりました。
 八代草は、こ女性がが持ってきて生けたこと、ほとんどの職員がこの花があるのに気がつかないこと、紫色の花が好きで色々な花を育てていることなど、話してくれました。
 それから数日経って、2階の私が仕事をしている部屋にやって来て、八代草を一鉢届けてくれました。
 今から20年ほど前の出来事です。頂いた八代草は庭に植えて、毎年可憐な花を咲かせてくれています。
画像1(八代草)

*********** サボテンの花 ***********
 庭の温室の中に置いているサボテンが花を付けました。
 つぼみがいくつもあるので、これから先も花が咲きそうです。
 温室の中だと水やりを忘れたりするので土が乾きすぎてしまいます。夏の間は温室から出して庭に置くことにしました。
画像3(サボテンの花)

*********** バラの手入れと挿し木 ***********
 母の日のプレゼントのバラ「ベビーロマンチカ」です。蕾が膨らんできています。庭にオレンジの花のバラがなかったので、このバラを娘に頼んだそうです。”ベビー”ということなので中輪のバラで、花が多く咲くようです。
画像2(ベビーロマンチカ)

 夢乙女と雪あかりのシュートが何本も伸びていたので、誘引をして、タワー状になっている形を整えました。
 花殻を取ったり、伸びた蔓を切ったりしました。切った茎を挿し木にしました。夢乙女と雪あかりだけでなく、ピエール・ドゥ・ロンサール、バレリーナも挿し木にしてみました。
 以前、蔓バラのアイスバーグとピエール・ドゥ・ロンサールを挿し木にしたことがあります。アイスバーグは発根し、その後鉢植えにして育てています。今年は花が咲きました。ピエール・ドゥ・ロンサールは根が出てこなくて、挿し木は失敗でした。
 今年、もう一度挑戦して、ピエール・ドゥ・ロンサールの挿し木苗を作ってみるつもりです。
画像4(バラの挿し木)

*********** アゲハの幼虫 ***********
 柚子の枝を剪定しました。花が咲き終わり,小さな実ができていました。葉にアゲハの幼虫がいました。
画像5(アゲハの幼虫)

*********** キュウリ ***********
 果皮にトゲがないフリーダムと四葉キュウリの味サンゴです。毎日、どちらか1本、収穫出来るようになってきました。
画像6(キュウリ)

*********** 平鞘インゲン ***********
 インゲンは、ようやく蔓が伸び出しました。1日に数十センチ伸びています。真っ直ぐ上に伸ばしてしまうと、張ってあるネットの一部分だけになってしまうので、蔓を左右横方向へ誘引しています。
画像7(インゲン)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ