玉ねぎの収穫と保存 最終日2017年06月03日 16時29分

[玉ねぎ] ブログ村キーワード

*********** クレマチス ***********
 このクレマチスのラベルにはフロリダと書かれています。つまりフロリダ系のクレマチスということです。
 フロリダ系クレマチスは、中国原産の”テッセン”の性質を受け継ぐクレマチスです。
 クレマチスには他に、テンス系、パテンス八重系、ジャックマニー系、アトラゲネ系、モンタナ系など、約17種類あるそうです。
画像1(クレマチス)

 このクレマチスは、数年前、桜を見に、大法師公園(山梨県南巨摩郡富士川町鰍沢)へ行ったときに、広場で開かれていた植木市で買ってきました。花がたくさん付いていたのと、我が家にはパンテス系、パンテス八重系はありますが、フロリダ系がなかったので、花を見て衝動買いしました。
画像2(クレマチス)

*********** バラ ***********
 タワー状になっている夢乙女の下にアーチ状に夢乙女を這わせています。このアーチは、現在のバラのアーチの前に使っていたものです。パイプが細くて、台風で途中から折れて使えなくなったので、上のアーチ部分を、夢乙女を這わせるのに使っています。
画像3(バラ 夢乙女とリバプールエコー)

 芝生の一角をブロックで囲んで、リバプールエコー(下の画像サーモンピンクのバラ)や雪乙女などを地植えしています。
画像4(バラ 夢乙女とリバプールエコー)

*********** ラベンダー ***********
 家の東側の軒下にラベンダーを植えています。先月末当たりから花が咲き始めました。
 6月半ば頃から河口湖畔の公園でハーブフェスティバルが開催されます。湖北の大石公園、湖南の八木﨑公園の2箇所です。公園のラベンダーが寿命を迎え、今年はフェスティバルの開催が危ぶまれていました。ラベンダーの苗が不足していて入手が難しいとの新聞の記事がありましたが、その後、八方手を尽くして、なんとか苗が入り、ハーブフェスティバルに間に合うように植え付けたそうです。
画像5(ラベンダー)

****** 玉ねぎの収穫と保存 最終日 ******
 昨日に引き続き、玉ねぎの収穫と保存を行いました。今日は二畝目の玉ねぎです。昨日のうちに掘り出し、根を切って、天日で乾かしてあります。
画像6(二畝目の玉ねぎ)

 玉ねぎの葉を切り取りながら、畝の両サイドの草取りをしました。この畝の南端にはニンニクを10本ほど植えています。ニンニクを植え付けた時期が遅かったので、根元の太さも草丈も、あまり大きくなっていません。
画像7(ニンニク)

 葉を切り落とした玉ねぎをトレイに入れて、庭まで運びました。昨日より若干少なめです。
画像8(葉を切り落とした玉ねぎ)

 紐で縛って軒下に吊しましたが、昨日の玉ねぎでほぼいっぱいになっていたため、勝手口の前の軒下にも吊しました。この場所も家の北側で庇が長く出ています。家の角に近い場所なので雨が吹き込むのと、東側からの朝日が当たるので、保存場所としては完全ではありません。勝手口なので、先にこの場所の玉ねぎから消費します。腐ったり、芽が出てきたりする前に使ってしまいます。
画像9(勝手口に吊した玉ねぎ)

 勝手口の前に吊しても、なお、吊す場所が足りません。最後に残った玉ねぎを畑の資材置き場のテントの中に吊しました。3方がテントで囲まれていて、東側が開いているだけなので、風通しが良くありません。晴れた日はテントの中の温度が上がり、保存場所としては良くありません。
画像10(資材置き場に吊した玉ねぎ)

****** 朝日新聞記事 ******
 「印象操作」というだけで、まともに議論したり、説明したりしない状況を見ていると、これは子供が口論して言い負かされそうになったときに、「おまえの母ちゃん出べそ」というのと、何ら変わりがない。
 以前、「レッテル貼り」ということばを何度も耳にしましたが、これも、まともに答えようとしないあらわれです。官房長官の「問題ない」なども、同じ。
 今の政府は、大人の知性を持ち合わせていません。ガキがそのまま大人になったようです。
 ”「印象操作」首相連呼”のタイトルですが、国会で連呼する一方で、マスコミやスシ友評論家などを通して、国民に「印象操作(ズレた意味での)」をしているのは、当の本人自身です。悪ガキは自分では手を染めません。
画像11(朝日新聞記事)

****** 朝日新聞 天声人語 ******
画像12(朝日新聞天声人語)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ