デンドロビウムを室内から庭へ2017年05月19日 16時03分

[デンドロビウム] ブログ村キーワード

*********** 蔓バラ「ピエール・ドゥ・ロンサール」 ***********
 今年のピエール・ドゥ・ロンサールは、昨年までと花が違うような気がします。ピエール・ドゥ・ロンサールは、本来、花の中心部がピンクで周りが白色をしていますが、白い部分までうっすらとピンクが入っています。花弁も、咲く前から痛んでいるようです。
画像1(ピエール・ドゥ・ロンサール)

*********** アヤメ ***********
 白色のアヤメが咲いています。
 アヤメの花は白色と紫色の2色だけだそうです。アヤメ、花菖蒲、カキツバタは似たような花ですが、アヤメは乾燥地、花菖蒲は水辺の湿地、カキツバタは淡水地などの湿地で育つので、生育場所でおおよそ区別が付きます。また、アヤメは花の外側を覆う外花被片の基部に黄色と紫の網目模様があります。この模様があることから文目(アヤメ)という名前になったとも云われています。
画像2(アヤメ)

画像3(アヤメ)

*********** デンドロビウムを室内から庭へ ***********
 デンドロビウムの花が終わりかけました。
 今日は天気が良いので、花が終わったデンドロと花が咲かなかったデンドロを室内から庭に出しました。
画像4(デンドロビウム)

 自生のデンドロビウムは樹上に着生しています。東南アジアの標高2000mから3000mの高冷地に生息しているラン科の植物です。乾季と雨季がはっきりしている地域で、気温が30℃を超えることはありません。
 木に着生し、比較的涼しい場所で生育しているので、庭のロウバイや花桃の木の下の半日陰になる場所に吊しています。
 今日は15鉢ほど庭に出しました。まだ、花が終わっていないデンドロビウムが、室内に10鉢ほどあります。花が終われば順次庭に出して吊して行きます。
画像5(デンドロビウム)

画像6(デンドロビウム)

*********** 野菜の収穫 ***********
 スナップエンドウを収穫しました。これで2回目の収穫です。花が終わるまで収穫出来ます。花が咲いている期間が短いので、あと数回収穫出来れば終わりになります。
画像7(スナップエンドウ)

 スナップエンドウを採っている間に、家内が冬菜を摘んでいました。伸びた若い脇芽を摘むので、一度採ると新しい脇芽が伸びるまで暫く摘むことが出来ません。
画像8(収穫した冬菜)

 冬菜を片付けて安納芋の苗を植え付ける準備をしなければなりません。もう一度、冬菜を採るためには、あと数日待たねばなりません。ここで片付けてしまってサツマイモを植える準備をするか迷っています。
画像9(冬菜の畝)

*********** ルッコラ ***********
 ルッコラの花が次々と咲いています。
 葉は、これまでに何回か、他の生野菜と共にサラダにして食べました。胡麻の風味が僅かにあり、癖のないハーブです。
画像10(ルッコラの花)

*********** 空き地のフキ採り ***********
 一昨日、家内が西側の庭にあるユキヤナギを切っていました。こぼれ種から発芽したユキヤナギが花壇の方へ張り出していたので切ったのですが、手を使いすぎて昨夜から左手の小指の関節が痛いようです。これまでにも寝るときには湿布を手に貼っていましたが、痛みがひどくなったようです。朝、指を動かすまでが特に痛いようですが、動かしてしまえば痛みは薄れます。
 デンドロビウムを外へ出すのを家内にさせると、また、痛くなるので、私がやってしまいました。
 家内が空き地のフキを採りたいというので、これも家内にさせるわけにゆかず、私が採ることにしました。空き地はスギナなどの草が生えています。蛇がいるような気がして、蛇の嫌いな私は、夏場、空き地に入ることはありません。今は草丈が低く、地面が見えるので、空き地に入っても大丈夫です。
 空き地側の畑との境目の草取りをしながらフキを採りました。
画像11(空き地のフキ)

 草が生えているのでフキは長く伸びていて細いです。空き地のフキを採った後、畑側のジャーマンアイリスの中のフキも採りました。
画像12(収穫したフキ)

 フキの下ごしらえは、まず、外皮を剥くことです。フキを半分に折って外皮を取ると剥きやすいです。アクが強く、素手でやると、数本皮を取っただけで指が黒くなってしまいます。
画像13(外皮を取ったフキ)

*********** 朝日新聞 加計学園新学部設置に関する文書***********
 これだけ証拠が挙がっていても知らぬ存ぜぬで逃げまくっています。逃げおおせると思っているとすれば、まれに見る悪党です。歴代の首相の中で、これほどひどいリーダーはいなかったです。
画像14(朝日新聞 加計学園問題)

*********** 朝日新聞 社説「再稼働に展望あるか」***********
 昨年、原発事故の避難訓練をしたことは、綾部の同級生のFBで知っていました。天候悪化でヘリや船が使えず、マイカーやバスでの輸送にになったこと、高浜周辺の避難所126カ所が土砂災害などの警戒・危険地区にあったことなど、避難対策のずさんさが露呈しました。
 また、使用済み核燃料の一時貯蔵プールが限界に達しているなど、課題が山積している中での再稼働です。
 関電の原発頼みの経営方針を転換することを経営陣は真剣に考えるべきだと、社説は述べています。 
画像15(朝日新聞 社説)

*********** 朝日新聞 天声人語***********
 加計学園の公式ホームページには、
 「このたび、学園の監事であられた木澤克之氏が6月17日に行われた政府閣議において、7月19日付で最高裁判所判事に任命されることが決定しました。学園としても大変名誉なことであり、心よりお祝い申し上げます」と書いてあります。
 三権分立がゆがめられ、行政のトップの意向がまかり通るような国は独裁国家です。
画像16(朝日新聞 天声人語)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

_ くんぱん ― 2017-05-20 02:41

ykitaさんおはようございます。バラが奇麗に咲いていますね、やはりこれも日頃の観察と手入れですね。本当にここまで、ほんのりとバラの匂いが漂ってくるようです。ykitaさんの家の周りはアヤメでいっぱいのようですね、水郷のアヤメとまた違う、色鮮やかだと思います。
畑、やっている人は、季節の山菜を一足先に食べますね、私共も、今年は、一通りの山菜を食べました、それでも、最近は「こしあぶら」を食べていなかったです。人間が作った形のある物は壊れる、メンテも、技術が有る者が見ればすぐ判断できる、自分も、応援で何回か火力発電所のタービン室で作業しましたが、火力発電所でも、屋内で大きな事故があります、みんなもみ消しです、報告すれば、その業者は、即く発電所を出入り禁止になります。
昨日、脊椎圧迫骨折で一月検診で行ってきました、レントゲン撮影で見た画像は、12番の骨が勾配になっていました、あとひと月、コルセットをつけていきます。
今日は、朝5時半から区の草刈です、上手い人は草刈り機を持ってきます、自分らは鎌です1時間ぐらいで終わります。草刈でも、蛇を見ます、先日も女房と歩いていたら、女房が先に蛇を見つけました、冷や汗が出たそうです蛇嫌いな人ほど、出会いがあるとか、自分も蛇は嫌です。



_ ykita ― 2017-05-20 17:07

くんぱんさん、こんにちは 今日は真夏の暑さです。
 日本のアヤメと西洋のアヤメ、両方とも趣のある花です。
 山菜採りはしませんが、かつての同僚が趣味で採っていて、よく届けてくれます。今年はコゴミ、フキ、イタドリ(スイバ)、ワラビなどが届きました。私は食べたことがありませんが、コシアブラも山菜の一種ですね。しばらくすると山椒の実が届くと思います。
 くんぱんさんのおっしゃるとおり、形のあるものは、必ず、壊れますね。専門の技術を持った方が見れば直ちに判断出来ることでも、最近は中途半端な技術者が多いように思います。原子炉内へロボットを入れることなど、机上で立てた計画のみで失敗ばかり繰り返していますね。”原子炉が溶け落ちるなどということはない”という過信から、これまでに、試したことがなかったためですね。
 火力発電所のタービン室はどんなところなんでしょうか。密閉された巨大な空間が目に浮かびますが、空調などない場所だと思いますので、中に入って作業するのは大変でしょうね。
 事故が起きてももみ消してしまうのは辛いですね。下請け、孫請けの業者の方は命の保証もない、過酷な仕事をしなければならないとは、日本の大手企業は人の命を何と考えているんでしょうか!!
 脊柱圧迫骨折の経過は如何ですか?痛みは和らいだのでしょうか?コルセットをあと一月着けなければならないのは、蒸し暑くなる時期ですからしんどいですね。お大事になさってください。
 朝の5時から草刈りですか!!ウチの方でなら、即、反対されそうです。
 蛇は本当に嫌いです。見ただけで鳥肌が立ってしまいます。数年前までは庭や畑で、年に何回か見かけましたが、年々、遭遇する回数が減ってきました。昨年は5月半ばに1度見ただけです。今年はまだ見ていませんが、庭から畑へ下りるまで、周囲を気にしながら通っています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック