レンガの敷き直し 3日目2017年04月22日 16時06分

[DIY] ブログ村キーワード

*********** 焼き上がったパン ***********
 今朝、起きて2階から1階へ下りると、パンの焼ける匂いがしました。我が家では朝はパン食です。いつもは買ってきた食パンを食べていますが、時々、パンを焼いています。起きてくる頃に焼き上がるように昨夜寝る前に家内がセットしておいたようです。
画像1(焼き上がったパン)

 家でパンを焼くときは、干しぶどうを入れて焼くことが多いです。干しぶどうは、先日、笛吹市の慈雲時寺のイトザクラを見に行ったときに、地元の方が売っていたのを買ってきました。ブドウの産地なので自家製の干しぶどうです。
画像2(焼き上がったパン)

 干しぶどうと一緒に、トマト、サクランボ、マタタビのドライフルーツも買ってきました。トマトを天日で乾燥させて保存することは知っていましたが、地元の方の話では、乾燥機に入れて強制的に短時間で乾燥させるそうです。干したサクランボはヨーグルトに一晩入れるとサクランボが軟らかくなるので、ヨーグルトと一緒に食べられます。朝食に一品メニューが増えました。
 マタタビは産地を確認せずに買ってしまいました。家に帰ってラベルを見ると産地が中国で、加工が地元の業者でした。”猫にマタタビ”といわれるので、食べると元気が出るそうです。包装のラベルには”疲れた旅人が、この実を食べて、再び元気になり旅をした”ことから”マタタビ”と呼ばれるようになったと書かれていました。マタタビを食べたことがなかったので買ってみましたが、少し酸味があります。特別、美味しいというほどのものではありませんでした。
画像3(ドライフルーツ)

*********** ハナミズキと花桃 ***********
 東側の庭にハナミズキと花桃の木があります。その更に東側、一段低いところに畑があります。畑からハナミズキや花桃を見上げると、朝日が当たって綺麗に見えます。
画像4(ハナミズキと花桃)

 家の2階の窓からは木々を見下ろすことができ、ハナミズキが上を向いて咲くので、花の形がよく見えます。
画像5(ハナミズキ)

画像6(ハナミズキ)

 花桃は葉が出てきました。花の終わりが近づいて見ました。
画像7(花桃)

*********** コリアンダー ***********
 コリアンダーを定植して数日経過しました。コリアンダーは移植を嫌うそうなので、畑に下ろしても上手く育たないのではないかと心配でしたが、萎れたり枯れたりせずにしっかり育っています。
 コリアンダーとパクチー、香菜(シャンツァイ)は同じ香草です。コリアンダーは英語、パクチーはタイ語、シャンツァイは中国語です。それぞれ食材として使う用途によって呼び方を変えています。
画像8(コリアンダー)

*********** レンガの敷き直し 3日目 ***********
 レンガの敷き直しの3日目です。今日は残りの箇所をやって、道路から玄関前まで全てやり終えました。玄関前は幅が少し広いので、平らにするのが難しく、バサモルを目地に入れた後、水をかけると、ところどころに水たまりが出来てしまいました。
画像9(レンガの敷き直し)

 下の画像奥の白く見える部分が1日目に敷き直したところです。手前は水をかけてバサモルを固まらせているため、レンガが濡れています。
 午前中は時々薄日が射していて、暑くもなく寒くもなく、作業がしやすかったですが、昼過ぎ頃から時々雨が降り、風も吹き出して寒くなってきました。レンガの敷き直しを今日で終わりにするため、急いで作業を続けました。最後の玄関前はレンガを全部剥がさないで、目地に草が生えているところだけにしました。
画像10(レンガの敷き直し)



ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

_ くんぱん ― 2017-04-23 05:45

ykitaさんおはようございます。今朝は風が冷たかったです、日の出は富士山方面かな?オレンジ色できれいです。
香ばしいい匂いがするようです、ブドウも入れて、懐かしいです。自分の所も35年前にナショナルパン焼き機を買いましたが、材料、探しや、高くつくのでいつの間にかやめました。
2階から、ハナミズキまた違った角度から見るのもいいものですね。ykitaさんの家は雨戸が付いておるんですね、私の所は、家を建つとき工務店の人がこちらではあまり雨戸はやらないとか?女房は雨戸を付けて貰いたかったのです。
お庭のレンガ敷大変でしたね、腰痛くはないですか、ykitaさんは多能工ですね。
仙丈、甲斐駒は目の前で見えます、塩見岳と同じくらい大きな山です。昔、昔、越冬でよく入りました、殆ど単独でした、まさか、この地に来るとは思っていませんでした。あの頃は、防寒着は、進駐軍のお下がり品でした、アメ横で買いました、ホッカイロはベンジンでした。冬山に入るときは、必ず、夏に歩きます。あの頃の南は静かな山でした。

_ ykita ― 2017-04-23 18:44

くんぱんさん、こんにちは
 地域によって雨戸を開け閉めしないところがあるようですね。我が家も含め、近所の家は夕方になると1階の雨戸だけは締めています。これも習慣のようですね。東京の日野に住んでいた頃(父母が退職後に住んでいました)は雨戸を閉めたことがなかったです。東京の方が山梨よりも不用心だと思いますが...。
 レンガの敷き直し、腰よりも何故だか分かりませんが手首が痛いです。
 やはり甲斐駒、仙丈は目の前に見えるんですね。単独の冬山登山ですか!!私も冬山にあこがれた時期があって、装備は調えたのですが、結局、行かずじまいでした。
 アメ横はよく利用しましたね。自転車に取り付けるバッグにするため進駐軍の帆布バッグを買ってきて、サイズを変更したりベルトを取り付けたりして使っていました。若い頃から、既製の物を買わず、他の物で代用している癖が、未だに抜け切らないです。貧乏性ということでしょうか?
 ベンジンのホッカイロ、懐かしいですね。
 南アルプスは山に入るまでの行程が長く、昔は登山者が少なかったようですね。今は林道ができて、山のすぐ下まで車で行けるので、ハイキング気分で登る人もあるようですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック