レンガの敷き直し 続き2017年04月21日 16時16分

[DIY] ブログ村キーワード

*********** チューリップとハナニラ ***********
 ようやくチューリップとハナニラが咲きそろいました。ムスリカ、水仙も咲いています。背景のユキヤナギが咲き終わっているのが残念です。
画像1(チューリップとハナニラ)

画像2(チューリップとハナニラ)

画像3(ハナニラ)

*********** 畑のスギナ ***********
 取っても取っても出てくるスギナです。
 下の画像の手前側約2mまでが畑で、その先は空き地です。空き地からスギナの地茎が伸びてくるので、畑側で地茎を取り除いても、暫くすると畑に出てきます。
 根気強く、スギナを取るしかないので、今日も玉ねぎの畝のスギナ取りをしました。
画像4(玉ねぎの畝のスギナ)

*********** レンガの敷き直し ***********
 昨日に引き続き、レンガの敷き直しを行いました。
 残り全部を一日でやり終えることが出来ないので、下の画像の範囲だけにしました。
画像6(レンガの敷き直し)

 午前中、ナツツバキの木と犬走りの間のレンガを外し、目地に生えている草を取り除きました。
画像5(レンガの敷き直し)

 レンガを元の位置の戻し、高さを調整しながら目地にモルタルを入れて行きます。レンガ敷きで難しいのは敷いたときに平らになるようにすることです。敷き直した部分だけが平らになっても、犬走りや昨日敷いたレンガの高さに合わせなければなりません。若干犬走り寄りに下がるようにして雨水がレンガの上に溜まらないようにしました。
画像7(レンガの敷き直し)

 レンガのパターンを合わせやすいようにするため、途中にガーデンブロックを埋め込んで区分けしています。
 午後、ナツツバキの南側から玄関前をやる予定でしたが、この場所のレンガは目地に珪砂を入れた後、草が生えないようにモルタルを重ねてあるのでレンガを外すと、レンガの周りにモルタルが付いています。敷き直すためには、レンガに付いたモルタルを取り除かなければなりません。金槌で手加減しながら、レンガの周りを叩いて付いているモルタルを落としました。。
画像8(レンガの敷き直し)

 モルタルを落とす作業に時間がかかり、今日はレンガを元の位置に置くところまでにしました。
画像9(レンガの敷き直し)




ブログランキングに参加しています。一日1回のクリックをお願いします。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

コメント

_ くんぱん ― 2017-04-22 05:31

ykitaさん、おはようございます。毎朝、歩いていますが、歩いても本当に気持ちがいい時期になりました、歩き終わるころ東の山々が見え始めます。
チュウリップとハナニラがバランスよく咲いていますね、ハナニラ、ネットで調べたら、やはり、食べることもできるんですね。この画像をパット見たときまるでお花教室に行ったみたいです。
スギナも大変ですね、土筆だったら?スコップで掘ると、芋ずるみたいに出てくるし、何処までも続くし弱ったもんですね。
レンガ敷も大変ですね、これだけのレンガ数、莫大な金額ですね。ガーデン職人がやっているような仕事ですね、ハンマー、木ハンマー年期が入っていますね。ykitaさんも、家の事はほとんど修理などする人ですね。

_ ykita ― 2017-04-22 15:57

くんぱんさん、こんにちは
 朝の散歩は夜が明ける前から歩かれていいるんですね。東の山々は南アルプスでしょうか?そちらから仙丈岳や甲斐駒ヶ岳も見えますか?若い頃、生徒を連れて、山梨県側から甲斐駒に登り、仙丈から長野県側に下りたことがあります。
 ハナニラは食べられますが、食べたことはありません。ニラと同じようなものなんでしょうね。
家の西側の北奥に花壇を作っています。温室や自転車小屋を建てたので、花壇が狭くなってしまいました。以前は横に長い花壇で、道路からよく見えたので、通る人に花を見せたくてハナニラ、ムスリカ、チューリップ、水仙などを植えていまました。今は幅が狭くなったので花が少なくなっています。
 スギナは、地面に出ている部分よりも、結構太く、強そうな地茎ですね。完全に退治出来そうにありません。
 レンガ1枚90円程度です。3年間で約400枚ほど使いました。セメント、砂、砂利、路盤材なども必要で、結構、経費がかかりました。これを業者に頼めば作業代がかかります。こういう作業は人件費が高くつくので、これを浮かすために自分でやりました。作業するものによっては、業者に頼んだ方が安く、見た目も綺麗に仕上がる場合がありますが、1日のほとんどが自分で使える時間なので、何かやっている方がイイです。おかげで夜もぐっすり眠ることが出来ます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ニャンコを英語でi言うとなあに?
(半角の小文字で書いてね)

コメント:

トラックバック